So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の30件 | -

保険の営業で「結果を出せる営業ノウハウ」を知っていると契約も決まりやすくなる [営業方法]

毎日保険の新規開拓をしている中で
もしも相手からすぐ断わられてしまう時は
あなたの攻め方が単調になっている証拠です。
 
相手側にして見れば
そんな話しには興味が無いと言うことで
断わってくる方が多いからです。
 
では一生懸命営業しているのに
なぜ話しを聞いてくれないのでしょう?
 
それは他の営業マンと同じ様に
自分の都合で保険を売り込もうとするために
そんな話しは聞いていられないと言うことで
相手は断わってくるからです。
 
そもそもあなたが勧める保険は
相手にとって最初から必要としているものでは
ありません。
 
本人が希望して話しを聞く訳ではありませんし、
今すぐ必要とするものでもありませんよね。
 
ゆえに営業マンから聞かされる話しに対しては
拒絶反応を示すのは当然なのです。
 
では、どのようにすれば話しを聞いて貰えるのか?
 
そんな苦労しているあなたに
参考になる営業ノウハウがあります。
 
たとえば保険の説明をするにしても
ちょっとした工夫で相手が受ける印象も変わりますし、
話し方ひとつで契約が決まる場合もあるからです。
 
それが出来るのも
効果的な営業ノウハウを知っているかどうか、
そこで変わって来るからです。
 
逆を言えば効果的な営業ノウハウを知らないと
いつまでたっても契約を頂くことは
出来ないと言うことです。
 
もしあなたも保険の営業で苦労しているのであれば、
そんなノウハウを参考にして見てはいかがでしょう。
 
きっと苦労していたことを忘れてしまうほど
順調な営業活動をすることが出来るようになりますよ。
 
その効果的営業ノウハウを知りたいと言う方や
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


7347687.jpg


 



共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で相手の加入状況を訊きだしながら「会話を続けるコツ」 [営業方法]

保険の新規開拓が上手くいかず、
「効率の良い方法は無いだろうか?」
と悩んでいる方も多いと思います。

今回はそんな方のために
会話を続けられるコツをご紹介します。

まずは最初の入り方です。

ご存知のように、
さまざまな会社から営業されることが多く、
「その話なら必要ありません、」
と断わられることも珍しくありません。

それだけ電話や訪問してくる営業マンが
多いと言うことです。

あなたが初めて営業する先であっても
相手からすれば「またその話しか、」
になってしまいます。

では、どのようにすれば
相手と会話を続けることが出来るのか?

それは「資料ならいいか、」と思わせる流れで
会話を続けていくようにすることです。

このような感じです。
…………………………………………………………

営業「先ほどの奥さんからも
   保険はすでに入っているので
   これ以上入る余裕が無いと言われたんですが、

   そこで今の保障内容で掛け金を安くする
   方法があるんですよと教えてあげたんですね。

   奥さんの方でも
   今の保障と同じで掛け金が安くなるなら
   ご迷惑になりませんか? 」

奥様「そうね~
   でも保険のことは
   うちの人に聞いて見ないと・・」

営業「そうですよね、
   ご主人に聞いて見ないと分かりませんよね、

   ※たとえばですが、  ←(ここから相手に聞く姿勢にさせるポイント)
   掛け金が安くなるのは
   助かるとおっしゃる方も多いので、
   もし、考えてもいいかな?と言う事でしたら、
   参考になる資料を郵送することも出来ますが、
   いかがなさいますか? 」

奥様「そうですか、それじゃ、
   資料だけでも送ってくれますか?」←(話しが終わると思い安心する)

営業「ええ、よろしいですよ。
   それでは何点かお聞きしたいと思いますので
   宜しいですか? 」

奥様「ええ、いいですよ。」←(胸の内:送って貰うのだからいいか・・)

営業「ありがとうございます。
   それでは比較しやすいように
   今掛けている保険について
   ちょっと教えて欲しいのですが・・・ 」

……………………………………………………………

と言った流れで話しを進めていけば
今まで以上に会話をすることが出来ますし、
見込み客に発展させることもできます。

ほとんどの方は何らかの保険に入っていますから、
自分の話しに聴く耳を持たせるにはどうしたらいいのか?
と言った部分で苦労していたと思います。

そこで相手が知りたくなるような情報を伝えながら
資料を送りますのでと言った安心感を与えることで、
会話を続けていくようにするのがポイントです。

「資料だけならいいか・・」と思わせておいて
あとは相手の加入状況を訊きだして会話を続ける・・

この流れで持っていくようにすれば、
その後の展開も有利に進ませることが出来ます。

どうぞ参考にして見てください。

その他、
保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で使えるちょっとしたコツが営業成績を変えることが出来る [飛び込み訪問]

保険の飛び込み訪問は断わられることが多く、
苦労している方も多いと思います。

今回は飛び込み訪問に使えるちょっとしたコツで
相手の反応を変えることが出来るノウハウを
ご紹介したいと思います。

まずはよくあるパターンです。
………………………………………………

営業「新しい保険が出ましたので
   皆様にご紹介する為にお伺いしました、
   今よろしいですか?」

………………………………………………

このように「今よろしいですか?」
と言った入り方をすると、

「忙しいので・・・」
「これから出かけるので・・・」
「保険は間に合っているので・・」

と言ったように断わりやすくなり、
すぐ終わってしまいます。

そこでこちらのトークです。
………………………………………

営業「新しい保険が出まして、
   皆様にどのような保険なのか
   情報をお知らせするために
   お伺いしていたんですね、

   1、2分ですぐ終わりますので、
   宜しくお願いします。」

………………………………………
と言った感じで、
「すぐ終わるならいいか」
「新しい情報なら聞くだけでも」

とイメージさせることによって
話しを聞いてくれる方も増えるようになります。

今までのように
「話を聞いたら面倒くさい」とか、
「契約させられるかも?」と言った流れに
してしまうと誰も話しを聞いてくれません。

それが
「情報を教えています」
見たいな感じでイメージしてあげると
話しだけでも聞いて見ようかと
出てくる方も増えます。

飛び込み訪問の基本は、
面倒な話しでは無いことを伝え
そして新しい情報を聞くことが出来ると言った
自分にプラスになるイメージを与えることです。

そうすれば
相手の印象を変えることも出来ますので
今まで以上に契約を取れるようになります。

どうぞお試しください、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的営業方法を知りたい、
テレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


