So-net無料ブログ作成
ダイレクトメール ブログトップ

保険の新規開拓で使える、効果的で開封率が高いDMの出し方 [ダイレクトメール]

こんにちは、
保険の営業ノウハウを提供している
ビジネス事業部担当の新沼です。

ダイレクトメールを出すことで期待するのは
新規開拓や既存客の追加申込になる訳ですが、
せっかく手間とお金をかけても効果が無い時ほど
費用対効果が薄れてしまいますよね。

そこで、DMを出しているあなたに質問です。

(1)DMの結果は予想通り出ていますか?
(2)DMにかかった費用以上に効果は出ていますか?
(3)そのままDMを続けても大丈夫だと自信持って言えますか?

いかがですか、

ダイレクトメールを出す時の問題は
「費用対効果」があるかどうか・・・

これによって展開も変わってきますので
戦略を練る必要があります。

そこで、ダイレクトメールを出す際に
どのような工夫をしているのかアンケートをとったところ、
次のような回答がありました。

回答は工夫の多かったものを順に掲載しております。

・見やすいようにパンフレットの見栄えを工夫している。
・優待券、割引券などで興味を持たせている。
・たまに特別セールを仕掛けている。
・パンフレットと一緒に手紙もまぜて入れている。
・定期的に出して印象付けをしている。

このような回答以外にも工夫はありましたが、
しかし、これだけの工夫をしながらも
結果に反映されないまま終わっているのが現状です。

では、なぜ工夫したDMの効果が出ないのでしょう?

実は、見落とされている欠点があったんですね。

普段DMを出すとなれば、
広告、宣伝、キャンペーンなど色々な目的がある訳ですが、
やはり、DMを出す以上は結果を残したいですから
戦略を練る必要があります。

たとえば、
封筒の表にメッセージを工夫することで
開封率を格段にアップさせると言う方法もあります。

そのほかにも、

(1)気になるメッセージを入れる 
(2)プレゼント作戦 
(3)小物入りでなんだろう作戦 
(4)問題と答え合わせの作戦 
(5)キリトリ線入りの封筒

このような工夫以外にも
DM効果を狙った工夫はたくさんありますので、
参考にしたい方はこちらをご覧下さい。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で使える営業方法として、ダイレクトメールの出し方 [ダイレクトメール]

こんにちは、
保険の営業ノウハウを提供している
ビジネス事業部担当の新沼です。

保険の新規開拓のひとつとして
ダイレクトメールを使った営業方法が
ありますが、

DMの反響率は千に3つと言われるほど
効果が期待出来ないと言うのは
皆さんもご承知の通りです。

ですが、
それが千に10以上も反響率を上げられるとしたら、
いかがでしょう。

今までは反応が見られないので
途中で止めたと言う方もいると思いますが、
そこを工夫して効果が期待出来るDMがあるとしたら、
試して見たいと思いませんか?

訪問やテレアポ以外にも新規開拓のひとつとして、
営業効率を高める工夫が必要ですよね。

そこで、
DMを使って効率よく攻める方法です。

もちろん、
何の工夫もないDMでは効果が無いのは
皆さんも実証済みですから、
相手の興味を引きつける工夫が必要です。

たとえば、
DMの中に入れるツールを例にして言えば、
・何種類のツールを同封しているのか?
・そしてどのような内容のレターを入れているのか?

