So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

保険の飛び込み訪問で「会話を続けることができる」工夫 [飛び込み訪問]

保険の新規開拓で上手くいかず、
「効率の良い方法は無いだろうか?」
と悩んでいる方も多いと思います。

今回はそんな悩んでいる方のために
ひとつの方法を紹介しましょう。

たとえば個人宅への飛び込み訪問する場合、
他社でも毎日のように訪問していますから
「その話なら間に合っています、」
と言われることが多いのが現状です。

それだけ訪問営業が多いと言うことです。

あなたが初めて訪問する先であっても相手からすれば、
「今日は訪問してくる営業マンが多くて嫌になる」
と言う方もいます。

そこでどのようにすればいいのかと言うと、
「資料を貰うだけならいいか」と思わせる流れで
会話を続けていくようします。

こんな感じです。(インターホンでの会話)
……………………………………………………………

営業「先ほどの奥さんから
   今の保障内容で掛け金を安くする
   方法があるなら教えて欲しい、
   と言われたんですが、

   奥さんの方でも
   今の保障と同じで掛け金が安くなるなら
   喜んでもらえないですか? 」

奥様「あ~でも保険のことは
   うちの人に聞いて見ないと・・」

営業「そうですよね、
   聞いて見ないと分かりませんよね、

   たとえばなんですが、
   掛け金が安くなるのは
   助かるとおっしゃる方も多いので、
   そう言った方向けに資料を差し上げていたんですね、
   奥様もいかがですか? 」

奥様「あ~それじゃ、
   郵便受けに入れてくれますか?」←(話しが終わると思い安心する)

営業「郵便受けですね、
   ありがとうございます。
   それでは何点かお聞きしたいと思いますので
   今少しだけ宜しいですか? 」

奥様「ええ、いいですよ。」←(胸の内:資料貰うだけだからいいか・・)

営業「ありがとうございます。
   それでは比較しやすいように
   今掛けている保険について、
   ちょっと教えて欲しいのですが・・」
……………………………………………………………

と言った流れで話しを進めていけば、
今まで以上に会話をすることが出来ますし、
ドアを開けてくれる方も出てきます。

ほとんどはすでに何らかの保険に入っていますから、
聴く耳を持たせるにはどうしたらいいのか?
と言った部分で皆さんも苦労していると思います。

そこで相手が知りたくなる情報を伝えながら
資料提供と言う分りやすい話しをすることで、
会話を続けていくようにするのがポイントです。

「資料だけならいいか」と思わせておいて
あとは相手の状況を訊きだして会話を続ける、

この流れで持っていくようにすれば
その後の展開も有利に進ませることが出来ます。

どうぞ、参考にして見てください。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約本数が少ないと悩んでいる方は
保険の話しを聞いてもらえる飛び込み訪問の仕方など
実践的な「保険の営業ノウハウ集」がありますので、
こちらをご覧下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。






コメント(0) 
共通テーマ:仕事

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。