7347687.jpg

 

 



共通テーマ:仕事

保険の勧誘で話しを聞いてもらえない時、こうすれば聞く耳を持たせることができる [営業方法]

保険業界全般に言えることですが、
ほとんどの方はすでに何らかの保険に
加入済みです。

ましてや通販型の保険や
掛け金の安い共済や全労災と言った
保険の外交員と関わらずに
簡単に加入出来る時代ですから、

保険の勧誘をする際に
話しを聞いてくれる人は少ない・・・
と言うのが現状です。

保険に入っている方が多いのですから、
これ以上入る余裕も無ければ
お金も無いと断わる方が多いのです。

では、保険の勧誘は無理なのか?
と言うことになりますが、

何も対策を立てずに
そのまま営業するようなことであれば、
当然、結果を得ることは出来ません。
 
「保険は入っているので大丈夫です、」
「これ以上入る余裕が無いので・・・」
「知り合いに保険屋さんがいるので・・」
 
このように入り口部分で
断わられてしまうだけです。
 
保険に入っているのだから
これ以上話しを聞く必要が無いと
思っている方が多いんですね。

そこで対策です。
 
保険の商品を勧めようとするのでは無く、
保険の必要性を教えてあげる、あるいは
相手が気付いていないことなど
この保険屋さんの話しを聞かないと
後で損をするかも・・・
 
と言った想いをさせる入り方であれば、
 
保険の営業マンではなく
頼りになる保険のアドバイザーとして
あなたを見てもらえるようになりますし、

保険に関する相談事はすべて、
こちらに来させることも可能になるのです。
 
そうなれば
保険の見直しもスムーズに行きますし、
知り合いの方など紹介してくれることも
期待できるようになります。
 
このように
相手から話しを聞かせて欲しいと
言わせるノウハウや法人・個人問わず
電話の伝え方や訪問に役に立つ入り方など
すぐ使えるノウハウを探している方は
こちらをご覧になってください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

保険の商談で使える「その場で契約をいただくコツ」 [営業方法]

今回は保険の商談で契約を頂くコツを
ご紹介したいと思います。

よく言われる言葉で多いのが
・後で検討しておきます
・主人と相談して見ますので、
・後で電話します
と言った言葉です。

さて、相手から「検討しますので」
と言われた時に良い結果になったことは
あるでしょうか?

ほとんどありませんよね。

後で検討して電話くれると言ったのに
電話がないので自分からして見ると、

奥様「ごめんなさい、
   あれから主人と相談したんだけど
   今はまだいいからと言われて・・・」

と返事をないがしろにされてしまう始末。

検討するからと言われて
その言葉を信じて待っていたのに、
期待はずれで終わってしまうことが多い現実。

これが「後で検討します」の隠された本当の意味です。

そこで契約を頂くコツです。

そもそもその場で決めずに
「後で検討しますので・・・」
と返事を先延ばしにすると言うことは、

その場で決断することができなかったことへの
裏返しです。

本来きちんと説明したのならば
その場で返事を貰うのが営業の仕事です。

契約して初めて成績になるのですから、
その場で返事(契約)をもらえなければ
仕事をしたことにはなりません。

ゆえに「検討しますので」と言葉が出たら、
相手に満足いく説明が足りなかったのですから
次のように話して見てはいかがでしょう。

営業「そうですか
   検討して頂くと言うことですね、
   ありがとうございます。
   では、もう少し検討しやすいように
   気になる点を説明したいと思いますが、
   検討するとしたらどの部分になりますか?」

このようにどの部分が足りないのか相手に聞いて
そこの部分をもう一度丁寧に説明します。

せっかく話しを聞いて貰えたのですから、
相手からその場で契約を頂くためにも
返事を先延ばしさせない工夫も大事です。

実際先延ばしをしても
良い返事を貰えないことが多いのですから、
それならこの場ではっきりしたほうが
気持ち的にも楽になると言うものです。

今まで相手の返事を聞くのも怖かったと
言う方もいるでしょう、

そんな遠慮していても
契約を貰うことはできないのですから、
そればらその場で相手から返事をもらえるように
どんどん聞いて見てはいかがでしょう。

それが契約を頂くひとつのコツです。
どうぞお試しください。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg

 


共通テーマ:仕事

保険の営業で「アポが取れるコツ」、それは視点を変えることで取れるようになること [営業方法]

保険の営業でよく言われるのが
「アポが取れるコツを教えてほしい」
と言った内容です。

それだけ電話をしても簡単に断わられたり、
訪問してもインターホンで終わってしまうので
思うようにアポが取れず困っている方が多いのです。

ですが、テレアポや訪問される側にして見れば
毎日のように売り込みの営業が多いので
受ける側も警戒するのは当然です。

では、今やっているテレアポや訪問で
アポイントを取ることは出来ないのかと言うことですが、
そんなことはありません。

工夫次第で幾らでも精度を上げることは可能ですから、
そのやり方を工夫すれば良いのです。

そこでどのようにして
工夫すれば良いのかと言いますと、

まずは営業を受ける側の立場になって
視点を変えることで攻め方も見えてきます。

自分がされて嫌なのは相手も同じだからです。

その際、面倒だな、迷惑だな、と言ったように
声のトーンから反応が良くないと感じたなら、
「このような電話はよくかかってくるんですか?」
と質問します。

質問することによって
会話を続けるキッカケにもなりますし、
相手に「そうなんですよ」と言わせることで
自分は理解者であると印象付けることが
出来るからです。

このように相手の心理に語りかける工夫は
いくらでもあります。

最初の一言で相手を引きつけるトークや
あなた自身に使えるオリジナルトークなど
場面に応じた営業トークなら効果も違って来ますので、
参考にしたいと言う方はこちらをご覧ください。

7347687.jpg


 

nice!(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で事務員に断わられても「次につながる印象」で成功できるコツ [テレアポ]

