So-net無料ブログ作成
飛び込み訪問 ブログトップ
前の10件 | -

保険の飛び込み訪問を成功させるコツは「相手から断わられた時の工夫」で決まる [飛び込み訪問]

ご存知のように保険の飛び込み訪問は
不在が多かったり居留守を使われることも多く、
思うように結果を残すことができません。

そんな保険の飛び込み訪問ですが、
ちょっとしたやり方や工夫を変えるだけで
次につながる訪問の仕方があります。

たとえばインターホンで簡単に断わられた場合、
「また断わられるかも・・」と消極的になり、
再訪するのは気が引けると言う方もいますが
そんなことはありません。

諦めるのはまだ早いです。

なぜなら今回断わられても次回断わられるとは
決まっている訳ではないからです。

話しを聞くか聞かないかと言うのは
その時の気分や状況によっても違いますし、

たとえ断わられたとしても
ちょっとした種をまいておくだけで
すんなり行くケースもあるからです。

ちょっとした種をまくと言うのは
どう言うことなのかと言うと、
断わられた時に良いイメージを残すこと。

その良いイメージと言うのが、
断られた時こそ「去り際をさわやかにする」
と言った工夫です。

たとえば保険の飛び込み訪問をしても
簡単に断わられることが多いですよね。

その理由としては
あなたがどこの誰で何の用件で来たのか、
突然の訪問ゆえに相手も警戒してしまうために
ほとんどの方は断わって来るからです。

その相手の警戒心を和らげるために
去り際に良いイメージを与えておくことで
相手もあなたのことを覚えてくれますから、
次に訪問した時は会ってくれることも
期待できると言う訳です。

一度良いイメージを残すことで
あなたの印象を良く見せる事が出来るのですから、
次の訪問では話しを聞いてくれる人も出て来ます。

なので保険の飛び込み訪問を成功させるコツは、
断られた時こそ相手に良いイメージを残すことが
大事なのです。

営業は一度きりの結果で終わりではありません。

次のチャンスもあるのですから、
そのためにも2回、3回と再訪出来る営業を
普段からすることです。

そうすれば結果も付いて来ますよ。

どうぞ、お試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。



共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で「見込み客」を見つける訪問の仕方 [飛び込み訪問]

保険の飛込み訪問で辛いのは
せっかく訪問しても留守や不在であったり、
居たとしてもインターホンで簡単に断わられてしまい
見込み客を見つけることが出来ないことです。

このままでは足取りも重くなります。

では保険の飛び込み訪問で
見込み客を見つけるにはどのようにしたら
良いのか?

そんなお困りのあなたに、
個人宅を廻る時に気持ちを強く持てる
コツをご紹介したいと思います。

そのコツと言うのがすべての訪問先に
初回から保険の売り込みをしないこと。

たとえば今までの訪問の仕方は
訪問した先すべてに自分が勧める保険の話しをして
何とか見込み客を見つけようとしていましたが、

それでは訪問される側にして見れば、
自分から話しを聞きたいと頼んだ訳ではないので
そんな面倒な話しには付き合っていられない・・・
と思っているのが本心です。

そこで初回にする訪問の仕方は、
相手が保険について興味を持って貰えるように
アドバイスしてあげる感覚で訪問します。

ご存知のように初回から保険商品の売り込みをしても
「必要ないです」と簡単に拒絶されてしまうので、
営業する側も辛いだけです。

そこで保険商品の売り込みをするのでは無くて、
保険について興味を持たせるように工夫すること、

つまり嫌がられるセールスをするのでは無くて、
保険について相手方に知って貰いたいことや
知っておかないと損をする後悔すると言ったように

「保険に関わる情報を教えてあげます、」

と言ったアドバイスをすることによって
頼れる保険アドバイザーと認めて貰えますし、
今までと違い相手の反応も変わってきますから
見込み客も出来るようになります。

「今の掛けている保険で良かったんですが、
 今度からはこのように変わりますので、
 これからこう言った形で考えた方がいいと思います。
 ご存知でしたか? 」

このように相手に興味を持たせるような訪問の仕方で
今までと違った反応を作り出して見ては
いかがでしょう。

どうぞお試し下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。



共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で結果を出せる方法、これなら成績もアップする [飛び込み訪問]

保険の飛び込み訪問を成功させるには
強い意志を持って確実に行動すること、
そして結果に対する分析を行うことです。

たとえば個人宅への訪問では
インターホンで断わられることが多く、
訪問する気力も無くなってしまいますが、

そのままでは訪問件数も少なくなりますし、
見込み客も見つからないのは当然ですから、
ますます結果も出なくなります。

これでは良い成績を出すことは出来ません。

では、どうすれば強い気持ちを持って
訪問を続けることが出来るのか?

