So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

保険の新規開拓で結果が出る「効率良く出来る営業手法」 [営業方法]

保険の新規開拓で苦労している方へ、

効率良く営業できる方法があるとしたら、
あなたもその方法を試して見たいと
思いませんか?

そんな保険の営業で悩んでいる方の為に
前回ご案内した方法を紹介したいと思います。

まずは保険の飛び込み訪問で困ることと言えば、
「不在者宅」が多いと言うことです。

10件訪問して8件が不在?
と言うことも珍しくありませんし
中には居留守を使う方もいますから、
面談できなければ訪問した効果も
薄くなってしまいます。  

そこで不在者宅を攻略する方法です。 

特にインターホンを押しても出てくれない、
居留守を決め込んでいる方に有効な方法です。  

そもそもなぜ居留守を使うのか?と言うことですが、
あなたはお分かりになりますか?  

それはインターホンを押した人が
営業マンだからです。 

あなたが営業マンと見なしたから、
出てくれないのです。  

ではどうすればいいの?と言うことですが、 
相手の心理を読めば攻略は難しいことではありません。  

そこであなたでも飛び込み訪問で使えるノウハウや
電話での営業方法、DMを使ったノウハウなど、
保険の新規開拓に役立つノウハウをまとめた 
保険専用の営業ノウハウ集を用意しました。 

どのような内容なのか、
こちらの目次をご覧下さい。 

      ↓ ↓ ↓

保険営業の実践編《テレアポ・飛び込み訪問/新規開拓》
飛び込み訪問では見込み客を見つけようとしてはいけない
初回の訪問では「情報を集める」ことに徹底すること
相手の生年月日を知る方法
次の訪問をすぐしたい時は宿題を作ること
飛び込み訪問に使える営業テクニック(保険営業編)
・テレアポ編
・飛び込み訪問編その(1)(2)(3)
「インターホン」で断られてしまう時の対処の仕方
個人宅のインターホンを攻略する営業テクニック
インターホンを攻略する方法
三者両得の営業方法相手の気持ちをがっちりつかむ方法
今の仕事をしながら収入を得られる方法について
相手が感動するもの、それは誕生日に発行された当日の新聞
保険営業にも使える「新しい営業フォロー」の仕方
飛び込み訪問で相手にドアを開けさせるコツ
ダイレクトメールを送った後のフォロー電話
開封率80%以上のDMを1通「62円」で郵送する方法
どんな営業にも使えるノウハウ~イエス&クエスチョン方式
相手の「ホンネ」を聞き出すテクニック
保険営業にも使えるノウハウ・追加編
無料の小冊子を使った営業方法、その(1)
無料の小冊子を使った営業方法、その(2)
営業方法の仕方、心構え
「傷害保険」について参考になるトーク
医療関係を攻める時のコツです
電話に関する「テクニック」
自宅に居ながら出来る「テレアポリスト収集」の仕方
保険営業に使える「テレアポトーク」
保険に使えるテレアポトーク、その(1)(2)(3)
保険の仕事をする上で、必要な事
保険営業で使えるマンション攻略方法
相手の会社を自分で「簡単に調べる方法」
QRコードを使って、差別化を!
自己催眠療法
(1)100人の前でも、緊張せずに話せるテクニック
(2)潜在意識を変えるとテレアポも成功する
(3)嫌な思いが浮かんで来た時に消す方法
(4)緊張して手が震えるのを抑える方法
(5)これが自己催眠療法だ!
ストレスを感じたのなら呼吸法でリラックス♪
電話の心構え・極意
相談メールの回答事例(テレアポトークなど) 
保険の生年月日が簡単に訊けるアンケート用紙

この他にも保険の営業マンから相談された案件もあり、
それを解決出来るノウハウとして提供したのが沢山あります。
(新規開拓の方法やテレアポノウハウもあります。)

それも実践で効果的に使える内容ですから
今まで行き詰まっていた場面でも応用できますし、
ちょっとしたキッカケで展開を変えることも
できる内容です。

いかがですか、

今まで思うような結果が出ていない方は、
このような解決出来る営業ノウハウを使って
あなたも保険の契約本数を増やして見ては
いかがでしょう。
  
詳しい内容についてはこちらをご覧下さい。


保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事

保険のテレアポで成功する秘訣、それは相手の興味を引きつけるイメージトークを使うこと [テレアポ]

保険の営業で辛いのは
電話してもアポイントが取れないこと。

たとえば1日中電話をしても
一件すら取れない時もあります。

では、なぜアポイントが取れないのか?

その理由は簡単です、
取れないトークしか使っていないからです。

もしもアポが取りやすいトークがあるとしたら、
あなたも使って見たいと思いませんか?

そんなトークがあるなら教えて欲しいと
営業で悩んでいる方にコツをご紹介したいと思います。

まずは今までテレアポがうまく行かないのは
最初に出る方に対する会話が上手くいかないのと、
キーマンに対する興味付けが足りなかったことです。

会社に電話する例で言えば
最初に出るのは受付や事務員と言ったケースで
この時点で断わられていたのが多かったはずです。

キーマンと話す前に電話が終わる訳ですから、
アポイントが取れないのは当然です。

さらに運良くキーマンと話しをする事が出来たとしても、
簡単に断わられてしまうこともよくある話しです。

あなたもそうではありませんか?

そこでアポが取れずにお困りになっているあなたに、
解決出来る方法です。

それは相手の立場になって見ることです。

自分が相手の立場だったら
どう言われると聞く耳を持つだろうかと
考えて見るのです。

こう言われたら話しを聞いてもいいかな?
と言う感じで自分なりに工夫して見ます。

今までは会社から教えられたトークを元に
電話していたケースも多いと思いますが、
それでは他と同じような話し方になり、
「また保険の話しか、」となってしまいます。

そこで相手の興味を引きつけるには
相手の立場に立ったトークが必要です。

相手の立場に立ったトークとは、
興味をもたらすイメージトークのことです。

あなたも自分だけのイメージトークがあれば
使って見たいと思いますよね。

そのトークを作るにはどうしたらよいのか?
と言うことでこちらを参考にして見て下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

きっと解決する糸口が見つかりますよ、
あなたの健闘をお祈り致します。

7347687.jpg





共通テーマ:仕事

保険の営業で、相手から迷惑と思われずに「話しを聞いて貰える方法」 [営業方法]

皆さんも新規開拓の一環として
テレアポや訪問営業をしていると思いますが、
相手の反応はいかがでしょう?

多くの場合はほとんど話しを聞かずに
断わって来るパターンが多いために、
苦労されているのが現状ですよね。

ですが相手にして見れば、
一方的に電話や訪問をされて
一方的に話しを聞かされる訳ですから、
迷惑だと思っている方が多いのです。

ではどの様にしたら迷惑と思われず
話しを聞いてもらえるのか、
そこが知りたい部分ですよね。

それには相手が興味を示す話しをしてあげれば
良いのです。

相手が興味を示す話しとは、
・自分に関係する話し、
・仕事に役立つ話し、
・奥様なら子供に関する話し、

この他にも相手が興味を示すような
役立つ話しをしてあげることで、
「何か面白いことが聞けそうだ・・・」と
興味を持って貰えれば展開も変わってきます。

でも相手が知りたい話しとは
いったいどんな話しなの?・・・

と思っているあなたのために
ひとつの方法を教えましょう。

それは・・・
相手に訊けばいいのです。

こんな感じです。
………………………………………………………

営業「わたしも色々な所を廻っておりますので、
   (   )さんにお役に立てる情報を
   教えることが出来るかも知れません。

   もし宜しければ、
   こんど来た時にネタを持って来ますので、
   こんな情報が知りたいと言うのは
   ありませんか? 」

………………………………………………………

と言ったように、
相手に「知りたいことはないですか?」
と訊いて行けば良いのです。

訊き方や内容については
自分なりにアレンジすれば良いと思いますので、
試して見てはいかがでしょう。

そうすれば今までと違った反応を得ることが出来ますよ。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、効果的営業方法を知りたい、あるいは
テレアポトークや飛び込み訪問についてお困りの方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧下になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で受付や事務員に良い印象を残すと結果も変わってくる [営業方法]