保険の営業で会社関係に電話をすると
受付や事務員と言った同じ人が出るケースが
よくあります。

たとえば保険の案内で電話した時に事務員から、
「その話しでしたら必要ありません、」
「断わるように言われておりますので・・」
と言ったように拒絶された場合、

「わかりました、失礼します。」
と簡単に電話を切ってしまうと、

相手の事務員はあなたの電話を営業だと見なし、
何度電話をしても取り次いでくれません。

なぜなら、
「また保険の勧誘か」となってしまうからです。

そこでたとえ事務員から冷たく断わられても
次につながる印象を残すことが大事ですから、
それには「感謝の気持ち」を伝えるようにすると
相手の記憶に残すことができます。

こんな感じでトークを締めるのもひとつの工夫です。
…………………………………………………………………

事務「そう言った話しは
   断わるように言われておりますので・・」

営業「そうですか、
   今のところ間に合っていると言うことですね。
   わかりました。

   ところで今すぐではないんですが、
   御社にお役に立てる情報も入ってきますので
   その時はご紹介したいと思います。

   リスクを減らす意味でも
   お役に立てる内容となりますので
   その時はまたご案内したいと思います。

   本日はお忙しい所、
   ありがとうございました。
   失礼いたします。」

…………………………………………………………………

と言った感じで終われば次も電話しやすくなりますし、
お互い嫌な思いを引きずることはありません。

相手の心証を良くするのも大事なことですので
次につながる電話をして見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約本数が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の保険営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



共通テーマ:仕事

保険の営業で「結果を出せる訪問トーク」とは? [飛び込み訪問]

今回は保険の飛び込み訪問について
新規獲得につながる訪問の仕方と言った
コツになるノウハウをご紹介します。

まずは個人宅や会社関係に訪問しても
インターホンで断わられてしまう・・・
あるいはキーマンに取り次いで貰えない・・・
それ以前に会話を続けるトークが出てこない・・・

このような状況が続いてしまうと
さすがに結果を残すことはできません。

そこで新規開拓で思うような結果が出ない時は
飛び込み訪問のやり方を変えることです。

たとえば、
・訪問リストを変えて見る
・訪問する時間帯を変えて見る
・今使っている訪問トークを変える

このように今までとは違う工夫をすることで
結果を出すようにします。

あなたも新鮮な気持ちで訪問することが出来れば
今までの嫌な流れを変えることも出来ますから、
可能性を見つける意味でも試して見る価値は
あります。

さらに相手の興味を引きつける訪問トークが
思いつかなくて困っていると言ったような場合は、
次のような工夫をしてください。

その工夫と言うのは、
「自分を相手に立場に置き換えて見る、」
と言った考え方です。

たとえば、
「自分ならこう言われたら
思わず聞いてしまうだろうな・・・」
と言った置き換えです。

よく見られるのは保険の内容やメリットについて
一生懸命説明している営業マンもいますが、
それでは相手の興味を引き付けることは
できません。

なぜならそのような内容は
カタログやインターネットで調べれば分かりますから、
それだけで相手に興味をもたらすことは
出来ないからです。

大事なのはその保険を手に入れることによって、
“安心して生活している未来の自分の姿”を
イメージさせてあげること。

人は今の自分よりも
安心して過ごしている未来の姿が見えれば
それを手に入れたいと思う方もいますし、
たとえ掛け金が増えたとしても
喜んで契約する人も出てくるからです。

喜んでいる未来の自分と
安心して生活している姿が見えるトークを使って
あなたも試して見てください。

きっと話しを聞いてくれる方が
増えるようになりますよ、

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約本数が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の保険営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg






共通テーマ:仕事

保険の営業で飛び込み訪問が辛い方へ、この工夫なら気軽に何度でも訪問できる [飛び込み訪問]

保険の新規開拓で苦労している方へ、
飛び込み訪問する際にコツとなる工夫を
ご紹介したいと思います。

ご存知のように
保険の飛び込み訪問をすると、

「保険は今のところ必要無いです、」
「今はまだ間に合っていますので・・」

と言ったように
簡単に断わられる件数が多いために
落胆も大きくなります。

その落胆してしまう気持ちが
飛び込み訪問をさらに辛くしてしまいます。

これでは飛込み訪問する気力や勇気も
無くなってしまいますよね。 

そこであなたに質問です、
あなたがしている営業はこんな感じですか?

・保険を売り込む前に自分を売り込め
・周りの雰囲気からほめる箇所を見つけろ
・相手の興味を見つけてそこから話題を作れ
・一度断わられたくらいであきらめるな、

いかがでしょう、

このような感じで訪問されても
相手側にして見れば話しを聞くのも面倒くさい
と言うことで、

「今のところ必要無いですから・・」
と簡単に断わってくるのです。

これでは辛いだけの営業に
なってしまいますよね。

そこで、
気軽に飛び込み訪問が出来る工夫です。

それが
「情報収集をする営業」と言う工夫です。

情報収集をする営業と言うのは、
最初から保険を売り込むのではなくて
相手の状況を幅広く収集することによって
あなたと言う人間性を知って貰うために
訪問することです。

お互いの信頼関係を築くことが出来れば
自然と肩の力も抜けてリラックスした話しを
することも出来るようになりますから、
冷たく断わられる件数も減って来ると言う
効果もあります。

あなたも次につながる訪問の仕方として
相手の情報収集をすると言う感覚で
訪問して見てはいかがでしょう。

そうすれば辛いだけの営業ではなく
次の訪問も気軽に出来るようになりますから
結果も出るようになりますよ。

どうぞ、お試しください。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


7347687.jpg


 



共通テーマ:仕事

保険の営業で「その保険に入らせてほしい」と相手に言わせる工夫 [営業方法]

保険の営業する上で大事なのは
自分の立場で保険を勧めるのではなくて、

「この保険(相手が必要とする保険)は
 自分の家族のためにも必要なので
 ぜひ入らせてほしい、」

と言わせるように「話しの流れ」を持って行くこと。

こちらからお願いするのではなくて
相手から「入らせてほしい」と言わせることで
契約率をアップさせることも出来るからです。

さらに知り合いの方を紹介してくれることも
期待できるようになります。

もう一度
自分の営業スタイルを思い返して下さい。

相手に保険を勧める時に
・あなたの家族のために必要ですよ、
・今のうちに入っておいた方が安心ですよ、

と言った相手(家族)のためにと言う言葉を
出していたはずです。

ですが、その言葉と言うのは
相手の耳には違って聞こえて来ます。

こんなふうに聞こえています。
………………………………………………………………………

「この保険に入らないと後で大変なことになりますよ、
 今ならこの金額で入れるのでお得ですよ、
 だからこの保険に入ってください。」
………………………………………………………………………