その答えは、
相手から「保健は必要か必要でないのか?」
その返事を多くもらえれることが出来れば、
見込み客を見つけることも可能になると言うことを
常に思いながら行動することです。

もちろん、
何件訪問しても断られるかも知れませんが、
中には保険金のやりくりを考えていたとか
そろそろ違うタイプの保障にしたいと思っていた
と言ったように、

保険のことをちょっと考え始めたと言う方に
出会えるチャンスもあるからです。

それにはインターホンを叩く件数を
続けていかないことには出会えませんよね。

その叩く行動を続けるか続けないのか、
そして実際に実行するかしないのか・・・
それを決めるのは自分自身です。

今も新規契約本数が少ないと言うのなら
相手の返事を貰いにいく行動をすることです。

相手に返事を貰いにいく件数を増やすことで
悩みなど考えている余裕も無くなりますし、
精神的にずいぶん楽になるはずです。

なぜなら、
飛び込み訪問を継続しているあなたには
必ず良い人に出会えるチャンスが
あるからです。

あなたも保険で結果を出したいのなら、
必要か必要でないか、その返事を貰いに
相手に訊きに行って下さい。

そうすれば、
必ず結果は出るようになりますよ。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で「会話を続けることができる」ひとつの工夫 [飛び込み訪問]

保険の新規開拓で上手くいかず、
「効率の良い方法は無いだろうか?」
と悩んでいる方も多いと思います。

今回はそんな悩んでいる方のために、
ひとつの方法をご紹介したいと思います。

まずは個人宅への飛び込み訪問ですが、
他社でも毎日のように訪問していますから、
「保険の話なら間に合っている、」
と断わられることが多いですよね。

それだけ訪問営業が多いと言うことです。

例えばあなたが初めて訪問する先であっても、
相手からすれば
「今日は保険の営業マンが多くて嫌になる、」
と言う方もいるはずです。

では、どのようにすれば話しを聞いてくれのか?
と言うことで、

「資料を貰うだけならいいか、」
と思わせる流れで
会話を続ける工夫があります。

たとえばこんな感じです。
……………………………………………………………

営業「先ほどの奥さんから
   今の保障内容で
   掛け金を安くなるなら教えて欲しい、
   て言われたんですが、

   奥さんの方でも
   今と同じ内容で掛け金が安くなるなら
   喜んでもらえますか? 」

奥様「あ~でも保険のことは
   うちの人に聞いて見ないと・・」

営業「そうですよね、
   聞いて見ないと分からないですよね、

   そこでたとえばなんですが、
   掛け金が安くなるのは
   助かるとおっしゃる方も多いので、
   そう言った方向けに資料を差し上げていたんですね、
   奥様もいかがですか? 」

奥様「あ~それじゃ、
   郵便受けに入れてくれますか?」←(話しが終わると思い安心する)

営業「郵便受けですね、
   ありがとうございます。
   それでは資料に入れる内容で
   何点かお聞きしたいと思いますが、
   今少しだけ宜しいですか? 」

奥様「ああ、ちょっとお待ちください。」←(胸の内:資料貰うだけだからいいか・・)

   ドアが開く・・・

営業「ありがとうございます。
   それでは比較しやすいように
   今掛けている保険について
   ちょっと教えて欲しいのですが・・・ 」

……………………………………………………………

と言った流れで話しを進めていけば、
今まで以上に会話をすることが出来ますし、
ドアを開けてくれる方も出てきます。

ほとんどの方は
すでに何らかの保険に入っていますから、
聴く耳を持たせるにはどうしたらいいのか?
と言った部分で皆さんも苦労していたと思います。

そこで相手が知りたくなる情報を伝えながら、
資料提供と言う分りやすい話しをすることで
会話を続けていくようにしたのがポイントです。

「資料だけなら・・・」と思わせておいて
あとは相手の状況を訊きだして会話を続ける・・

この流れで持っていくようにすれば、
その後の展開も進ませることが出来るのです。

どうぞ、参考にして見てください。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
話しを聞いてもらえる飛び込み訪問の仕方など
効果的な「最新の営業ノウハウ集」がありますので、
こちらもご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で使えるちょっとしたコツが営業成績を変えることが出来る [飛び込み訪問]