と言ったように、
DMは入れる種類やどの様なレターを入れるかで
「反響率」も変わって来ますから、
ここが重要なポイントになるからです。

▼そこで、効果的なDMとして
(1)相手の興味を引きつけるアピールレター
(2)契約意欲をかき立てるお客様の声
(3)契約を促す「特典付き」の申込書

このような種類を揃えることで
反響率も変わって来ます。

さらに大事なことは検証することです。

なぜなら、
一気に送っても無駄が多いからです。

なぜ無駄なのかといいますと、
反響率を検証しないまま全部送ってしまうと
効果を得られないまま終わってしまうからです。

たとえば、1000通送る場合、
最初は200通くらい出して様子を見ます。

200通送ってどれ位の反響があるのか結果を計り、
相当の見返りがあれば残り800通を出します。

仮に初回200通出しても反応が無い場合は、
アピールレターの文言を練り直すとかして
再度200通出します。

その時に反応があれば
残り600通を一気に出しても良いですし、
やはり、前回同様、反応が無いと言う時は
再度練り直してまた200通出して見ます。

この繰り返しをすることで、
DMの反響率を上げることも可能になりますから、
無駄な経費を使わなくても済むようになります。

このように千通を一気に出していたと言うのならば
出し方を工夫して見てはいかがでしょう。

そうすれば、DMだけで結果を得ることも
出来るようになりますよ。

どうぞ、お試しください。

その他、

保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
新規契約が少ない・・・と悩んでいる方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

◆保険のダイレクトメールは送った後のフォローで決まる・・・その訳とは? [ダイレクトメール]

こんにちは、
保険の営業ノウハウを提供している
ビジネス事業部担当の新沼です。 

皆さんも新規開拓をするために
ダイレクトメールを送っていると思われますが
結果は出ているでしょうか?

そして、
ダイレクトメールを送った後のフォローは
どのようにされてますか?

もちろん、送った後のフォローはしているよ、
とおっしゃる方もいるでしょうが、反面、
反響のあった先しかフォローしていないと
言う会社もあるようです。

その理由としては、
・問い合わせしか対応していないから・・・
・DMは会社の宣伝として送っているので・・・
・新しい商品の反響があるか見ているだけなので・・・


と、言ったように、
問い合わせを主体にしたDMとして活用し、
新規開拓は違う形で行なっているようです。

それと言うのも、

ダイレクトメールの反響率が年々低いために
宣伝用に利用するしかない・・・と言うのが、
多くの利用なんですね。

ですが、「千三つ」と言われるように、
千件送った中で3件しか反応が無かったとしても、
残り997件はまったく興味が無いのか?・・・
と言うと、そうではありませんよね。

中には興味があっても
問い合わせやアクションを起こさない人も
いるからです。

それは、
・興味はあっても今は必要としない、
・興味はあるけど自分では決められない、
・良いとは思うけど自分からは電話したくない、


と言ったケースがあるからです。

つまり、潜在する見込み客が
残り997件の中にあると言うことです。

一説によると、
千件の内、2%位が
見込み客になると言われておりますので、
千件の2%=20件程度が見込み客として
成約に結びつくとしたら考えも変わりますよね

それも
ダイレクトメールを送った後のフォローで
件数が大幅に違ってくるとしたら・・・
いかにフォローが大事なのかと言うことです。

もしも、あなたもDMを送って見ようか?
と考えているのでしたら・・・

フォーロー電話やフォロー訪問をする前提で
実践されて見てはいかがでしょう。

そうすれば
今まで以上に見込み客も見つかりますよ。

お試しください。

その他、
保険の営業ノウハウを知りたい方や
新規開拓で苦労している方などは、
こちらにも参考になる方法がありますので
どうぞ、ご覧下さい。

          ↓ ↓ ↓

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

◆保険の営業にも使える「開封率80%以上」のダイレクトメールとは? [ダイレクトメール]

こんにちは、
保険の 新規開拓に使えるノウハウを提供している
ビジネス事業部担当の新沼と申します。

新規開拓用に
DMを実践している方もいると思いますが、
そのDMの出し方で結果は出ていますでしょうか?

ほとんどの方は、
DMだけでは効果が薄いと感じていると思われますが、
そのダイレクトメールを『 開封率80%以上 』に、
そして新規開拓に期待できる方法があることを
あなたはご存知でしょうか?

その方法と言うのが「封筒」の工夫です。

まずは、あなたが使っている封筒のサイズは、
何を基準に決めていますか?

もしかすると
定形封筒(A4サイズが三つ折りで入る封筒)だから
と言う理由で決めていませんか?