このような感じで
ぐいぐい押されて来るように聞こえますから、

(私や私の家族のためと言いながらも
 自分の成績をあげるために勧めているんでしょ、)
と相手が思ってしまうことです。

実際保険のプランを提示しても契約に至らない、
あるいはプランを出す前に「後で考えておく」
と言われることが多ければ、

それは相手に対して
まだ信用を得られていないと言うことです。

ですので
やることはただひとつ、

相手に対して保険を売るのではなく、
その保険に入らせて欲しいと言わせる
流れを作ること。

そうさせるだけの流れに持って行くことが
契約につながることになるのですから、

いま一度自分の営業スタイルや
会話の流れを見直してみてはいかがでしょう。

そうすれば
これからすべき道筋が見えて来るからです。

その流れをどのようにしたら良いのか分からない
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg





共通テーマ:仕事

保険の営業に役立つ「アポイントが取れるコツ」 [テレアポ]

保険のテレアポをしている
営業マンが居ました。

テレアポされた側は、
話しを聞こうか断わろうかと
電話の内容で判断します。

そうなると
ほとんどが断われるパターンと
なってしまいます。

なにしろ
保険の勧誘が多い訳ですから、
一旦、話しを聞いてしまうと
断わりづらくなって面倒だと
思われてしまうからです。

ゆえに保険の電話と分かると
断わられる方が多いのです。

そうするとテレアポする側は
断わられる件数が多いために、
アポイントが取れず苦労してしまいます。

何十件電話しても
断わられる件数が多い・・・
これでは気持ちも落ち込んでしまいます。

そこで、
気持ちの切り替え方です。

テレアポは相手からして見れば
迷惑極まりない行為です。

頼んでもいないのに
一方的に電話をして来て、

「話しを聞いてほしい」
「会ってほしい」と
お願いされるのですから、
迷惑と思うのは当然ですよね。

ですがテレアポする側も仕事ですから、
そこは何とか話しを聞いてもらいと
アポにつなげることに必死です。

そこで、
テレアポする時のコツです。

それは相手にとって
プラスになる話しであれば、
聴く耳を持ってくれると言う事です。

今までは
「また保険の話か、
 面倒だから断わってしまえ」
と言ったパターンでしたが、
これからは違います。

「そうでなんですか、
それは知らなかったですね、
もっと詳しく教えてくれませんか?」

と言ったように、
相手から「もっと話しを聞きたい」
と言わせる工夫をすれば良いのです。

そうすれば
アポも取れるようになります。

その時のコツは、
「その話しをもっと聞きたい、」
と思わせること。

あなたもそう思わせるように、
話しを組み立てて見てはいかがでしょう。

きっとアポイントも取れるように
なりますよ。

その詳しい内容を知りたい、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg 





共通テーマ:仕事

保険の営業でかんぽ生命でも使える「実践的な営業ツール」なら契約本数がアップする [営業方法]

保険の営業で使えるノウハウのひとつとして、 
今回はかんぽ生命の窓口業務でも使える
保険の契約口数をアップさせる方法について
ご紹介したいと思います。

まずはかんぽ生命でも各種営業ツールを使って
窓口などで保険の勧誘している訳ですが、
思うように行かないのが現状です。

それと言うのも
相手が興味を示すツールが無いからです。

もちろん会社が用意しているチラシはありますが、
それは相手に対して興味を与えるものでは無く
いったん話しを聞いてくれた人が読む内容と
言ったものが多いからです。

ゆえに、保険に関心が無い人に対しては
興味や刺激を与えるには程遠い内容でしか
ありません。

つまり、費用を掛けてチラシを渡しても反応が無いのは
「今ちょうど保険を考えていた・・」と言った人しか
興味を与えることは出来ないのです。

そこで今回ご紹介するのは、
興味の無い人にでも読ませることが出来る
保険の窓口業務でも使える「営業チラシ」です。

それも保険の訪問営業にも使えるツールですから、
飛び込み訪問が苦手な方でも出来るようになりますし、
2回目の訪問で契約を取ることも可能です。

さらに各保険会社の特色を出したのもありますので
どこの所属先であっても心配することはありません。

▼その営業ツールのサンプルがこちらです。

        ↓ ↓ ↓

image2511.jpg

 こちらは「かんぽ生命」の作成例です。

この他にも各保険会社の作成実績がありますので
所属する先に応じて営業チラシを作成しております。

保険の営業現場で使えるツールやノウハウなどを
新規開拓で結果を出したい方に提供しておりますので、

保険の営業でお困りになっている方や
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらをご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


 



共通テーマ:仕事

保険の営業で大事なのは相手に「△△△」を与えること、そうすれば契約本数が増える [営業方法]

保険の営業をする時に
自分が使っている営業トーク以外に
もっと効果的なトークは無いだろうか?
と考えている保険外交員の方に
すぐ使える営業トークがあります。

このポイントを押さえておけば
アポイントが取りやすくなると言うトークです。

ポイントは
「決断は自分が出来るなら安心だな・・ 」
と相手に思わせることです。

たとえばあなた自身に営業電話が
かかって来たとします。

営業の電話ですから、
会って話しを聞いて欲しいと言う内容です。

ですが、会って話しを聞いてしまうと
断わりづらくなると言うのは目に見えていますから、
時間が無いとか今はまだ考えていないと言ったように
あなたもお断わりの返事を出すと思いますが、
いかがでしょう?

