So-net無料ブログ作成

保険のテレアポで成功する秘訣、それは相手の興味を引きつけるイメージトークを使うこと [テレアポ]

保険の営業で辛いのは
電話してもアポイントが取れないこと。

たとえば1日中電話をしても
一件すら取れない時もあります。

では、なぜアポイントが取れないのか?

その理由は簡単です、
取れないトークしか使っていないからです。

もしもアポが取りやすいトークがあるとしたら、
あなたも使って見たいと思いませんか?

そんなトークがあるなら教えて欲しいと
営業で悩んでいる方にコツをご紹介したいと思います。

まずは今までテレアポがうまく行かないのは
最初に出る方に対する会話が上手くいかないのと、
キーマンに対する興味付けが足りなかったことです。

会社に電話する例で言えば
最初に出るのは受付や事務員と言ったケースで
この時点で断わられていたのが多かったはずです。

キーマンと話す前に電話が終わる訳ですから、
アポイントが取れないのは当然です。

さらに運良くキーマンと話しをする事が出来たとしても、
簡単に断わられてしまうこともよくある話しです。

あなたもそうではありませんか?

そこでアポが取れずにお困りになっているあなたに、
解決出来る方法です。

それは相手の立場になって見ることです。

自分が相手の立場だったら
どう言われると聞く耳を持つだろうかと
考えて見るのです。

こう言われたら話しを聞いてもいいかな?
と言う感じで自分なりに工夫して見ます。

今までは会社から教えられたトークを元に
電話していたケースも多いと思いますが、
それでは他と同じような話し方になり、
「また保険の話しか、」となってしまいます。

そこで相手の興味を引きつけるには
相手の立場に立ったトークが必要です。

相手の立場に立ったトークとは、
興味をもたらすイメージトークのことです。

あなたも自分だけのイメージトークがあれば
使って見たいと思いますよね。

そのトークを作るにはどうしたらよいのか?
と言うことでこちらを参考にして見て下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

きっと解決する糸口が見つかりますよ、
あなたの健闘をお祈り致します。

7347687.jpg





共通テーマ:仕事