保険の営業で会社関係に電話をすると、
ほとんど受付や事務員と言ったように
同じ人が出るケースが多くあります。

そうした場合、
保険の案内で断わられたからと言って
自分から簡単に電話を切ってしまうと、
相手の方はあなたが電話したことを
忘れてしまいます。

そして次回、電話をしたとしても
また同じように断わられてしまい、
担当者に電話を回してはくれません。

なぜならいつも電話してくる営業マン・・・
としか見てくれないからです。

たとえばあなたも事務員から、
「必要ありません、」
「断わるように言われておりますので、」
と言ったように断わられた時に、

「わかりました、
 失礼します・・・」

と簡単に電話を切ってしまうと
事務員はあなたの事を覚えてくれませんから、
担当者まで電話を取り次いでくれません。

その理由のひとつとして多いのは、
「また保険の電話か・・・」
となってしまうからです。

そこでたとえ事務員から冷たく断わられようが
次につながる印象を残すことが大事ですから、
それには「感謝の気持ち」を伝えるようにすると
相手の記憶に残すことができます。

こんな感じで感謝の言葉を残すと印象が変わります。
……………………………………………………………

事務「そう言った話しは
   断わるように言われておりますので・・ 」

営業「そうですか、
   今のところ間に合っていると言うことですね。
   わかりました。

   ところで、今すぐではないんですが、
   新しい保険の情報も入ってきますので
   その時は皆さんにもご紹介していたんですね。

   リスクを減らす意味でも
   皆さんにお役に立てる内容ですから、
   その時はまたご案内したいと思います。

   本日はお忙しいところありがとうございました。
   失礼いたします。」

…………………………………………………………

このような感じの終わり方をすれば
たとえ断られたとしても次も電話しやすくなりますし、
お互い嫌な思いを引きずることもありません。

相手の心証を良くするのも
出来る保険の営業マンの秘訣になるのですから、
あなたも次につながる電話をして見ては
いかがでしょう。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。



 



共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で「見込み客」を見つける訪問の仕方 [飛び込み訪問]

保険の飛込み訪問で辛いのは
せっかく訪問しても留守や不在であったり、
居たとしてもインターホンで簡単に断わられてしまい
見込み客を見つけることが出来ないことです。

このままでは足取りも重くなります。

では保険の飛び込み訪問で
見込み客を見つけるにはどのようにしたら
良いのか?

そんなお困りのあなたに、
個人宅を廻る時に気持ちを強く持てる
コツをご紹介したいと思います。

そのコツと言うのがすべての訪問先に
初回から保険の売り込みをしないこと。

たとえば今までの訪問の仕方は
訪問した先すべてに自分が勧める保険の話しをして
何とか見込み客を見つけようとしていましたが、

それでは訪問される側にして見れば、
自分から話しを聞きたいと頼んだ訳ではないので
そんな面倒な話しには付き合っていられない・・・
と思っているのが本心です。

そこで初回にする訪問の仕方は、
相手が保険について興味を持って貰えるように
アドバイスしてあげる感覚で訪問します。

ご存知のように初回から保険商品の売り込みをしても
「必要ないです」と簡単に拒絶されてしまうので、
営業する側も辛いだけです。

そこで保険商品の売り込みをするのでは無くて、
保険について興味を持たせるように工夫すること、

つまり嫌がられるセールスをするのでは無くて、
保険について相手方に知って貰いたいことや
知っておかないと損をする後悔すると言ったように

「保険に関わる情報を教えてあげます、」

と言ったアドバイスをすることによって
頼れる保険アドバイザーと認めて貰えますし、
今までと違い相手の反応も変わってきますから
見込み客も出来るようになります。

「今の掛けている保険で良かったんですが、
 今度からはこのように変わりますので、
 これからこう言った形で考えた方がいいと思います。
 ご存知でしたか? 」

このように相手に興味を持たせるような訪問の仕方で
今までと違った反応を作り出して見ては
いかがでしょう。

どうぞお試し下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。



共通テーマ:仕事

保険の契約を頂くコツは「その場で契約を決める工夫」をすること [営業方法]

今回は保険の商談で契約を頂くコツを
ご紹介したいと思います。

よく言われる言葉で多いのが、
・後で検討しておきます、
・主人と相談して見ますので、
・後で電話します・・・
と言った言葉です。

ですが相手から「検討しますので、」
と言われた時に、

その後良い結果になったことは
あるでしょうか?

ほとんどありませんよね。

後で検討して電話くれると言ったのに
電話が無いので自分からして見ると、

奥様「ごめんなさいね、
   あれから主人と相談したんだけど、
   今はまだいいからと言われて・・・」

と返事をにごされてしまう始末・・・

検討するからと言われて
その言葉を信じて待っていたのに、
期待はずれで終わってしまうことが
どれだけ多いことか・・・

これが「後で検討します、」と
言われた後の現実です。

そこで保険の契約を頂くコツです。

そもそもその場で決めずに
「後で検討しますので・・・」
と返事を先延ばしすると言うことは、

その場で決断することができなかった
と言うことが原因なのですから、

本来きちんと説明したのならば、
その場で返事を貰うことが基本です。

契約して初めて成績になるのですから、
その場で返事(契約)をもらえなければ
仕事をしたことにはなりませんよね。

ゆえに「検討しますので」と言う言葉が出たならば
相手に満足いく説明が足りなかったのですから、
このように話して見てはいかがでしょう。

営業「そうですか、
   検討して頂くと言うことですね、
   ありがとうございます。
   では、もう少し検討しやすいように
   気になる点を説明したいと思いますが、
   検討するとしたらどの部分になりますか?」

と言った感じで
どの部分が足りないのか相手にたずねて
そこの部分をもう一度丁寧に説明します。

せっかく話しを聞いて貰えたのですから、
その場で契約を頂くためにも、そして
返事を先延ばしさせない工夫も大事です。

実際先延ばしをしても
良い返事を貰えないことが多いのですから、
それならばこの場ではっきりしたほうが
気持ち的にも楽になると言うものです。

今までは相手の返事を聞くのも怖かった
と言う方もいるでしょう、

ですが、そんな遠慮をしていても
契約を貰うことはできないのですから、
その場で相手から返事をもらえるように
どんどん聞いていけばよいのです。

それが契約を頂くコツになります。

どうぞ、お試しください。

その他、保険の見込み客が出来ない、
新規契約本数が少ないと悩んでいる方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。



共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で使える「次のアポイント」を取りやすくするコツ [営業方法]

保険の営業で契約を取るコツは
次につながるアポイントも取ること。

たとえば電話や訪問でも同じですが、
ひと通り話しが終わった後に
「それではまた電話します」
「また今度おじゃまします」

と言った終わり方をしていると
相手から契約をいただくまで
時間かかってしまいす。

せっかく話しをする事が出来たのですから、
次につながるアポイントを取ることが大事です。

でも、ほとんど話す内容を言ったので
これ以上話す内容が見つからない・・・
とおっしゃる方もいますが、
そんなことはありません。

何も保険の話しをするだけが
営業では無いからです。

もちろん保険の説明も必要ですが、
それ以上に相手との信頼関係を築くことが
大事だからです。

相手が興味を持っているような話題や
身の回りで役立つ情報と言ったように、
相手のためになる行動をすることによって
信頼を得ることが出来るようになります。

たとえばこんな感じです。
………………………………………………

営業「そのお話しなら
   詳しく調べることが出来ますので、
   今度持って来ますね。」

相手「そうですか、
   すいませんね。」

営業「ええ、いいですよ。
   それじゃ来週の火曜か水曜では
   どちらが宜しいですか?」

………………………………………………
と言った流れで
次のアポイントを取れば自分の予定も立ちますし、
相手との距離を縮めることも出来ます。

ポイントは面談している中で、
話題に上がった内容を調べると言った口実で
次の訪問約束を取り付けることです。

次のアポイントを取ることで
結果を残せることにも可能になるのですから、
あなたも見込み客の進展が遅いと言う時は
試して見てはいかがでしょう、

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規の契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。






共通テーマ:仕事

保険の営業で結果が出ないと言う方へ、このような工夫すると結果を出すことができる [営業方法]

あなたが普段使っている営業トークで
結果は出ているでしょうか?