会ってしまうと「契約させられる?・・・」
と言った流れになってしまうために
誰でも断ってしまうのです。

ならば、その流れを変えることが出来るとしたら、
いかがでしょう。

話しを聞いてくれる人が増えるようになります。

なにしろ契約しなくてもいい流れならば
どんな話しなのか聞くだけでもいいかな・・・
と思う方が増えるようになるからです。

でもそれだと契約にならないのでは?
と思う方もいるでしょうが心配いりません。 

逆に契約になるチャンスが増えるからです。

もちろんその場で契約を迫るようなことはしませんし、
そう思わせるような話しもしません。

あくまでも「相手の決断に任せる・・・」
と言ったスタンスでいるだけです。

「話しを聞いたからと言って
契約しなければいけないと言うことは
ありませんのでご安心ください。」

と言った言葉を事前に示すことで
話しを聞いてくれるようになりますから、
相手に判断をゆだねる形を取るだけで
契約が増えるようになります。

それが出来るのも
「自分で決断することが出来るなら安心だ」
と言ったように抵抗が少なくなることです。

あなたも相手に対して安心感を与える
そんな営業をして見てはいかがでしょう。

そうすれば契約本数も増えますよ、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg

 



共通テーマ:仕事

保険の営業でどのように話しを勧めたら良いのか困っている方へ、これなら話しを聞いてもらえる [営業方法]

自分が扱っている保険の案内を
どのように勧めたらいいのか分からない・・・
と悩んでいる方もいます。

テレアポや飛び込み訪問をしても
思うように見込み客が出来ないために
どうすれば話しを聞いてもらえるかと
悩んでいる方が多いからです。

なにしろ扱っている保険のほとんどは
たいがいどこの保険会社でも扱っていますから、
差別化は無いと言うのが原状だからです。

もちろん、
会社の規模やネームバリューもありますが、
それよりも営業マンの力量に左右される・・・
と言ったことが大きいこともあります。

そこで、広く浅い営業をするよりも、
狭くそして深い営業を仕掛けることによって、
相手との距離を縮めて信頼を得ると言うのも
ひとつの効果的な方法になりますので
あなたも試して見てはいかがでしょう。

たとえば、
1人で動く行動範囲は限られているのですから
その中で効率良く新規開拓を行うとすれば、
廻る地域を徹底して攻めると言った方法を
取るのも必要です。

すでに実践されている方もいると思いますが、
一極集中型の営業です。

つまり、
ワンブロックの地域を集中して営業を仕掛ける
と言った方法です。

それも1ヶ月単位で行うとメリハリが付きますので、
効果的に廻ることが出来ます。

同じブロック内にある会社や、商店、病院、
工場、作業場、あるいは個人宅と言ったように、
あなたが扱う商品が対象とする先全てを
廻るようにすれば良いのです。
それも一軒も漏らさずに・・・

そうすれば訪問先に迷うことはありません。

そして、実際に営業する場合は
そのブロックにいる全てのキーマンに会うまで
何度でも訪問するようにします。

会って話しをしないと
必要かそうでないかの答えを訊くことが
できないからです。

そこで訪問の仕方はこうします。

1ヶ月を「週単位」として考え、
週単位ごとに廻る地域を決めて訪問します。

そして、次の週は隣りのブロックを廻り、
また次の週はその隣りを廻る。

1ヶ月内に目標とする地域を廻り終えたら、
翌月また同じブロックを廻るようにします。

こうすることによって、
不在で会えなかった先と接触する機会も増えますし、
たとえ前回断わられた相手先であっても、

丁寧に訪問することを続けることによって
あなたを見る目を変えることが出来ますし、
話しを聞いてくれる方も出てきますから、
定期的に訪問する仕組みを作ることが
大事なのです。

さらにポイントになるのは、

この週単位で廻るのは自分と言う存在を
相手方に認知させるのが目的であって、
商品の説明は二の次でかまわないことです。

実際、商品を勧めたところで
すぐ契約してくれると言う方はそういませんから、
じっくり攻めていくことが大事だからです。

今まであなたの話しを聞かなかったのは
あなたが営業マンだったからです。

営業マンであるあなたの話しを聞いたら
契約させられる、と言った危機感を感じるのは
誰もが思うことです。

ですので、
積極的に話しを聞いてくれなかったのです。

そこで、これからの営業は、
保険を勧めると言うよりも自分と言う人間性を
知らせるようにして見てはいかがでしょう。

そうすれば、
相手から話しを持ちかけられるようになりますし、
信頼を得ることも出来るようになりますので
楽に展開を進ませる事も出来るようになるからです。

どうぞ、お試し下さい。
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、
効果的営業方法を知りたいと言う方や、
テレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって見て下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


7347687.jpg



共通テーマ:仕事

保険の「飛び込み訪問」で警戒されない訪問のコツ [飛び込み訪問]

保険の飛び込み訪問で警戒されるのは、
「売り込まれるかも知れない」と言うことがあるために、
どうしてもガードが堅くなってしまうことです。

そこで警戒されないようにするにはどうしたら良いのか?
と言うことになりますが、

最初のアプローチは
売り込みをしないと言う意識で訪問すること。

つまり、
「保険を売り込まれるかも知れない・・」
と思っている相手に対して、

「そんな心配いりませんよ、
今の生活に役立つ情報を届けているだけなので
ご安心下さい。」

と言ったスタンスで接することによって、
(ああ保険の売り込みではないんだな、
それだったら話しくらい聞いてもいいか・・)

と思ってくれる方も出て来ますから、
そこから会話を続けることも出来るように
なることです。

何よりも良い話しを聞かせてくれる保険の専門家として
あなたのことを見てくれるようになりますから、
その後も良好な関係を築く事もできるようになります。

でも、保険を売り込まないで
何を話したら良いのか?と言うことがありますよね、

そこで保険の飛び込み訪問で上手くいくコツは
売り込みになるような印象を与えるのではなくて、
通常、知るところまでいってない保険の知識や
保険を活用した生活に役立つ情報と言ったように、

お役立ち情報を教えているんですよと言った
「情報提供をしています」的なスタンスで
接するようにして見てはいかがでしょう。

そうすれば保険の売り込みと思われずに
話しを聞いてくれる方も増えるようになるからです。

あなたも保険の専門アドバイザーとして
あなたの知っている情報を教えてあげてください。

そうするとあなたの話しを聞きたいと思う人が
今まで以上に増えますよ。

どうぞお試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


7347687.jpg


 



共通テーマ:仕事

保険の営業で簡単に生年月日が訊くことができるアンケート用紙なら営業成績もアップする [営業方法]