確かに定形封筒ならば、
切手代も80円で収まることも多いですから、
DM用に使われているのが一般的ですよね。

ですが、
そのサイズに落とし穴があることを知らずに
使っている方がいかに多いことか・・・

そもそもDMは、
手に取って見て貰わないと先に進みませんし、
興味を持たせることが出来なければ
たとえ中を開けてもらったとしても
そのまま捨てられてしまうことも
よくあることです。

ゆえに
DMで成功するポイントは、
いかに興味を持たせて
中身を読んで貰えるかが
ポイントになります。

そこで、「封筒のサイズ」です。

定形以外にもサイズは色々ありますから、
その中でも開封に期待できるサイズが
あるんですね。

もちろん費用の問題もありますから
高価な封筒を使う訳ではありません。

ここからが
保険の新規開拓に使える
「DMの工夫」です。

それは・・・

封筒のサイズを大きくするのでは無くて、
反対に小さくしてしまうと言う工夫です。

それも、
1通60円で送れる封筒があることを
ご存知でしょうか?

今までのDMであれば
1通80円は必要でしたが、
それが60円で送ることが出来れば、
負担も少なくて済みますよね。

ちなみにハガキの場合は50円ですが、
使うとしても文字数の限界がありますし、
ハガキでは興味を持たせる程の効果は
期待できません。

そこで封筒を使ったDMになる訳ですが、
定形の封筒では1通80円かかりますので
部数が増えると負担も大きくなる上に
それで反応率がゼロに等しければ
何の為にDMを送ったのか
意味が無いですよね。

そこで同じ封筒でも
1通60円で送ることが出来る方法です。

それも部数や地域に関係なく、
全国どこでも1通60円で送る事が出来ますし、
これは何だろう?と気にする方も増えますから
開封率80%以上も期待出来ると言う訳です。

今までのDMで良い結果を出していないのは、
最初の段階で相手が読んでくれないと言うのが
大きかった訳ですから
それが1通60円で期待出来るとしたら、
こんな有り難いことはないですよね。

そこで、その方法を知りたい、
あるいは効果的営業トークを探している方は
こちらにも参考になる方法がありますので、
試して見てはいかがでしょう、

きっと解決する方法が見つかりますよ。

          ↓ ↓ ↓

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

 


 ◆◇◆《 メルマガのご案内です。 》◆◇◆

 保険の新規開拓に役立つノウハウとして
 このブログに紹介していない情報を
 『有料メルマガ』として月2回配信しています。

 効果的な飛び込み訪問はもちろんのこと
 テレアポの方法も配信しておりますので、
 新規開拓でお困りになっている方は
 試して見てはいかがでしょう。

 ▼詳しい内容はこちらをご覧下さい。

         ↓ ↓ ↓

月給から歩合給に変わっても成功する「営業ノウハウ」

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

◆保険営業のダイレクトメールを成功させるコツは、この方法です! [ダイレクトメール]

こんにちは、
保険の新規開拓に使える営業ノウハウを提供している
ビジネス事業部担当の新沼です。 

ダイレクトメールを送っても効果が無いので・・・と
相談されるケースも多いんですが、
あなたの場合はいかがですか?

あまり効果が無いと言う感じでしょうか?