会社から教えられたトークをそのまま使っている、
あるいは今のトークでしか話しをしたことが無い
と言う方も多いでしょう。

では、実際にそのトークで
アポや契約が取れているでしょうか?

多くの場合、
アポや契約が取れていない方が多いはずです。

その理由は明白です、

いつも同じトークや
決まった入り方しかしていないからです。

では、どのようにすればいいのか?
もっと工夫した営業トークを試したり、
入り方を変えるようにすることが大事です。

あなたも保険の営業していて
見込み客や契約本数が少ないと言うのであれば、
今までと違ったアプローチが必要だからです。

そうすれば今より結果を出すことも出来ますし、
充実した営業活動をすることもできますので
安定した収入を得ることも可能になります。

その営業トークや入り方をどうすればいいのか
自分も参考になる方法を試して見たいと言う方は、
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので
ご覧下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。



共通テーマ:仕事

保険の営業で「話しを聞いて貰える工夫」と「契約が貰える工夫」 [営業方法]

保険の営業で辛いのは、
どこに行っても話しを聞いてもらえない・・・
と言うことですが、

保険の必要性を知ってもらい
そして契約を貰いたいと思っていても
話しを聞いて貰えなければ先に進みません。

そこで保険の話しを聞いて貰うコツと
契約をいただくコツです。

まずはあなたは保険の説明をする時に
どのような形で話しをしているのか?
と言うことです。

たとえばガン保険の例で言えば、
パンフレットに書かれているような説明しても
そんなことは資料を見れば分かりますし、
長々と聞きたいとは思いません。

でも、それが身近に起こった
実際の「事例」を目の当たりにされたら・・・
誰でも気になりますよね?

つまり実際に起こった事例を話すことで
自分に起こった場合はどうなるのだろう?・・・
と自分に置き換えて考えるさせるようにすると
話しを聞いてくれる方が増えます。

「最近こんな事例があったんですよ、」
と言われると何となく聞いて見たい・・・
と言う衝動にさせるのがポイントです。

あとは話しの流れで
ガン保険などの説明も出来ますから、
今まで以上の結果も期待できると言う訳です。

どうぞあなたも身近な事例を出して
「こんなこともあったんですよ、」
と話して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。



共通テーマ:仕事

保険の営業で「安定した契約本数」を獲得したい方へ [営業方法]

保険の営業で困ることは
「保険の・・」と言っただけで
すぐ断られてしまうことです。

これでは話しを進めることができず、
契約をもらうことは出来ません。

ではどのようにしたら
話しを聞いて貰いプランを提供できるのか?

新規契約までの効果的な営業方法として
テレアポや飛び込み訪問、紹介営業以外にも
最新の営業方法を採り入れることによって、
新規件数を増やす方法があります。

あなたでも出来る方法ですから、
ご安心下さい。

もちろん従来の営業に手を加えるだけで
相手と簡単に話が出来るコツもありますから、
あなたも試して見てはいかがでしょう。

今月こそは結果を出したい、あるいは
安定した契約数を獲得して収入を増やしたい、
そんな保険の営業で成功したいと言う方は
こちらを参考にしてください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。






共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で、相手に興味を持たせて「見込み客を作るコツ」 [営業方法]

保険の営業で苦労するのは
安定した見込み客を開拓することですが、
思うように見つからないのが現状です。

自宅や事務所には色んな営業の電話や
飛込み訪問などが毎日のようにあるため、

営業される側にして見れば
「また保険の話しか、
 面倒な話しに付き合っていられない、」
と思っている方がほとんどです。

このようにセールスさせられる側は
「そう言った話しは勘弁してほしい・・・」
と思っているものです。

そこでこれからの考え方ですが、
営業される側にすれば面倒な話しは聞きたくない、
と思っている訳ですから、

そのまま保険の話しを持っていっても、
お断わりされるのは目に見えています。

「また保険の話しか」で終わってしまうからです。

そこでこのような工夫をします。

「相手が知らない情報を教えてあげる」
と言ったスタンスで攻めること。

たとえば、
…………………………………………………

営業「こんにちは、
   (   )生命の(   )と言います。

   皆さんが掛けている保険について
   お知らせしたいことがありまして
   順番にお電話させていただきました。

   実は皆さんが掛けている保険の(   )ですが、
   (         )があると言うことを
   奥さんはご存知でしたか? 」

…………………………………………………

と言ったように相手が保険の情報を
知りたくなるような話しをしてあげることで、
会話を続けるキッカケにします。

何よりも(    )の部分を工夫すれば、
いくらでも応用することは出来ます。

(    )が何なのかを知りたいと思わせ、
そして相手の興味を引き出すことが出来れば
今まで以上に結果を出すことも可能です。

どうぞ相手の興味を引き出すトークで
見込み客を開拓してください。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
テレアポや飛込み訪問で効果的方法を知りたい方は
こちらに最新の保険営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


 



共通テーマ:仕事

保険の営業で契約が取れるコツは「考え方の視点」を変えること [営業方法]

保険の営業でよく言われるのが
「契約が取れるコツを教えてほしい」
と言った相談内容です。

それだけ営業しても簡単に断わられたり、
訪問してもインターホンで終わってしまうので
思うように契約が取れずに困っている
と言う方が多いのです。

ですが、
電話営業や訪問される側にして見れば、
毎日のように売り込みの話しが多いので
受ける側も警戒するのは当然なのです。

では、今やっている営業や訪問で
契約を取ることは出来ないのか?
と言うことですが、
そんなことはありません。

工夫次第で幾らでも契約を取る事は可能ですから、
そのやり方を工夫すれば良いのです。

ではどのようにして
工夫すれば良いのかと言いますと、

まずは営業を受ける側の立場になって
視点を変えて見ると相手の心理も分りますから、
攻め方も見えてきます。

自分がされて嫌なのは相手も同じです。

実際、面倒だな迷惑だなと言ったように
自分が嫌だと思うのは相手も同じなのですから、
どう言えば話しを聞いてもいいのかな?と
相手の立場で考えて見ます。

そして自分で考えたトークを試す場合ですが、
相手の声のトーンから反応が良くないと感じたなら、
「このような電話はよくかかってくるんですか?」
と質問して見てください。

質問することによって
相手との会話を続けるキッカケにもなりますし、
相手から「そうなんですよ」と言わせることで
自分は理解者であると印象付けることも
出来るからです。

このように相手の心理に語りかける工夫は
いくらでもあります。

最初の一言で相手を引きつけるトークや
あなた自身が使えるオリジナルトークなど
場面に応じた営業トークがあると助かりますよね。

そんなトークを参考にしたいと言う方は、
こちらにも「最新のノウハウ」がありますので
ご覧になってください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事

保険の営業で苦労する『インターホントーク』、こうすれば話しを聞いてもらえる [営業方法]