保険の飛び込み訪問は断わられることが多く、
苦労している方も多いと思います。

今回は飛び込み訪問に使えるちょっとしたコツで
相手の反応を変えることが出来るノウハウを
ご紹介したいと思います。

まずはよくあるパターンです。
………………………………………………

営業「新しい保険が出ましたので
   皆様にご紹介する為にお伺いしました、
   今よろしいですか?」

………………………………………………

このように「今よろしいですか?」
と言った入り方をすると、

「忙しいので・・・」
「これから出かけるので・・・」
「保険は間に合っているので・・」

と言ったように断わりやすくなり、
すぐ終わってしまいます。

そこでこちらのトークです。
………………………………………

営業「新しい保険が出まして、
   皆様にどのような保険なのか
   情報をお知らせするために
   お伺いしていたんですね、

   1、2分ですぐ終わりますので、
   宜しくお願いします。」

………………………………………
と言った感じで、
「すぐ終わるならいいか」
「新しい情報なら聞くだけでも」

とイメージさせることによって
話しを聞いてくれる方も増えるようになります。

今までのように
「話を聞いたら面倒くさい」とか、
「契約させられるかも?」と言った流れに
してしまうと誰も話しを聞いてくれません。

それが
「情報を教えています」
見たいな感じでイメージしてあげると
話しだけでも聞いて見ようかと
出てくる方も増えます。

飛び込み訪問の基本は、
面倒な話しでは無いことを伝え
そして新しい情報を聞くことが出来ると言った
自分にプラスになるイメージを与えることです。

そうすれば
相手の印象を変えることも出来ますので
今まで以上に契約を取れるようになります。

どうぞお試しください、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的営業方法を知りたい、
テレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


7347687.jpg

 

 



共通テーマ:仕事

保険の営業で「結果を出せる訪問トーク」とは? [飛び込み訪問]

今回は保険の飛び込み訪問について
新規獲得につながる訪問の仕方と言った
コツになるノウハウをご紹介します。

まずは個人宅や会社関係に訪問しても
インターホンで断わられてしまう・・・
あるいはキーマンに取り次いで貰えない・・・
それ以前に会話を続けるトークが出てこない・・・

このような状況が続いてしまうと
さすがに結果を残すことはできません。

そこで新規開拓で思うような結果が出ない時は
飛び込み訪問のやり方を変えることです。

たとえば、
・訪問リストを変えて見る
・訪問する時間帯を変えて見る
・今使っている訪問トークを変える

このように今までとは違う工夫をすることで
結果を出すようにします。

あなたも新鮮な気持ちで訪問することが出来れば
今までの嫌な流れを変えることも出来ますから、
可能性を見つける意味でも試して見る価値は
あります。

さらに相手の興味を引きつける訪問トークが
思いつかなくて困っていると言ったような場合は、
次のような工夫をしてください。

その工夫と言うのは、
「自分を相手に立場に置き換えて見る、」
と言った考え方です。

たとえば、
「自分ならこう言われたら
思わず聞いてしまうだろうな・・・」
と言った置き換えです。

よく見られるのは保険の内容やメリットについて
一生懸命説明している営業マンもいますが、
それでは相手の興味を引き付けることは
できません。

なぜならそのような内容は
カタログやインターネットで調べれば分かりますから、
それだけで相手に興味をもたらすことは
出来ないからです。

大事なのはその保険を手に入れることによって、
“安心して生活している未来の自分の姿”を
イメージさせてあげること。

人は今の自分よりも
安心して過ごしている未来の姿が見えれば
それを手に入れたいと思う方もいますし、
たとえ掛け金が増えたとしても
喜んで契約する人も出てくるからです。

喜んでいる未来の自分と
安心して生活している姿が見えるトークを使って
あなたも試して見てください。

きっと話しを聞いてくれる方が
増えるようになりますよ、

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約本数が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の保険営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg






共通テーマ:仕事

保険の営業で飛び込み訪問が辛い方へ、この工夫なら気軽に何度でも訪問できる [飛び込み訪問]

保険の新規開拓で苦労している方へ、
飛び込み訪問する際にコツとなる工夫を
ご紹介したいと思います。

ご存知のように
保険の飛び込み訪問をすると、

「保険は今のところ必要無いです、」
「今はまだ間に合っていますので・・」

と言ったように
簡単に断わられる件数が多いために
落胆も大きくなります。

その落胆してしまう気持ちが
飛び込み訪問をさらに辛くしてしまいます。

これでは飛込み訪問する気力や勇気も
無くなってしまいますよね。 

そこであなたに質問です、
あなたがしている営業はこんな感じですか?

・保険を売り込む前に自分を売り込め
・周りの雰囲気からほめる箇所を見つけろ
・相手の興味を見つけてそこから話題を作れ
・一度断わられたくらいであきらめるな、

いかがでしょう、

このような感じで訪問されても
相手側にして見れば話しを聞くのも面倒くさい
と言うことで、

「今のところ必要無いですから・・」
と簡単に断わってくるのです。

これでは辛いだけの営業に
なってしまいますよね。

そこで、
気軽に飛び込み訪問が出来る工夫です。

それが
「情報収集をする営業」と言う工夫です。

情報収集をする営業と言うのは、
最初から保険を売り込むのではなくて
相手の状況を幅広く収集することによって
あなたと言う人間性を知って貰うために
訪問することです。

お互いの信頼関係を築くことが出来れば
自然と肩の力も抜けてリラックスした話しを
することも出来るようになりますから、
冷たく断わられる件数も減って来ると言う
効果もあります。

あなたも次につながる訪問の仕方として
相手の情報収集をすると言う感覚で
訪問して見てはいかがでしょう。

そうすれば辛いだけの営業ではなく
次の訪問も気軽に出来るようになりますから
結果も出るようになりますよ。

どうぞ、お試しください。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


7347687.jpg


 



共通テーマ:仕事

保険の「飛び込み訪問」で警戒されない訪問のコツ [飛び込み訪問]

保険の飛び込み訪問で警戒されるのは、
「売り込まれるかも知れない」と言うことがあるために、
どうしてもガードが堅くなってしまうことです。

そこで警戒されないようにするにはどうしたら良いのか?
と言うことになりますが、

最初のアプローチは
売り込みをしないと言う意識で訪問すること。

つまり、
「保険を売り込まれるかも知れない・・」
と思っている相手に対して、

「そんな心配いりませんよ、
今の生活に役立つ情報を届けているだけなので
ご安心下さい。」

と言ったスタンスで接することによって、
(ああ保険の売り込みではないんだな、
それだったら話しくらい聞いてもいいか・・)

と思ってくれる方も出て来ますから、
そこから会話を続けることも出来るように
なることです。

何よりも良い話しを聞かせてくれる保険の専門家として
あなたのことを見てくれるようになりますから、
その後も良好な関係を築く事もできるようになります。

でも、保険を売り込まないで
何を話したら良いのか?と言うことがありますよね、

そこで保険の飛び込み訪問で上手くいくコツは
売り込みになるような印象を与えるのではなくて、
通常、知るところまでいってない保険の知識や
保険を活用した生活に役立つ情報と言ったように、

お役立ち情報を教えているんですよと言った
「情報提供をしています」的なスタンスで
接するようにして見てはいかがでしょう。

そうすれば保険の売り込みと思われずに
話しを聞いてくれる方も増えるようになるからです。

あなたも保険の専門アドバイザーとして
あなたの知っている情報を教えてあげてください。

そうするとあなたの話しを聞きたいと思う人が
今まで以上に増えますよ。

どうぞお試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


7347687.jpg


 



共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問を成功させるコツ、それは「相手から断わられた時の工夫」で決まる [飛び込み訪問]

ご存知のように保険の飛び込み訪問は
不在が多かったり居留守を使われることも多く、
思うように結果を残すことができません。

そんな保険の飛び込み訪問ですが、
ちょっとしたやり方を変えるだけで
次につながる訪問の仕方がありますので、
飛び込み訪問で苦労している皆さんに
その方法ご紹介したいと思います。

