So-net無料ブログ作成

保険の飛び込み訪問で「見込み客」を見つける訪問の仕方 [飛び込み訪問]

保険の飛込み訪問で辛いのは
せっかく訪問しても留守や不在であったり、
居たとしてもインターホンで簡単に断わられてしまい
見込み客を見つけることが出来ないことです。

このままでは足取りも重くなります。

では保険の飛び込み訪問で
見込み客を見つけるにはどのようにしたら
良いのか?

そんなお困りのあなたに、
個人宅を廻る時に気持ちを強く持てる
コツをご紹介したいと思います。

そのコツと言うのがすべての訪問先に
初回から保険の売り込みをしないこと。

たとえば今までの訪問の仕方は
訪問した先すべてに自分が勧める保険の話しをして
何とか見込み客を見つけようとしていましたが、

それでは訪問される側にして見れば、
自分から話しを聞きたいと頼んだ訳ではないので
そんな面倒な話しには付き合っていられない・・・
と思っているのが本心です。

そこで初回にする訪問の仕方は、
相手が保険について興味を持って貰えるように
アドバイスしてあげる感覚で訪問します。

ご存知のように初回から保険商品の売り込みをしても
「必要ないです」と簡単に拒絶されてしまうので、
営業する側も辛いだけです。

そこで保険商品の売り込みをするのでは無くて、
保険について興味を持たせるように工夫すること、

つまり嫌がられるセールスをするのでは無くて、
保険について相手方に知って貰いたいことや
知っておかないと損をする後悔すると言ったように

「保険に関わる情報を教えてあげます、」

と言ったアドバイスをすることによって
頼れる保険アドバイザーと認めて貰えますし、
今までと違い相手の反応も変わってきますから
見込み客も出来るようになります。

「今の掛けている保険で良かったんですが、
 今度からはこのように変わりますので、
 これからこう言った形で考えた方がいいと思います。
 ご存知でしたか? 」

このように相手に興味を持たせるような訪問の仕方で
今までと違った反応を作り出して見ては
いかがでしょう。

どうぞお試し下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。



共通テーマ:仕事