保険の飛び込み訪問で苦労するのが、
最初のインターホントークです。

訪問された側は
最初のニュアンスで話しを聞こうか?
それとも断わろうかと一瞬の判断で決めます。

そうなるとほとんど断われるパターンと言うのが現状です。

なにしろ売り込みの訪問勧誘が多い訳ですから
一旦、話しを聞いてしまうと断わりづらくなりますし、
話しを聞くこと自体面倒だと思う方が多いからです。

ゆえに、売り込みの訪問と言うのが分かると
断わってくる方が多いのです。

そうなると訪問する側は
断わられる件数が多くなるために
契約が取れずに苦労してしまいます。

何十件訪問しても断わられる件数が多い・・・
これでは訪問する気力も無くなってしまいますよね。

そこで考え方の切り替えです。

個人宅への飛び込み訪問は
相手からして見れば迷惑極まりない行為です。

頼んでもいないのに訪問して来て
「話しを聞いてほしい、」
「アンケートに答えてほしい、」

と一方的にお願いしてくるのですから、
迷惑と思うのは当然です。

ですが、訪問する側も仕事ですから
そこは何とか話しを聞いて貰いたいと
必死になるのは当たり前です。

そこで訪問する時のコツです。

それは相手にとってプラスになる話しであれば、
聴く耳を持ってくれると言うことです。

今までは
「また保険の話か、
 面倒だから断わってしまえ、」

と言ったパターンでしたが、
これからは違います。

「そうでなんですか、
 それは知らなかったですね、
 もっと詳しく教えてくれませんか?」

と言ったように
相手から「もっと話しを聞かせて欲しい、」
と言わせる工夫をすれば良いのです。

そうすれば契約も取れるようになりますし、
冷たく断わられることも少なくなります。

このように飛び込み訪問のコツは
「その話しをもっと聞かせて欲しい、」
と言ったプラスになるような情報を
教えてあげること。

あなたもそう思わせるように
話しを組み立てて見てはいかがでしょう。

今まで以上に契約が取れるようになりますよ。

どうぞお試し下さい。

その他保険の新規開拓でお困りになっている方や
効率よく保険の契約を決めたいと思っている方に、
すぐ使える『効果的な営業手法』がありますので
こちらをご覧になってください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事

謹賀新年/今年こそ保険の営業で結果を出したいと言う方へ、この方法なら契約本数もアップする [営業方法]

mig[1].jpg

logo3111111.gif

logo3111111111.gif

logo41.gif


新しい年も明けて今年こそは、
………………………………………
・保険の営業で結果を出したい、
・保険の契約本数をアップさせたい、
・そして「安定した収入」を得たい、
………………………………………
と思っている方も多いことでしょう。

ですが、そう思っていても
実際にどうすればできるのか?
どうすれば結果を出すことができるのか?

その答えを自分で導き出すのは
難しいと言うのが現実です。

それが出来るなら、
こんなに苦労することはないからです。

なにより保険の営業で難しいのは、
ほとんど保険加入済みの方が多いので
話しを聞いてもらえないことです。

どこに営業しても断わられることが多く、
見込み客すらできないと言うのが
現実だからです。

もっと話しを聞いてもらえる工夫はないのか、
どうすれば見込み客を作ることが出来るのか、
もっと効率の良い方法はないだろうか・・・

そんな保険の営業で苦労している方へ、

知人や友人と言った身内を頼ることなく、
安定した見込み客を作る方法があります。

それがこの方法です。
…………………………………………………
・飛び込み訪問で見込み客を見つける方法
・初回の訪問で情報を集める方法
・相手の生年月日を知る方法
・次の訪問が簡単にできる方法(宿題を作る)
・飛び込み訪問に使える営業テクニック
・保険の営業で使えるテレアポノウハウ
・インターホンを攻略する営業テクニック
・三者両得で相手の気持ちをがっちりつかむ方法
・今の仕事をしながら別口の収入を得られる方法
・相手を感動させ信頼を得る方法
・保険の営業で使える「アフターフォロー」の仕方
・飛び込み訪問で相手にドアを開けさせるコツ
・ダイレクトメールを送った後のフォロー電話
・開封率80%以上のDMを1通「60円」で郵送する方法
・相手の「ホンネ」を聞き出すテクニック
・営業方法の仕方、心構え
・「傷害保険」について参考になるトーク
・医療関係を攻める時の営業トーク
・電話する時に使える「テクニック」
・自宅に居ながら出来る「テレアポリスト収集」の仕方
・保険の仕事をする上で、必要な事
・保険の営業で使えるマンション攻略方法
・相手の会社を自分で簡単に調べる方法
・QRコードを使って差別化を!
・自己催眠療法
(1)100人の前でも緊張せずに話せるテクニック
(2)潜在意識を変えるとテレアポも成功する
(3)嫌な思いが浮かんで来た時に消す方法
(4)緊張して手が震えるのを抑える方法
(5)これが自己催眠療法だ!
・ストレスを感じたのなら呼吸法でリラックス♪
・電話の心構え、極意
・相談メールの回答事例(テレアポトークなど)
…………………………………………………

▼さらに保険の現場で使える営業ツールです。
…………………………………………………
・保険の営業に使える「手紙DM」
・保険のテレアポに使える営業ノウハウ集
・クリニック・法人関係にアポイントを取る営業トーク
・保険の営業で使える案内状「通販型の保険を題材」
・保険の営業に役立つ「相談メールの回答例」
・飛び込み訪問用に使える「営業チラシ」
・損保営業のスプリクト・レターの添削実例集
・有料メルマガより全投稿ノウハウ集をプレゼント♪
・60円で送れるミニレターの現物
………………………………………………………

この他にも保険の営業マンから相談された案件もあり、
それらを解決出来るノウハウを提供したのもあります。
(新規開拓の方法やテレアポノウハウなど多数)

それも実践で効果的に使える内容ですから
今まで行き詰まっていた場面でも応用できますし、
ちょっとしたキッカケで展開を変えることも
可能になる内容です。

いかがですか、

あなたも結果が出ていないのであれば、
このような「解決出来る営業ノウハウ集」を使って
保険の契約本数を増やして見てはいかがでしょう。
 
詳しい内容についてはこちらをご覧下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で苦労する方へ、アポが取れる秘訣で契約が増えます [営業方法]

保険の新規開拓で
電話や訪問を一生懸命しても
思うようにアポイントが取れないと
お困りになっている方が多いと思います。

そもそも電話営業は断わられることが多くて
先に進まないと言うのが現状だと思いますが、
それでもアポイントが取れる秘訣が
あることをご存知でしょうか?

秘訣と言っても特別な手段を使う訳でも無く、
業種に特化した方法でもありません。

誰にでもアポが取れる秘訣です。

その手法と言うのは
相手から「会いたい」と言わせるようにすること。

たとえば今までの電話営業は
「会って話しをしたいのでお願いします。」
と言ったようにお願いの電話していたはずです。

人はお願いされると
避けたいと言う心理状態になりますから、
そこで終わってしまいます。

なぜなら会ってしまえば断わりづらくなりますし、
契約させられてしまうかも?と言う不安を
感じてしまうからです。

そこでアポイントが取れる秘訣です。

相手から「会いたい、」
と思わせるように話しを持っていく事で
苦労することなくアポイントが取れるようになります。

それには基本的なコツがあります。

営業マンが話しをするのは当然として、
相手にも話しをさせるようにします。

たとえば「Q&A的な会話」を心がけると
相手との会話もスムーズに行きますし、
相手側にしても気持ちよく会話をすることが
出来るようになります。

さらにこの時の特徴は、
相手が断るつもりの会話であっても同じだと言う事。

仮に断わられる場合であっても
気持ちよく断わって貰うようにすることが大事です。

ただ単に
「保険は間に合っていますので・・・」
と断わられるよりも、

相手「今は必要としないけれど、
   そう言う時があったら考えておきますね。 」

と言ったように、
同じ断わりでも「前向きな断わり方」を
して貰うようにします。

そうすればたとえその人が契約をしなくても
知り合いの方を紹介してくれるかも知れませんし、
気が変わって後で契約になるかも知れないからです。

そして、
「相手に気持ちよく断わってもらう・・・」
これも次につなげるポイントになります。

このような形で話しを進めると
ガチャ切りされる件数も減って来ますから、
テレアポも楽しく出来るようになるからです。

どうぞ、お試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


7347687.jpg




共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で結果を出せる方法、これなら成績もアップする [飛び込み訪問]

保険の飛び込み訪問を成功させるには
強い意志を持って確実に行動すること、
そして結果に対する分析を行うことです。

たとえば個人宅への訪問では
インターホンで断わられることが多く、
訪問する気力も無くなってしまいますが、

そのままでは訪問件数も少なくなりますし、
見込み客も見つからないのは当然ですから、
ますます結果も出なくなります。

これでは良い成績を出すことは出来ません。

では、どうすれば強い気持ちを持って
訪問を続けることが出来るのか?