たとえばインターホンで簡単に断わられた場合
「また断わられるかも・・・」と消極的になり、
再訪するのは気が引けると言う方もいますが
そんなことはありません。

なぜなら、今回断わられても次回も断わられると
決まっていないからです。


話しを聞くか聞かないかと言うのは
その時の気分や状況によっても違いますし、

たとえ断わられたとしても
ちょっとした種をまいておくだけで
すんなり行くケースもあるからです。

ちょっとした種をまくと言うのは
どう言うことなのか?と言うことで、

それは断わられた時に
良いイメージを残しておくことです。

良いイメージとは、
断られた時こそ「去り際をさわやかにする」
と言った工夫です。

たとえば保険の飛び込み訪問をしても
簡単に断わられることが多いですよね。

その理由としては
あなたがどこの誰で何の用件で来たのか、
突然の訪問ゆえに相手も警戒してしまうために
ほとんどの方は断わって来るのです。

そこで相手の警戒心を和らげるためには
どうするのかと言いますと・・・

去り際に良いイメージを与えておくことで
相手もあなたのことを覚えてくれますから、
次に訪問した時は会ってくれることも
期待できると言う訳です。

知らない人よりも一度良いイメージを残すことで
あなたの印象を良く見せる事が出来るのですから、
次の訪問では話しを聞いてくれる人も出てくる
と言う訳です。

ですので、保険の飛び込み訪問を成功させるコツは
断られた時こそ相手に良いイメージを残すことが
大事なのです。

営業は一度きりの結果で終わりではありません。

次のチャンスもあるのですから、
そのためにも2回、3回と再訪出来る営業を
して見てはいかがでしょう。

そうすれば
結果も付いてくるようになりますよ。

どうぞ、お試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


nice!(1) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で断わられた時、この工夫なら「契約のチャンス」も増える [飛び込み訪問]

保険のテレアポや飛び込み訪問は
ほとんど断わられるパターンが多いために
モチベーションが下がることも多い訳ですが、
あなたの場合はいかがでしょう?

さすがに一日中廻っても断られる件数が多いと
気持ちも落ち込んでしまいますよね。

ですが、
実は、断わられた件数だけ成績は上がる・・・
と言うことをご存知でしょうか?

確かに飛び込み訪問で
「必要ない、関係ない、けっこうです」
と言われると、

自分を否定されたように感じますから
その後の訪問がやりづらくなることもあって、
訪問件数が少なくなることもあります。

そんな断られる飛び込み訪問ですが
気持ちを切り替えて訪問できる工夫があります。

それが「訪問の確率」です。

たとえば、
訪問した先がたまたま興味を持っていた人で
話を聞いて契約になったと言うようなケースは、
100件中1件あるかないかの確率ですが、

その確率はトップセールスマンであっても
あるいは落ちこぼれの営業マンであっても、
確率は同じようにあると言うことです。

確かにトップセールスマンともなれば
5件位まで確率を上げられるかも知れませんが、
それでも営業件数を増やすことでチャンスは
誰にでもあると言うことです。

それなのに・・・
訪問した先から断わられるたびに落ち込んで
回る件数が少なくなったり、

あるいは、
見込みだと思って何度も訪問していたのに
相手はまったくその気が無いことがわかり
落胆して回る件数が落ち込んだ・・・
と言うこともよくあることです。

このように回る件数が少なくなったら、
いつまでたってもチャンスにめぐり合うことは
ありません。

そこで、訪問の確率です。

100件回って1件の新規獲得が出来るのなら、
そのチャンスにめぐり合うまで廻ればいいだけなので、
相手の断わりなど気にする必要は無いと言うことです。

いつのもように相手から冷たく断わられても
次のように考えて見てはいかがでしょう。

「そうか、ここでは断わられてしまったが、
これで獲得に一歩近づくことができたんだから、
次に訪問すればいいだけのことだ、
どんどん行こうか!」

このように断られても
新規契約に近づいたのだから、
次のチャンスに向かってどんどん行けば良いのです。

そうすれば結果も付いて来ますよ。

あなたも契約を取りたいと思うのならば、
相手の断わりは新規契約に近づく為に必要なものとして、
どんどん回って見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない・・・
テレアポや飛込み訪問で効果のある方法を知りたい、
と言う方は、こちらにもノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


nice!(1) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - 飛び込み訪問 ブログトップ