前回ご紹介した保険の営業ノウハウが
多くの方から問い合わせがありましたので、
今回もご紹介したいと思います。

まずは保険の営業で使われているのが、
「アンケート」を使った方法です。

相手の氏名と生年月日を知ることで
保険のプランを作成し、

それを提示しながら保険の説明や
「万が一の時に安心ですよ、」
と言った説明をする訳ですが、

相手はアンケートに応じてしまうと
保険を勧められことが分かっていますから、
ほとんど応じてくれないのが現状です。

そこで、今の形で入っても
素直に書いてくれる方は少ないので
違う入り方をすることが大事です。

たとえば個人宅へ訪問し、
アンケートの記入をお願いするのであれば、
相手から記入したくなるような流れにします。

では、実際どのような入り方をすれば良いのか?
ひとつの工夫をご紹介したいと思います。
まずは個人宅への訪問で苦労するのは
インターホンの存在です。

インターホンで簡単に断わられてしまい、
そして次の会話に進むことができないために
苦労してしまうからです。

そこでインターホンを攻略するには
今のように入っても断られるだけですから、
最初の入り方を工夫します。
最初にすることはアンケートよりも
相手に興味を持って貰うこと。

そこがポイントになって来るからです。

その興味を持って貰う工夫として、
…………………………………………………
「(   )ついて知らせたいことがあります。」
…………………………………………………
と言った部分を伝えるようにします。

そうすると
インターホン越しに聞いた相手はこう思うはずです。
………………………………………………………
相手「保険金の(        )?
   なにか大切な(    )のことかも知れない・・

   (      )の話しだと言うし、
   ちょっと聞いて見ようかな・・・」
………………………………………………………

こんな感じで相手に思わせるようにすれば
ドアを開けてくれる人も増えるようになります。

保険のアンケートで訪問する時のコツは
「保険の売り込みでは無くお役に立てる話です」
と言った部分が相手に伝わることで
ドアを開けて貰えるようになることです。

もちろん、それでも「忙しい」とか
「今はいいです、」と言われるような場合は
それ以上追いかけても脈はありませんから、
次の訪問先へ向かうようにします。

そしてドアを開けてもらったら
いよいよアンケートにつなげて行くトークです。

ここから話しをしながら
アンケートにつなげて行く訳ですが、

そのまま「アンケートお願いします」と言っても
素直に書いてくれる人はいませんよね。

ここもポイントになりますが、
アンケートは相手に書いて貰うのでは無く、
あなたが書いてあげればいいのです。

そうすれば相手も面倒なことは無いからです。

少しでも書くことへの抵抗を少なくした方が
相手もすんなり応じることになりますので、
あなたが書いてあげれば良いのです。
(氏名と生年月日は相手に書いて貰います。)

なお今回使用するアンケートですが、
相手が興味を持ってくれるような内容で
そしてもっと詳しく知りたいと思えるような
そんな中身にすることが大事です。

そうすれば保険の専門家として、
相手から信頼して貰えるようになるからです。

この人なら何でも知っている、
相談すれば何でも教えてくれるだろうと言った
期待感を持ってくれれば成功です。

▼これが今回作成したアンケートです。

image22.jpg
いかがですか、
単にアンケートをお願いするやり方よりも、
今回の流れで話しを持って行ったほうが
協力してくれる方も増えると思いますよね。

それだけ抵抗なく書いてくれるようにしたのが、
今回のアンケートを使った営業方法なのです。

参考にして頂ければ光栄です。

そのアンケートの内容を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。


保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


nice!(2) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で、相手に興味を持たせて「見込み客を作るコツ」 [営業方法]

保険の営業で苦労するのは
安定した見込み客を開拓することですが、
思うように見つからないのが現状です。

自宅や事務所には色んな営業の電話や
飛込み訪問などが毎日のようにあるため、

営業される側にして見れば
「また保険の話しか、
 面倒な話しに付き合っていられない、」
と思っている方がほとんどです。

このようにセールスさせられる側は
「そう言った話しは勘弁してほしい・・・」
と思っているものです。

そこでこれからの考え方ですが、
営業される側にすれば面倒な話しは聞きたくない、
と思っている訳ですから、

そのまま保険の話しを持っていっても、
お断わりされるのは目に見えています。

「また保険の話しか」で終わってしまうからです。

そこでこのような工夫をします。

「相手が知らない情報を教えてあげる」
と言ったスタンスで攻めること。

たとえば、
…………………………………………………

営業「こんにちは、
   (   )生命の(   )と言います。

   皆さんが掛けている保険について
   お知らせしたいことがありまして
   順番にお電話させていただきました。

   実は皆さんが掛けている保険の(   )ですが、
   (         )があると言うことを
   奥さんはご存知でしたか? 」

…………………………………………………

と言ったように相手が保険の情報を
知りたくなるような話しをしてあげることで、
会話を続けるキッカケにします。

何よりも(    )の部分を工夫すれば、
いくらでも応用することは出来ます。

(    )が何なのかを知りたいと思わせ、
そして相手の興味を引き出すことが出来れば
今まで以上に結果を出すことも可能です。

どうぞ相手の興味を引き出すトークで
見込み客を開拓してください。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
テレアポや飛込み訪問で効果的方法を知りたい方は
こちらに最新の保険営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg





共通テーマ:仕事

保険のテレアポで成功する秘訣、それは相手に興味を引きつけるイメージトークを使うこと [テレアポ]

保険の営業で辛いのは
電話してもアポイントが取れないこと。

たとえば1日中電話をしても
一件すら取れない時もあります。

なぜアポイントが
思うように取れないのか?

その理由は簡単です。
取れないトークしか使っていないからです。

もしもアポが取りやすいトークがあるとしたら、
あなたも使って見たいと思いませんか?