ご安心ください。
工夫次第でいくらでも改善することが出来ますから
今回はダイレクトメールについてご紹介したいと思います。

そもそもダイレクトメールを送っても効果が無いと言うのは、
それだけの内容でしかない、と言うことになります。

そして皆さんが悩むのは、
どこをどう改善すればいいのか分からない・・・?
と言うことですよね。

そこで、ダイレクトメール作成のコツは、
自分が受け取ったらどう思うのか?」と言う点で考えることです。

会社が用意したパンフレットやチラシでは
あまり効果が期待出来ないのは実証済みですから、
それならば、自分で工夫するしかありません。

たとえば、
封筒の中に「営業マン1人を入れて送る、」と言う感じで
“オリジナルレター”を作って見てはいかがでしょう。

あなたの“想い”をレターに書き出し、
ダイレクトメールのひとつとして送付するのです。

もちろん、内容は“売り込み”にならないように、
相手が興味を持って読む内容や情報を入れるのが基本です。

つまり、あなた自身が“もらってうれしいDM”にすれば、
おのずと開封率も高まりますし、反響率も高くなりますから、
効果も違って来ると言う訳です。

いかがですか、
今までのダイレクトメールで物足りないと言うのであれば、
自分だけのオリジナルレターを入れて見てはいかがでしょう。

きっと、今まで以上の効果に驚きますよ。

そして、そのダイレクトメールの見本が欲しい・・・と言う方は
こちらをご覧になれば見ることが出来ますので、DM作成の
ヒントや、テレアポ・飛び込み訪問に役立つノウハウなども
ありますから、新規開拓のヒントとして、どうぞご覧下さい。

               ↓↓↓
              
保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

 7347687.jpg

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

◆保険の新規開拓に役立つ、DMの開封率をアップさせる工夫です [ダイレクトメール]

こんにちは、
保険の新規開拓に使えるノウハウを提供している
ビジネス事業部担当の新沼です。 

新規開拓の一環として、DMを出している方もいると思いますが、
今のDMの出し方で効果は出ているでしょうか?

多くの場合、作業効率を考えてDMを出していると思いますが、
でも、その出し方に大きな違いがあることをご存じでしょうか?

それは・・・
タッグシールやプリンターで宛名書きしているDMです。

会社名や住所などをラベルで印刷し、
そのまま封筒に貼り付けて出すパターンが多いと思いますが、
実際の反響はどうでしょう?

反応率は3%~5%あればマシと言う中で、
その数字を下回る結果になっていませんか?

その理由は簡単です。

いかにもDMが送られて来たと見られるため、
読まずに捨てられてしまうからです。

では、なぜ捨てられるのでしょう?

その理由も簡単です。
愛情親しみが感じられないからです。

機械で作られたタッグシールでは
送り主の愛情が感じられませんから
さめた印象に感じます。

あなたも、自分宛にDMが送られて来たら、
中身を見るでしょうか?

おそらく、見るものと見ないで捨てるものと
別けていると思いますが、
その分けた基準が、DMを読ませるヒントになるのです。

そこで、DMの開封率を上げる方法です。

方法は簡単です。
手書き”で宛名を書けば良いのです。

手間はかかりますが、それが読ませるDMになるのですから、
一番の効果があるんですね。

人は、愛情を感じるものは大事にしようとしますから、
手書きの封書は、中身を見てから必要か必要でないか判断し、
必要なければ捨てるでしょうし、必要と思うのであれば、
手元に残すようにします。

これが、手書きで書く大きな違いです。

たったこれだけで開封率が格段にアップするのですから、
今までのDMの反響が悪いと嘆いているのでしたら、
一度、手書きで宛名を書いてみてはいかがでしょう。

そうは言っても、50通程度とか100通以上になると、
さすがに大変ですよね。

そこで、苦労せずに手書きDMが簡単に作れる方法です。

それは、
一気に書き上げようとするから大変なのであって、
毎日少しずつ書いていけば、そんなに苦労する事はありません。
たとえば、20通を30分程度で毎日書いていくことで、
100通なら5日間で、200通なら10日間あれば書き上げる事が
出来ます。

毎日30分の時間で作るだけですから、忙しいと思っている
方でも大丈夫ですよね。

これで、手書きDMの完成です。

あとは、実際に出して見て反響率を見てみましょう。

今まで以上の結果になれば、成功ですよね。

その他、保険営業で見込み客が出来ない、新規契約が少ないと
悩んでいる方は、こちらも参考になりますので、ご覧下さい。

              ↓↓↓

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

   

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

◆保険のDMを作るコツは、自分が消費者になって見ること [ダイレクトメール]

こんにちは、
保険の営業で結果が出ず、お困りになっている営業マンの為に
お役に立てる“営業ノウハウ”を提供している「新沼」と申します。

▼今回の内容は、
「保険のDMを作る時のポイント」についてお送り致します。 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

