So-net無料ブログ作成

保険の営業で苦労する『インターホントーク』、こうすれば話しを聞いてもらえる [営業方法]

保険の飛び込み訪問で苦労するのが、
最初のインターホントークです。

訪問された側は
最初のニュアンスで話しを聞こうか?
それとも断わろうかと一瞬の判断で決めます。

そうなるとほとんど断われるパターンと言うのが現状です。

なにしろ売り込みの訪問勧誘が多い訳ですから
一旦、話しを聞いてしまうと断わりづらくなりますし、
話しを聞くこと自体面倒だと思う方が多いからです。

ゆえに、売り込みの訪問と言うのが分かると
断わってくる方が多いのです。

そうなると訪問する側は
断わられる件数が多くなるために
契約が取れずに苦労してしまいます。

何十件訪問しても断わられる件数が多い・・・
これでは訪問する気力も無くなってしまいますよね。

そこで考え方の切り替えです。

個人宅への飛び込み訪問は
相手からして見れば迷惑極まりない行為です。

頼んでもいないのに訪問して来て
「話しを聞いてほしい、」
「アンケートに答えてほしい、」

と一方的にお願いしてくるのですから、
迷惑と思うのは当然です。

ですが、訪問する側も仕事ですから
そこは何とか話しを聞いて貰いたいと
必死になるのは当たり前です。

そこで訪問する時のコツです。

それは相手にとってプラスになる話しであれば、
聴く耳を持ってくれると言うことです。

今までは
「また保険の話か、
 面倒だから断わってしまえ、」

と言ったパターンでしたが、
これからは違います。

「そうでなんですか、
 それは知らなかったですね、
 もっと詳しく教えてくれませんか?」

と言ったように
相手から「もっと話しを聞かせて欲しい、」
と言わせる工夫をすれば良いのです。

そうすれば契約も取れるようになりますし、
冷たく断わられることも少なくなります。

このように飛び込み訪問のコツは
「その話しをもっと聞かせて欲しい、」
と言ったプラスになるような情報を
教えてあげること。

あなたもそう思わせるように
話しを組み立てて見てはいかがでしょう。

今まで以上に契約が取れるようになりますよ。

どうぞお試し下さい。

その他保険の新規開拓でお困りになっている方や
効率よく保険の契約を決めたいと思っている方に、
すぐ使える『効果的な営業手法』がありますので
こちらをご覧になってください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事