そんなトークがあるなら教えて欲しい、
とおっしゃるあなたにコツをご紹介したいと
思います。

まずは今までテレアポがうまく行かないのは
最初に出る方に対する会話が上手くいかないのと、
キーマンに対する興味付けが足りなかったことです。

会社に電話する例で言えば、
最初に出るのは受付や事務員と言ったケースで
この時点で断わられていたのが多かったはずです。

キーマンと話す前に電話が終わる訳ですから、
アポイントが取れないのは当然ですよね。

さらに運良くキーマンと話しをする事が出来たとしても、
簡単に断わられてしまうこともよくある話しです。

そこでアポが取れずにお困りになっているあなたに、
解決出来る方法を教えたいと思います。

それは・・・
相手の立場になって考えて見ることです。

自分が相手の立場だったら・・・
どう言われると聞く耳を持つだろうかと
考えて見るのです。

こう言われたら話しを聞いてもいいかな?
と言う感じで自分なりに工夫して見ます。

今までは会社から教えられたトークを元に
電話していたケースも多いと思いますが、
それでは他と同じような話し方になり、
「またその話しか、」となってしまいます。

そこで相手の興味を引きつけるには
相手の立場に立ったトークが必要です。

相手の立場に立ったトークとは、
興味をもたらすイメージトークのことです。

そのトークを作るにはどうしたらよいのか?

きっと解決する糸口が見つかりますよ、
あなたの健闘をお祈り致します。

7347687.jpg


 


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業ですぐ断わられてしまう時は、話しの流れを変えると見込み客も増える [営業方法]

保険の営業で困るのが、
社名や用件を言った途端に
「保険なら間に合っていますから、」
と断わられてしまうことです。


まだ何の説明もしていないのに
保険は間に合っているのでと返されるのでは
さすがに落ち込んでしまいますよね。


そんな保険の営業で苦労しているあなたに
ひとつの解決策をご紹介したいと思います。


まずは、すぐ断わられる理由は
最初の入り方にあるのですから、
そこを工夫すれば反応を変えることも
可能になることです。


今までの入り方と言えば、
「保険の見直しについて」とか、
「新しい保険のご案内で・・」と言った
保険について説明する入り方が
多かったはずです。


そうすると相手方にして見れば、
話しを聞いたら加入させられてしまう・・・


と言った流れになってしまうので
誰も話しを聞きたがらなかったのです。


・・・と言うことは、
その流れのイメージを変えることが出来れば、
話しを聞いてくれる人が増える・・・
と言うことになりますよね。


ここに営業する上でのヒントがあります。


同じ保険の話しをする上でも、
話しのイメージを変えることによって
相手に聴く耳を持たせる事も出来るのですから、
そこを工夫すれば良いと言うことになります。


今までアポイントが取れなかった方でも、
入り方を工夫するだけで結果を変えることが
出来るようになりますから、
あなたも試して見てはいかがでしょう。


その流れを変えるトークの内容を知りたい、
あるいは新規開拓の方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧下になって見て下さい。


保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


7347687.jpg





 

nice!(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で使える「次のアポイント」を取りやすくするコツ [営業方法]

保険の営業で契約を取るコツは
次につながるアポイントを取ること。

たとえば電話や訪問でも同じですが、
ひと通り話しが終わった後に

「それではまた電話します」
「また今度おじゃまします」

と言った終わり方をしていると
相手から契約をいただくまで
時間かかってしまうだけです。

せっかく話しをする事が出来たのであれば
次につながるアポイントを取ることも大事です。

でも、これ以上話す内容が見つからない
とおっしゃる方もいますが、
そんなことはありません。

何も保険の話しをするだけが
営業では無いからです。

商品の説明も必要ですが、
それ以上に相手との信頼関係を築くことが
大事です。

例えば相手が興味を持っているような話題や
身の回りで役立つ情報と言ったように
相手のためになる行動することによって
信頼を得ることが必要なのです。

こんな感じです。
………………………………………………

営業「そのお話しなら
   詳しく調べることが出来ますので、
   今度持って来ますね。」

相手「そうですか、
   すいませんね。」

営業「ええ、いいですよ。
   それじゃ来週の火曜か水曜では
   どちらが宜しいですか?」

………………………………………………

と言った流れで
次のアポイントを取れば予定も立ちますし、
相手との距離を縮めることも出来ます。

ポイントは面談している中で
話題に上がった内容を調べると言った口実で
次の訪問予定を取り付けることです。

次のアポイントが取れることで
結果を残せることにつながるのですから、
あなたも見込み客の進展が遅いと言う時は
試して見てはいかがでしょう、

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg




nice!(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で結果を出す方法、それは自分自身に「最新の営業方法」を採り入れること [営業方法]

保険の営業で苦労しているあなたへ、

見込み客を見つける方法や紹介客を得る方法、
そしてインターホン攻略に役立つ方法以外にも
新規開拓に効果的な営業方法がありますので、
その内容をご紹介したいと思います。

まずは新規開拓で思うように結果が出ないのは
今のやり方がうまくいっていないために
断わられる件数が多くて先に進まない・・・
と言うことがあることです。

自分は一生懸命営業しているのに
思うような結果を出すことができない・・・

このように自分だけ結果が出ないのは
自分に合った営業方法を行なっていない、
あるいは相手の興味を引き付けるトークが
出来ていないと言うことが原因ですから、
そこを工夫していかなくてはいけません。

でも、自分に合った営業方法とはどんな方法なのか、
どうすれば結果を出せるようになるのか?

そんな悩んでいるあなたへ営業方法として
今までのやり方に固執しない方法があります。

たとえば今までの行動を思い返してください。

ほとんど断わられることが多くて
次のステップに進む案件が少なかったはずです。

これでは契約になる件数も少ないのは当然です。

効果的な方法を知らずに営業をしても
結果が出ないのは明白ですよね。

実際、あなたが行なっているやり方で
満足な結果が出ていないと言うのであれば、
それはまだ効果的な営業をしていないと言う
結果のあらわれです。

そこで効果的に出来る営業手法です。 

・インターホンを攻略する方法、
・受付や事務員を攻略する方法、
・テレアポで上手に会話できる方法
・飛込み訪問で話しをすることが出来る方法、
・ダイレクトメールで反響を得られる方法、
・ファックスだけで見込み客を集める方法、
・紹介だけで新規客を増やせる方法、
・保険のアンケートが簡単に取れる方法、

この他にも効果的な営業手法がありますので
今月中に結果を出さないと後が無いと言う方は
こちらをご覧になってください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg





共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問を成功させるコツ、それは「相手から断わられた時の工夫」で決まる [飛び込み訪問]

ご存知のように保険の飛び込み訪問は
不在が多かったり居留守を使われることも多く、
思うように結果を残すことができません。

そんな保険の飛び込み訪問ですが、
ちょっとしたやり方を変えるだけで
次につながる訪問の仕方がありますので、
飛び込み訪問で苦労している皆さんに
その方法ご紹介したいと思います。

