So-net無料ブログ作成

保険を勧める時、このように話しを持っていけば保険の契約が決まる [営業方法]

保険の新規開拓で
自分の扱っている商品を勧めるために
いろいろ工夫しながら営業する訳ですが、
思うように行かないのが現状です。

その要因として大きいのは、
「保険の話しを聞いて下さい、」
「保険の見直しをしませんか、」

と言ったように
お願い営業しているからです。

人はお願いされると嫌な思いをしますし、
初めて会う営業マンなら尚のこと
拒絶したくなります。

そこで、相手に保険を勧めるには
「その保険が欲しい」と言わせるようにする、

あるいは
「勧めてくれてありがとう」と言わせるようにすれば
お願いしなくても契約してくれるようになります。

では、どのようにすれば
相手に契約させることが出来るのか?

その工夫はこうです。

こちらで勧める保険の価値を高めること、
それも希少性の価値を高めて丁寧に伝えるようにすれば
その保険を手に入れたいと思う人が増えますから、
それを教えてあげればいいのです。

価値のわかる人は共感してくれますし、
反対に丁寧に教えても興味を示さない人は
それ以上追いかけても契約はしません。

実際、多くの営業マンが勧める保険は
今すぐ必要とするものではありませんし、
関心ある人以外は契約しようと思いません。

ゆえに、
共感してくれる人に対して丁寧に伝えることが
契約につながる方法になります。

もう一度思い返してください、
多くの営業マンの話し方はこうでした。
………………………………………………………………
「とても良い保険ですのでこの機会に入りませんか?」
「これだけの補償が付いてますので安心ですよ、」
………………………………………………………………

このような感じでお願いしていたために
相手の返事は「後で考えておきます」と
簡単に断わられてしまうのです。

ですのでこれからは
「その保険が欲しい」と思わせるように
話しを持って行きます。

こんな感じです。
   ↓ ↓ ↓
………………………………………………………

「この保険は(  )に特化したものですので、
通常と違って(   )があります。

実際、今回契約されたお客様の中には
この保険を手に入れたことによって
これからの生活が安心して暮らせるので良かったと
喜んでくれる方も多くいらっしゃいますし、
(  )が変わったとおっしゃる方もいます。

中には自分だけではなく知り合いの方にも
勧めて見たらすごく良かったと教えてくれました。

それだけこの保険は今後の
豊かな生活を手に入れる夢がたくさん入っているので
皆さんから喜ばれているんですね。

ただ、今回ご紹介している保険は
誰にでも勧めている訳ではありません、
(  )に該当する方にだけご案内していたんです、

もし、考えて見たいと言うことでしたら
仮のご予約と言う形で受け付けることも可能ですが、
いかがなさいますか? 」
……………………………………………………

と言った感じで
「誰にでも勧めているのではないので
 あなたはどうしますか?」
と相手に伺いをたてるようにします。

考え方としては、
………………………………………………
「誰にでも勧めている訳ではない、
(  )に該当する方にだけ案内しているので、
 仮の予約と言う形で受けることも可能だが、
 あなたはどうしますか?」
………………………………………………

と言った「希少性の価値」を示すことで
あなたにしか勧めていない保険なんですよ、
と思わせるようにするのがポイントです。

後はその保険にどれだけ興味を持たせるかで
「それじゃ今回頼んでみようかな、」と
思わせることも出来るようになります。

今回の内容を参考にして見てください、
お役に立てれば光栄です

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
話しを聞いてもらえる飛び込み訪問の仕方など
効果的な「最新の営業ノウハウ」がありますので、
こちらもご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事