皆さんもDMやチラシを活用して新規開拓に役立てていると
思いますが、自分で作るとなると大変です。

そのDMを作る時に参考にするものと言えば、他社のDMや
以前作成したDMと言ったように、結局、“似たような”DMに
なってしまうのも珍しくはありませんよね。

まあ、それだけ工夫すると言うのは難しいと言うことですが、
そこでそんな苦労しているあなたに、ちょっとした工夫で
効果が見込めるDMの作り方をご紹介したいと思います。

その工夫は、
あなたも“消費者”になって見ると言うことです。

たとえば、商品を買う、あるいは買い替えると言った時に、
何を基準にして決めているのかと言う、自分が取った行動を
思い返して見てください。

そこに、比較検討して決めた「基準」があるはずです。

その「基準」となった点をDM作りにフィードバックすれば、
効果の見込めるDMを作れると言うことになりますよね。

つまり、
作る側の目線では無くて、消費者の立場で考えて作る・・・
これがポイントです。

例えば、売り手がアピールしたいメリットやデザイン、使い勝手、
耐久性や見た目と言ったものが必ずしも買い手に指示されると
言う訳ではありませんから、自分だったらこれが決め手になる
かも?と言う点を前面に出して見ると、それが以外と感触がいい
と言うこともよくあるからです。

買う側の心理を読む・・・
これがDM作りのポイントです。

どうぞ、お試し下さい。


その他、効果的営業方法を知りたい、あるいは、テレアポトークや
飛び込み訪問についてお困りの方は、こちらに参考になるノウハウ
がありますので、どうぞご覧下になって下さい。

               ↓↓↓

 ◇保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


    

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

●保険営業に有効な「ダイレクトメール」作成のポイントとは? [ダイレクトメール]

皆さんもダイレクトメールを使って、売上げアップや新規獲得に利用
されていると思いますが、効果は出ていますでしょうか?

年々、反応率が落ちていると言われているダイレクトメールですが、
それでも1件でも2件でも効果が見込めるのであれば、使わない手
はありませんよね。

そこで、同じダイレクトメールを出すのであれば、少しでも反応率を
上げたいと思っているあなたの為に、参考になる方法をご紹介した
いと思います。

────────────────────────────
■まずは、ダイレクトメールを作る時のポイントです。
────────────────────────────

1、キャッチコピーは、興味を引き出す言葉が決め手になる
2、売り込み臭を感じさせない文面であること
3、相手にお得感を与え、リスクが無い提案であること
4、次の行動を起こしたくなる様に、必要な情報はすべて与える事

…………………………………………………………………………

上記の
1、キャッチコピーは、興味を引き出す言葉が決め手になる、と言う
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
のは、皆さんもお分かりになると思います。

見出し(キャッチコピー)が出来ているかどうかで、ダイレクトメールを
読むか捨てるのかが、一瞬で判断されるのですから、パッと見た目の
キャッチコピーが如何に重要なのかと言うのは、お分かりになります
よね。

例えば、良く見られるキャッチコピーを例に出すと、

…………………………………………………………………………
・○○はまだ買うな!業界○年のベテラン営業マンが激白!
・間違いだらけの○○選び~知らないと損をする5つのポイント!
・○○で失敗する人と成功する人~その違いはここにあった!

…………………………………………………………………………

いかがですか、

このように「キャッチコピーのポイント」は、見ただけで自然と読みたく
なるようにさせることです。

そうさせないことには、次のステップに進めない訳ですから、最初の
出だしが重要なのは言うまでもありません。

そのためにも、その情報を得なければ「損をしてしまうんではないか
と思わせることも大事なんですね。

いかがですか、
ここまででダイレクトメール作成のヒントになりましたでしょうか?

■その他、保険営業で見込み客が出来ない、新規契約が少ないと
悩んでいる方は、こちらも参考になりますので、ご覧下さい。
               ↓↓↓
保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

    


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
ダイレクトメール ブログトップ