その答えは、
相手から「保健は必要か必要でないのか?」
その返事を多くもらえれることが出来れば、
見込み客を見つけることも可能になると言うことを
常に思いながら行動することです。

もちろん、
何件訪問しても断られるかも知れませんが、
中には保険金のやりくりを考えていたとか
そろそろ違うタイプの保障にしたいと思っていた
と言ったように、

保険のことをちょっと考え始めたと言う方に
出会えるチャンスもあるからです。

それにはインターホンを叩く件数を
続けていかないことには出会えませんよね。

その叩く行動を続けるか続けないのか、
そして実際に実行するかしないのか・・・
それを決めるのは自分自身です。

今も新規契約本数が少ないと言うのなら
相手の返事を貰いにいく行動をすることです。

相手に返事を貰いにいく件数を増やすことで
悩みなど考えている余裕も無くなりますし、
精神的にずいぶん楽になるはずです。

なぜなら、
飛び込み訪問を継続しているあなたには
必ず良い人に出会えるチャンスが
あるからです。

あなたも保険で結果を出したいのなら、
必要か必要でないか、その返事を貰いに
相手に訊きに行って下さい。

そうすれば、
必ず結果は出るようになりますよ。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事

苦労している保険の営業がこのトークに替えるだけで見込み客も増える [営業方法]

あなたが今使っている保険の営業トークで
アポは取れているでしょうか?

取れていると言うのであれば問題ありませんが、
思うようにアポが取れていないと言うのであれば、
トークの見直しが必要です。

たとえば毎回、同じトークで訪問している場合、
「またその話しですか、必要ありません!」
と言ったようにすぐ断わられるような場合、
それ以上の進展は見込めません。

何度訪問してもアポは取れないのですから、
違う入り方のトークが必要ですよね。

実際、入り方のトークを変えることによって
相手が受ける印象も違って来ますし、
その後の展開も変えることも出来るのですから、
今まで以上の成果を上げることも
期待できるからです。

何よりもトークの内容を工夫することで
営業能力のスキルを向上させることも出来ますから、
モチベーションを高めることも可能になるからです。

そこで、保険の営業トークを工夫するコツです、

(1)保険の売り込みと思わせないこと、
(2)面倒な話しだと思わせないこと、
(3)その話しを聞かせて欲しいと思わせること、

このような内容をトークに織り交ぜることで
冷たくインターホンを切られることも少なくなりますし、
アポイントも取れるようになります。

「またその話しか、」と言われないで
話しを聞いてもらえる保険の営業トークがあれば、
あなたも試して見たいと思いますよね。

でも、効果的なトークが思い浮かばない・・・
どうすれば話しを聞いてもらえるのか分らない・・

そんな時はこちらを参考にして見てください。

色々な場面に使える営業トークがありますので、
今まで苦労していた保険の営業にも役立ちますよ。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事

保険を勧める時、このように話しを持っていけば保険の契約が決まる [営業方法]

保険の新規開拓で
自分の扱っている商品を勧めるために
いろいろ工夫しながら営業する訳ですが、
思うように行かないのが現状です。

その要因として大きいのは、
「保険の話しを聞いて下さい、」
「保険の見直しをしませんか、」

と言ったように
お願い営業しているからです。

人はお願いされると嫌な思いをしますし、
初めて会う営業マンなら尚のこと
拒絶したくなります。

そこで、相手に保険を勧めるには
「その保険が欲しい」と言わせるようにする、

あるいは
「勧めてくれてありがとう」と言わせるようにすれば
お願いしなくても契約してくれるようになります。

では、どのようにすれば
相手に契約させることが出来るのか?

その工夫はこうです。

こちらで勧める保険の価値を高めること、
それも希少性の価値を高めて丁寧に伝えるようにすれば
その保険を手に入れたいと思う人が増えますから、
それを教えてあげればいいのです。

価値のわかる人は共感してくれますし、
反対に丁寧に教えても興味を示さない人は
それ以上追いかけても契約はしません。

実際、多くの営業マンが勧める保険は
今すぐ必要とするものではありませんし、
関心ある人以外は契約しようと思いません。

ゆえに、
共感してくれる人に対して丁寧に伝えることが
契約につながる方法になります。

もう一度思い返してください、
多くの営業マンの話し方はこうでした。
………………………………………………………………
「とても良い保険ですのでこの機会に入りませんか?」
「これだけの補償が付いてますので安心ですよ、」
………………………………………………………………

このような感じでお願いしていたために
相手の返事は「後で考えておきます」と
簡単に断わられてしまうのです。

ですのでこれからは
「その保険が欲しい」と思わせるように
話しを持って行きます。

こんな感じです。
   ↓ ↓ ↓
………………………………………………………

「この保険は(  )に特化したものですので、
通常と違って(   )があります。

実際、今回契約されたお客様の中には
この保険を手に入れたことによって
これからの生活が安心して暮らせるので良かったと
喜んでくれる方も多くいらっしゃいますし、
(  )が変わったとおっしゃる方もいます。

中には自分だけではなく知り合いの方にも
勧めて見たらすごく良かったと教えてくれました。

それだけこの保険は今後の
豊かな生活を手に入れる夢がたくさん入っているので
皆さんから喜ばれているんですね。

ただ、今回ご紹介している保険は
誰にでも勧めている訳ではありません、
(  )に該当する方にだけご案内していたんです、

もし、考えて見たいと言うことでしたら
仮のご予約と言う形で受け付けることも可能ですが、
いかがなさいますか? 」
……………………………………………………

と言った感じで
「誰にでも勧めているのではないので
 あなたはどうしますか?」
と相手に伺いをたてるようにします。

考え方としては、
………………………………………………
「誰にでも勧めている訳ではない、
(  )に該当する方にだけ案内しているので、
 仮の予約と言う形で受けることも可能だが、
 あなたはどうしますか?」
………………………………………………

と言った「希少性の価値」を示すことで
あなたにしか勧めていない保険なんですよ、
と思わせるようにするのがポイントです。

後はその保険にどれだけ興味を持たせるかで
「それじゃ今回頼んでみようかな、」と
思わせることも出来るようになります。

今回の内容を参考にして見てください、
お役に立てれば光栄です

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
話しを聞いてもらえる飛び込み訪問の仕方など
効果的な「最新の営業ノウハウ」がありますので、
こちらもご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事

保険の営業で悩んでいる方へ、この工夫なら今からでも結果を出すことができる [営業方法]

あなたもこのような悩みを持ったことは
ありませんか?

営業成績が伸びないので悩んでいる・・・
新規件数が少ないので落ち込んでいる・・・
他の人よりも営業能力が劣っているかも・・・

いかがですか、
このような悩みを解決出来る方法があるとしたら、
あなたも試して見たいと思いませんか?

