So-net無料ブログ作成

保険の契約を頂くコツは「その場で契約を決める工夫」をすること [営業方法]

今回は保険の商談で契約を頂くコツを
ご紹介したいと思います。

よく言われる言葉で多いのが、
・後で検討しておきます、
・主人と相談して見ますので、
・後で電話します・・・
と言った言葉です。

ですが相手から「検討しますので、」
と言われた時に、

その後良い結果になったことは
あるでしょうか?

ほとんどありませんよね。

後で検討して電話くれると言ったのに
電話が無いので自分からして見ると、

奥様「ごめんなさいね、
   あれから主人と相談したんだけど、
   今はまだいいからと言われて・・・」

と返事をにごされてしまう始末・・・

検討するからと言われて
その言葉を信じて待っていたのに、
期待はずれで終わってしまうことが
どれだけ多いことか・・・

これが「後で検討します、」と
言われた後の現実です。

そこで保険の契約を頂くコツです。

そもそもその場で決めずに
「後で検討しますので・・・」
と返事を先延ばしすると言うことは、

その場で決断することができなかった
と言うことが原因なのですから、

本来きちんと説明したのならば、
その場で返事を貰うことが基本です。

契約して初めて成績になるのですから、
その場で返事(契約)をもらえなければ
仕事をしたことにはなりませんよね。

ゆえに「検討しますので」と言う言葉が出たならば
相手に満足いく説明が足りなかったのですから、
このように話して見てはいかがでしょう。

営業「そうですか、
   検討して頂くと言うことですね、
   ありがとうございます。
   では、もう少し検討しやすいように
   気になる点を説明したいと思いますが、
   検討するとしたらどの部分になりますか?」

と言った感じで
どの部分が足りないのか相手にたずねて
そこの部分をもう一度丁寧に説明します。

せっかく話しを聞いて貰えたのですから、
その場で契約を頂くためにも、そして
返事を先延ばしさせない工夫も大事です。

実際先延ばしをしても
良い返事を貰えないことが多いのですから、
それならばこの場ではっきりしたほうが
気持ち的にも楽になると言うものです。

今までは相手の返事を聞くのも怖かった
と言う方もいるでしょう、

ですが、そんな遠慮をしていても
契約を貰うことはできないのですから、
その場で相手から返事をもらえるように
どんどん聞いていけばよいのです。

それが契約を頂くコツになります。

どうぞ、お試しください。

その他、保険の見込み客が出来ない、
新規契約本数が少ないと悩んでいる方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。



共通テーマ:仕事