So-net無料ブログ作成

保険の営業で契約が取れるコツは「考え方の視点」を変えること [営業方法]

保険の営業でよく言われるのが
「契約が取れるコツを教えてほしい」
と言った相談内容です。

それだけ営業しても簡単に断わられたり、
訪問してもインターホンで終わってしまうので
思うように契約が取れずに困っている
と言う方が多いのです。

ですが、
電話営業や訪問される側にして見れば、
毎日のように売り込みの話しが多いので
受ける側も警戒するのは当然なのです。

では、今やっている営業や訪問で
契約を取ることは出来ないのか?
と言うことですが、
そんなことはありません。

工夫次第で幾らでも契約を取る事は可能ですから、
そのやり方を工夫すれば良いのです。

ではどのようにして
工夫すれば良いのかと言いますと、

まずは営業を受ける側の立場になって
視点を変えて見ると相手の心理も分りますから、
攻め方も見えてきます。

自分がされて嫌なのは相手も同じです。

実際、面倒だな迷惑だなと言ったように
自分が嫌だと思うのは相手も同じなのですから、
どう言えば話しを聞いてもいいのかな?と
相手の立場で考えて見ます。

そして自分で考えたトークを試す場合ですが、
相手の声のトーンから反応が良くないと感じたなら、
「このような電話はよくかかってくるんですか?」
と質問して見てください。

質問することによって
相手との会話を続けるキッカケにもなりますし、
相手から「そうなんですよ」と言わせることで
自分は理解者であると印象付けることも
出来るからです。

このように相手の心理に語りかける工夫は
いくらでもあります。

最初の一言で相手を引きつけるトークや
あなた自身が使えるオリジナルトークなど
場面に応じた営業トークがあると助かりますよね。

そんなトークを参考にしたいと言う方は、
こちらにも「最新のノウハウ」がありますので
ご覧になってください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事