そもそも他人と比べてしまうのは
自分に自信が無い時に見られる傾向ですから、
その自信を変えるようにすれば解決します。

たとえば営業成績が悪いと言うのは、
それだけの行動しかしていないことが多いので
もっと行動量を増やすことで解決出来ます。

新規件数が少ないと言うのも
見込み客の件数が少ないと言うのがありますので、
もっとアプローチを増やすことで解決します。

そして営業能力が劣っているかも知れないと言うのは
今まで以上に行動量を増やすことで変わりますから、
営業能力を向上させることも可能になります。

つまり、
・営業成績が悪い、
・新規件数が少ない、
・営業能力が無いと言う悩みは

自分が行動している件数の中だけで
自分で勝手に決めつけているだけのことですから、
もっと可能性はあると言うことです。

やるべきことはただひとつ、
行動量を増やすことに全力をあげることです。

そうすれば今まで以上の結果を残すことも可能になりますし、
悩んでいたことも小さなことだと思うように
なるからです。

これからの自分を変えることができます、
やればやった分の結果は必ず付いてくるのですから、
ただひたすら行動量を増やせば良いのです。

ですから結果が欲しいと言うのであれば、
今すぐ行動してください。

明日からではなく今すぐです!
それが結果の出る最善の策だからです

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
話しを聞いてもらえる飛び込み訪問の仕方など
「効果的な最新の営業ノウハウ」がありますので、
こちらもご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で「会話を続けることができる」ひとつの工夫 [飛び込み訪問]

保険の新規開拓で上手くいかず、
「効率の良い方法は無いだろうか?」
と悩んでいる方も多いと思います。

今回はそんな悩んでいる方のために、
ひとつの方法をご紹介したいと思います。

まずは個人宅への飛び込み訪問ですが、
他社でも毎日のように訪問していますから、
「保険の話なら間に合っている、」
と断わられることが多いですよね。

それだけ訪問営業が多いと言うことです。

例えばあなたが初めて訪問する先であっても、
相手からすれば
「今日は保険の営業マンが多くて嫌になる、」
と言う方もいるはずです。

では、どのようにすれば話しを聞いてくれのか?
と言うことで、

「資料を貰うだけならいいか、」
と思わせる流れで
会話を続ける工夫があります。

たとえばこんな感じです。
……………………………………………………………

営業「先ほどの奥さんから
   今の保障内容で
   掛け金を安くなるなら教えて欲しい、
   て言われたんですが、

   奥さんの方でも
   今と同じ内容で掛け金が安くなるなら
   喜んでもらえますか? 」

奥様「あ~でも保険のことは
   うちの人に聞いて見ないと・・」

営業「そうですよね、
   聞いて見ないと分からないですよね、

   そこでたとえばなんですが、
   掛け金が安くなるのは
   助かるとおっしゃる方も多いので、
   そう言った方向けに資料を差し上げていたんですね、
   奥様もいかがですか? 」

奥様「あ~それじゃ、
   郵便受けに入れてくれますか?」←(話しが終わると思い安心する)

営業「郵便受けですね、
   ありがとうございます。
   それでは資料に入れる内容で
   何点かお聞きしたいと思いますが、
   今少しだけ宜しいですか? 」

奥様「ああ、ちょっとお待ちください。」←(胸の内:資料貰うだけだからいいか・・)

   ドアが開く・・・

営業「ありがとうございます。
   それでは比較しやすいように
   今掛けている保険について
   ちょっと教えて欲しいのですが・・・ 」

……………………………………………………………

と言った流れで話しを進めていけば、
今まで以上に会話をすることが出来ますし、
ドアを開けてくれる方も出てきます。

ほとんどの方は
すでに何らかの保険に入っていますから、
聴く耳を持たせるにはどうしたらいいのか?
と言った部分で皆さんも苦労していたと思います。

そこで相手が知りたくなる情報を伝えながら、
資料提供と言う分りやすい話しをすることで
会話を続けていくようにしたのがポイントです。

「資料だけなら・・・」と思わせておいて
あとは相手の状況を訊きだして会話を続ける・・

この流れで持っていくようにすれば、
その後の展開も進ませることが出来るのです。

どうぞ、参考にして見てください。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
話しを聞いてもらえる飛び込み訪問の仕方など
効果的な「最新の営業ノウハウ集」がありますので、
こちらもご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

あれだけ苦労していた保険の営業が、このようなトークに替えるだけで見込み客が増える [営業方法]

あなたが今使っている保険の営業トークで
アポは取れているでしょうか?

取れていると言うのであれば問題ありませんが、
思うようにアポが取れていないと言うのであれば、
トークの見直しが必要になってきます。

たとえば毎回同じトークで訪問している場合、
「また保険の話しですか、今は必要ありません!」
と言ったようにすぐ断わられる時は
それ以上の進展は見込めません。

何度訪問してもアポは取れないのですから、
違う入り方のトークが必要だからです。

実際、入り方のトークを変えることによって
相手があなたを見る印象も違って来ますし、
その後の展開も変えることも出来るのですから
今まで以上の成果を上げることも可能になります。

何よりもトークの内容を工夫することで
営業能力のスキルを向上させることも出来ますから、
モチベーションを高めることも可能になるからです。

そこで、保険の営業トークを工夫するコツです。

(1)保険の売り込みと思わせないこと、
(2)面倒な話しだと思わせないこと、
(3)その話しを聞かせて欲しいと思わせること、

このような内容をトークに織り交ぜることで
冷たくインターホンを切られることも少なくなりますし、
アポイントも取れるようになります。

「またその話しか、」と言われないで
話しを聞いてもらえる保険の営業トークがあれば、
あなたも試して見たいと思いますよね。

でも、効果的なトークが思い浮かばない・・・
どうすれば話しを聞いてもらえるのか分らない・・

そんな時はこちらを参考にしてください。

色々な場面に使える営業トークがありますので、
今まで苦労していた保険の営業にも役立ちます。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事

保険の営業で断わられても「会話を続けられるコツ」、これなら見込み客も増える [営業方法]

保険の営業は断られるのが当たり前だ・・
と良く言われますが、

それでも結構です、
・必要ありません、
・もう来ないで下さい、

といったように言われると
さすがに落ち込んでしまいます。

断られずに済む方法があったら
どれだけ気が楽か・・・

そんな落ち込んでいるあなたに
気を和らげる営業の仕方がありますので、
その工夫をご紹介したいと思います。

その方法と言うのが、
相手から断わられても話しを続けられるコツです。
………………………………………………………
(1)相手の断わりを一旦受け止める
(2)受け止めた後は同調させ話を続ける
(3)保険の意外性を教えてあげる
………………………………………………………

この流れで話しを続けると
今まで以上に会話も続けることが出来ますので
実際にどのようにすればよいのか、
こちらの会話をご覧下さい。

        ↓ ↓ ↓

奥様「保険はもう入っているので
    これ以上入る余裕が無いですね・・・ 」

営業「そうですよね、
    これ以上入る余裕は無いですね、
    わかりました。

    ところで最近よく言われるんですが、
    2つ以上の保険に入られている方が
    もう一度、見直しをしたら(    )だった・・・
    と言うことなんですが、
    ご存知でしたか? 」

相手「え、そうなんですか?」

営業「ええ、そうなんです。
    それが分かっただけでも
    良かったとおっしゃる方も多いんですが、
    奥様もご存じなかったですか?」

相手「そうですね、
    知らなかったですね、」

営業「そうですよね、
    そこで、こちらをちょっと見て貰いたいんですが、
    ・・・・・・・・・  」

と言った感じで
会話を進めて行くことができるようになります。

相手と会話を続けることが出来れば
そのあとの展開も変わってきますし、
相手から頼りにされることになりますから
信頼を得ることも可能になります。

ポイントは、他の人でも
そう思っている人もいるんだな・・・・
と思わせるようにすることです。

そうすれば
今まで以上に見込み客も増えますよ。

どうぞ、お試し下さい。

その他
保険の営業現場で使えるノウハウを知りたい方は
こちらにも参考になる保険のノウハウがありますので、
ご覧になってください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事

保険の営業で成功する秘訣は「自分だけの営業トーク」を持つこと [営業方法]

保険の営業で結果を出すには努力が必要ですし、
継続した営業活動も必要です。

ですが、一生懸命努力したとしても
それが結果に反映されなければ、
保険の仕事を続けていくことは出来ません。

なぜなら保険業界にはクリアすべき
営業成績の最低目標ラインがあるからです。

そんな厳しい保険の営業ですが、
もし今のやり方で結果が出ないのであれば
営業方法を変えるしかありません。

たとえばよくあるパターンとして、

「今のところ間に合っています、」
「その話しなら必要ありません、」

と言ったように、
お決まりの断わり文句が出て
話しを聞いて貰えないと言うのであれば
トークを変える工夫が必要です。

そもそも「その話なら断わっているので、」
と言った言葉が出るのは、

同じような保険の話しが毎回来るために
断わっている方が多いと言うことです。

そうなる理由として大きいのは
会社で教えられたトークの未熟さにあります。

どの保険会社でも
同じようなトークを使っているのであれば
「また保険の話しか」となるからです。

そうならないためにするには、
自分だけの営業トークを持つ工夫が必要です。

自分だけのトークなら相手の反応も違って来ますし、
冷たく断わられる件数も少なくなれば
営業するモチベーションも違って来ます。

では、そのトークをどのようにして作るのか?
と言うことになりますが、

そのトークを作るヒントは
断わって来る相手方にあります。

断わる理由は分っているのですから、
それを逆に利用すればよいのです。

そこで、このような想いを持ってください。

(わかっていますよ、
 保険の話しは聞きたくないと言うことを、
 ご安心下さい、
 あなたに押し付ける話しではないので
 大丈夫ですよ。)

この想いを相手に伝わるように
そんなトークに置き換えて話すようにすれば、
相手も安心して聞いてくれるようになります。

では、実際どのようなトークで語れば良いのか?
そのトークの内容を知りたいと言う方は
こちらを参考にして見てください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg




共通テーマ:仕事

保険の営業で「結果を出せる営業ノウハウ」を知っていると契約も決まりやすくなる [営業方法]

毎日保険の新規開拓をしている中で
もしも相手からすぐ断わられてしまう時は
あなたの攻め方が単調になっている証拠です。
 
相手側にして見れば
そんな話しには興味が無いと言うことで
断わってくる方が多いからです。
 
では一生懸命営業しているのに
なぜ話しを聞いてくれないのでしょう?
 
それは他の営業マンと同じ様に
自分の都合で保険を売り込もうとするために
そんな話しは聞いていられないと言うことで
相手は断わってくるからです。
 
そもそもあなたが勧める保険は
相手にとって最初から必要としているものでは
ありません。
 
本人が希望して話しを聞く訳ではありませんし、
今すぐ必要とするものでもありませんよね。
 
ゆえに営業マンから聞かされる話しに対しては
拒絶反応を示すのは当然なのです。
 
では、どのようにすれば話しを聞いて貰えるのか?
 
そんな苦労しているあなたに
参考になる営業ノウハウがあります。
 
たとえば保険の説明をするにしても
ちょっとした工夫で相手が受ける印象も変わりますし、
話し方ひとつで契約が決まる場合もあるからです。
 
それが出来るのも
効果的な営業ノウハウを知っているかどうか、
そこで変わって来るからです。
 
逆を言えば効果的な営業ノウハウを知らないと
いつまでたっても契約を頂くことは
出来ないと言うことです。
 
もしあなたも保険の営業で苦労しているのであれば、
そんなノウハウを参考にして見てはいかがでしょう。
 
きっと苦労していたことを忘れてしまうほど
順調な営業活動をすることが出来るようになりますよ。
 
その効果的営業ノウハウを知りたいと言う方や
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


7347687.jpg


 



共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で相手の加入状況を訊きだしながら「会話を続けるコツ」 [営業方法]

保険の新規開拓が上手くいかず、
「効率の良い方法は無いだろうか?」
と悩んでいる方も多いと思います。

今回はそんな方のために
会話を続けられるコツをご紹介します。

まずは最初の入り方です。

ご存知のように、
さまざまな会社から営業されることが多く、
「その話なら必要ありません、」
と断わられることも珍しくありません。

それだけ電話や訪問してくる営業マンが
多いと言うことです。

あなたが初めて営業する先であっても
相手からすれば「またその話しか、」
になってしまいます。

では、どのようにすれば
相手と会話を続けることが出来るのか?

それは「資料ならいいか、」と思わせる流れで
会話を続けていくようにすることです。

このような感じです。
…………………………………………………………

営業「先ほどの奥さんからも
   保険はすでに入っているので
   これ以上入る余裕が無いと言われたんですが、

   そこで今の保障内容で掛け金を安くする
   方法があるんですよと教えてあげたんですね。

   奥さんの方でも
   今の保障と同じで掛け金が安くなるなら
   ご迷惑になりませんか? 」

奥様「そうね~
   でも保険のことは
   うちの人に聞いて見ないと・・」

営業「そうですよね、
   ご主人に聞いて見ないと分かりませんよね、

   ※たとえばですが、  ←(ここから相手に聞く姿勢にさせるポイント)
   掛け金が安くなるのは
   助かるとおっしゃる方も多いので、
   もし、考えてもいいかな?と言う事でしたら、
   参考になる資料を郵送することも出来ますが、
   いかがなさいますか? 」

奥様「そうですか、それじゃ、
   資料だけでも送ってくれますか?」←(話しが終わると思い安心する)

営業「ええ、よろしいですよ。
   それでは何点かお聞きしたいと思いますので
   宜しいですか? 」

奥様「ええ、いいですよ。」←(胸の内:送って貰うのだからいいか・・)

営業「ありがとうございます。
   それでは比較しやすいように
   今掛けている保険について
   ちょっと教えて欲しいのですが・・・ 」

……………………………………………………………

と言った流れで話しを進めていけば
今まで以上に会話をすることが出来ますし、
見込み客に発展させることもできます。

ほとんどの方は何らかの保険に入っていますから、
自分の話しに聴く耳を持たせるにはどうしたらいいのか?
と言った部分で苦労していたと思います。

そこで相手が知りたくなるような情報を伝えながら
資料を送りますのでと言った安心感を与えることで、
会話を続けていくようにするのがポイントです。

「資料だけならいいか・・」と思わせておいて
あとは相手の加入状況を訊きだして会話を続ける・・

この流れで持っていくようにすれば、
その後の展開も有利に進ませることが出来ます。

どうぞ参考にして見てください。

その他、
保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で使えるちょっとしたコツが営業成績を変えることが出来る [飛び込み訪問]

保険の飛び込み訪問は断わられることが多く、
苦労している方も多いと思います。

今回は飛び込み訪問に使えるちょっとしたコツで
相手の反応を変えることが出来るノウハウを
ご紹介したいと思います。

まずはよくあるパターンです。
………………………………………………

営業「新しい保険が出ましたので
   皆様にご紹介する為にお伺いしました、
   今よろしいですか?」

………………………………………………

このように「今よろしいですか?」
と言った入り方をすると、

「忙しいので・・・」
「これから出かけるので・・・」
「保険は間に合っているので・・」

と言ったように断わりやすくなり、
すぐ終わってしまいます。

そこでこちらのトークです。
………………………………………

営業「新しい保険が出まして、
   皆様にどのような保険なのか
   情報をお知らせするために
   お伺いしていたんですね、

   1、2分ですぐ終わりますので、
   宜しくお願いします。」

………………………………………
と言った感じで、
「すぐ終わるならいいか」
「新しい情報なら聞くだけでも」

とイメージさせることによって
話しを聞いてくれる方も増えるようになります。

今までのように
「話を聞いたら面倒くさい」とか、
「契約させられるかも?」と言った流れに
してしまうと誰も話しを聞いてくれません。

それが
「情報を教えています」
見たいな感じでイメージしてあげると
話しだけでも聞いて見ようかと
出てくる方も増えます。

飛び込み訪問の基本は、
面倒な話しでは無いことを伝え
そして新しい情報を聞くことが出来ると言った
自分にプラスになるイメージを与えることです。

そうすれば
相手の印象を変えることも出来ますので
今まで以上に契約を取れるようになります。

どうぞお試しください、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的営業方法を知りたい、
テレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


7347687.jpg

 

 



共通テーマ:仕事

保険の勧誘で話しを聞いてもらえない時、こうすれば聞く耳を持たせることができる [営業方法]

保険業界全般に言えることですが、
ほとんどの方はすでに何らかの保険に
加入済みです。

ましてや通販型の保険や
掛け金の安い共済や全労災と言った
保険の外交員と関わらずに
簡単に加入出来る時代ですから、

保険の勧誘をする際に
話しを聞いてくれる人は少ない・・・
と言うのが現状です。

保険に入っている方が多いのですから、
これ以上入る余裕も無ければ
お金も無いと断わる方が多いのです。

では、保険の勧誘は無理なのか?
と言うことになりますが、

何も対策を立てずに
そのまま営業するようなことであれば、
当然、結果を得ることは出来ません。
 
「保険は入っているので大丈夫です、」
「これ以上入る余裕が無いので・・・」
「知り合いに保険屋さんがいるので・・」
 
このように入り口部分で
断わられてしまうだけです。
 
保険に入っているのだから
これ以上話しを聞く必要が無いと
思っている方が多いんですね。

そこで対策です。
 
保険の商品を勧めようとするのでは無く、
保険の必要性を教えてあげる、あるいは
相手が気付いていないことなど
この保険屋さんの話しを聞かないと
後で損をするかも・・・
 
と言った想いをさせる入り方であれば、
 
保険の営業マンではなく
頼りになる保険のアドバイザーとして
あなたを見てもらえるようになりますし、

保険に関する相談事はすべて、
こちらに来させることも可能になるのです。
 
そうなれば
保険の見直しもスムーズに行きますし、
知り合いの方など紹介してくれることも
期待できるようになります。
 
このように
相手から話しを聞かせて欲しいと
言わせるノウハウや法人・個人問わず
電話の伝え方や訪問に役に立つ入り方など
すぐ使えるノウハウを探している方は
こちらをご覧になってください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

保険の商談で使える「その場で契約をいただくコツ」 [営業方法]

今回は保険の商談で契約を頂くコツを
ご紹介したいと思います。

よく言われる言葉で多いのが
・後で検討しておきます
・主人と相談して見ますので、
・後で電話します
と言った言葉です。

さて、相手から「検討しますので」
と言われた時に良い結果になったことは
あるでしょうか?

ほとんどありませんよね。

後で検討して電話くれると言ったのに
電話がないので自分からして見ると、

奥様「ごめんなさい、
   あれから主人と相談したんだけど
   今はまだいいからと言われて・・・」

と返事をないがしろにされてしまう始末。

検討するからと言われて
その言葉を信じて待っていたのに、
期待はずれで終わってしまうことが多い現実。

これが「後で検討します」の隠された本当の意味です。

そこで契約を頂くコツです。

そもそもその場で決めずに
「後で検討しますので・・・」
と返事を先延ばしにすると言うことは、

その場で決断することができなかったことへの
裏返しです。

本来きちんと説明したのならば
その場で返事を貰うのが営業の仕事です。

契約して初めて成績になるのですから、
その場で返事(契約)をもらえなければ
仕事をしたことにはなりません。

ゆえに「検討しますので」と言葉が出たら、
相手に満足いく説明が足りなかったのですから
次のように話して見てはいかがでしょう。

営業「そうですか
   検討して頂くと言うことですね、
   ありがとうございます。
   では、もう少し検討しやすいように
   気になる点を説明したいと思いますが、
   検討するとしたらどの部分になりますか?」

このようにどの部分が足りないのか相手に聞いて
そこの部分をもう一度丁寧に説明します。

せっかく話しを聞いて貰えたのですから、
相手からその場で契約を頂くためにも
返事を先延ばしさせない工夫も大事です。

実際先延ばしをしても
良い返事を貰えないことが多いのですから、
それならこの場ではっきりしたほうが
気持ち的にも楽になると言うものです。

今まで相手の返事を聞くのも怖かったと
言う方もいるでしょう、

そんな遠慮していても
契約を貰うことはできないのですから、
そればらその場で相手から返事をもらえるように
どんどん聞いて見てはいかがでしょう。

それが契約を頂くひとつのコツです。
どうぞお試しください。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg

 


共通テーマ:仕事

保険の営業で「アポが取れるコツ」、それは視点を変えることで取れるようになること [営業方法]

保険の営業でよく言われるのが
「アポが取れるコツを教えてほしい」
と言った内容です。

それだけ電話をしても簡単に断わられたり、
訪問してもインターホンで終わってしまうので
思うようにアポが取れず困っている方が多いのです。

ですが、テレアポや訪問される側にして見れば
毎日のように売り込みの営業が多いので
受ける側も警戒するのは当然です。

では、今やっているテレアポや訪問で
アポイントを取ることは出来ないのかと言うことですが、
そんなことはありません。

工夫次第で幾らでも精度を上げることは可能ですから、
そのやり方を工夫すれば良いのです。

そこでどのようにして
工夫すれば良いのかと言いますと、

まずは営業を受ける側の立場になって
視点を変えることで攻め方も見えてきます。

自分がされて嫌なのは相手も同じだからです。

その際、面倒だな、迷惑だな、と言ったように
声のトーンから反応が良くないと感じたなら、
「このような電話はよくかかってくるんですか?」
と質問します。

質問することによって
会話を続けるキッカケにもなりますし、
相手に「そうなんですよ」と言わせることで
自分は理解者であると印象付けることが
出来るからです。

このように相手の心理に語りかける工夫は
いくらでもあります。

最初の一言で相手を引きつけるトークや
あなた自身に使えるオリジナルトークなど
場面に応じた営業トークなら効果も違って来ますので、
参考にしたいと言う方はこちらをご覧ください。

7347687.jpg


 

nice!(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で事務員に断わられても「次につながる印象」で成功できるコツ [テレアポ]

保険の営業で会社関係に電話をすると
受付や事務員と言った同じ人が出るケースが
よくあります。

たとえば保険の案内で電話した時に事務員から、
「その話しでしたら必要ありません、」
「断わるように言われておりますので・・」
と言ったように拒絶された場合、

「わかりました、失礼します。」
と簡単に電話を切ってしまうと、

相手の事務員はあなたの電話を営業だと見なし、
何度電話をしても取り次いでくれません。

なぜなら、
「また保険の勧誘か」となってしまうからです。

そこでたとえ事務員から冷たく断わられても
次につながる印象を残すことが大事ですから、
それには「感謝の気持ち」を伝えるようにすると
相手の記憶に残すことができます。

こんな感じでトークを締めるのもひとつの工夫です。
…………………………………………………………………

事務「そう言った話しは
   断わるように言われておりますので・・」

営業「そうですか、
   今のところ間に合っていると言うことですね。
   わかりました。

   ところで今すぐではないんですが、
   御社にお役に立てる情報も入ってきますので
   その時はご紹介したいと思います。

   リスクを減らす意味でも
   お役に立てる内容となりますので
   その時はまたご案内したいと思います。

   本日はお忙しい所、
   ありがとうございました。
   失礼いたします。」

…………………………………………………………………

と言った感じで終われば次も電話しやすくなりますし、
お互い嫌な思いを引きずることはありません。

相手の心証を良くするのも大事なことですので
次につながる電話をして見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約本数が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の保険営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事
前の30件 | -