たとえばインターホンで簡単に断わられた場合
「また断わられるかも・・・」と消極的になり、
再訪するのは気が引けると言う方もいますが
そんなことはありません。

なぜなら、今回断わられても次回も断わられると
決まっていないからです。


話しを聞くか聞かないかと言うのは
その時の気分や状況によっても違いますし、

たとえ断わられたとしても
ちょっとした種をまいておくだけで
すんなり行くケースもあるからです。

ちょっとした種をまくと言うのは
どう言うことなのか?と言うことで、

それは断わられた時に
良いイメージを残しておくことです。

良いイメージとは、
断られた時こそ「去り際をさわやかにする」
と言った工夫です。

たとえば保険の飛び込み訪問をしても
簡単に断わられることが多いですよね。

その理由としては
あなたがどこの誰で何の用件で来たのか、
突然の訪問ゆえに相手も警戒してしまうために
ほとんどの方は断わって来るのです。

そこで相手の警戒心を和らげるためには
どうするのかと言いますと・・・

去り際に良いイメージを与えておくことで
相手もあなたのことを覚えてくれますから、
次に訪問した時は会ってくれることも
期待できると言う訳です。

知らない人よりも一度良いイメージを残すことで
あなたの印象を良く見せる事が出来るのですから、
次の訪問では話しを聞いてくれる人も出てくる
と言う訳です。

ですので、保険の飛び込み訪問を成功させるコツは
断られた時こそ相手に良いイメージを残すことが
大事なのです。

営業は一度きりの結果で終わりではありません。

次のチャンスもあるのですから、
そのためにも2回、3回と再訪出来る営業を
して見てはいかがでしょう。

そうすれば
結果も付いてくるようになりますよ。

どうぞ、お試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


nice!(1) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で結果を出すコツは、目標の立て方とそれを「確実に実行させる工夫」 [営業方法]

保険の営業で結果を出している人は
毎日の積み重ねが大事だと分かっていますから、
たとえ時間が無い時でも工夫しながら
営業しています。

反対に成績の悪い営業マンほど
結果が出ないのは自分に力が無いからだと
諦めてしまっている傾向があります。

よく保険の営業は
「断わられた時から始まる」と言われていますが、
それが毎日続くとモチベーションも下がりますし、
営業する気力も無くなってしまう事さえあります。

営業しなくてはいけないのは分かっていても、
体が付いていかないと言うジレンマに陥いることで、
ついついサボってしまうようになるんですね。

そんなサボり癖がついてしまった営業マンの方へ、
気持ちに余裕を持って仕事が出来る考え方や
毎日継続していけるコツをご紹介したいと思います。

まずはあなたも一ヶ月の目標を立てていると思いますが、
今日一日だけの目標も決めます。

それも今日一日だけの行動予定として、
必ずやり通すんだと自分に言い聞かせる目標で
それを必ず実行させます。

明日やあさってのことなどいっさい考えません。
今日一日だけの目標として必ず実行します。

その理由は、
一ヶ月の目標として考えるとどうしても
気持ちの中に「今度やればいいか」と言った
逃げの気持ちも出て来ますから、
それが訪問する気力を弱くさせることで
「今度訪問すればいいか」となって
しまうからです。

営業の仕事は相手に訊くことです。

訊いて尋ねて、
そして解決策を提案するのが
営業マンの仕事です。

もちろん相手の返事は
相手に訊いて見ないと分らないのですから、
それには訪問しないとだめです。

それを確実に実行させる訪問の仕方として
今日一日で必ず訪問するんだと決めることです。

5件でも10件でも
今日一日で営業件数の積み重ねをして下さい。

そうすればその中にはもちろんのこと
見込み客になる件数も含まれていますので、
1ヶ月後には結果も出てくるからです。

今日一日だけの積み重ねをすれば良いのですから、
気持ちにも余裕が出てきます。

これが継続していける営業のやり方です。

どうぞお試し下さい。
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的営業方法を知りたい方や
テレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


nice!(1) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で悩んでいる方へ、この工夫なら明日から結果を出すこともできる [営業方法]

あなたは今の営業方法で
満足いく結果は出ているでしょうか?

もっと効率の良い方法があって
成果を上げることが出来るのではないか?

そう思っている方もいることでしょう。

そんな保険の営業で悩んでいるあなたに、
効果的に出来る方法をご紹介したいと思います。

そもそも保険の営業で
効果的な方法と言うのはあるのかと
言うことですが、

その方法が自分に合っているとは限りません。

なぜなら人には個性があるように、
その方法が合うか合わないのかと言うのは
本人の資質にあるからです。

その人が得意とする方法になれば
それが効果的な営業方法となるでしょうし、
反対に気が進まない方法となれば、
それは非効率的方法と言うことになります。

では、どのようにすれば良いのか?
と言うことになりますよね、

そのひとつとして
「第三者の立場で視点を変える」
と言う工夫があります。

あなたではありません。

あなた自身を第三者から見ている状況を
作り出すと言う工夫です。

たとえばあなたもお分かりになるように
自分が営業される側になると嫌な思いをしますし、
話しを聞くのも面倒だからと簡単に断わることも
あるはずです。

そうすると自分だったら
・相手の話し方のどこが悪いのか、
・どうすればもっと聞きたいと思うのか、

と言った改善すべき点が
自然と見えて来るようになりますから、
それを工夫して行けば良いのです。

もちろん、それをするのは
第三者の立場で見ているあなた自身が
視点を変えることです。

今までは何とかしなければと言う焦りから
保険を売ろうとしてしまう自分が出てしまい、
思うような結果も出なかったと思いますが、
これからは違います。

自分を冷静に見ることで
問題点を改善する方法も分かりますから、
後はその通りに実行すれば良いからです。

そうすれば
焦らなくても自然と結果も出て来ますので、
保険の営業も楽しく出来るようになります。

どうぞ試して見てください。
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的営業方法を知りたいと言う方や、
効果的なテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な『最新の営業方法』を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

保険の「かんぽ生命」でも使える【実践的な営業ツール】が、あなたの契約本数をアップさせる [営業方法]

かんぽの窓口業務でも使える
保険の契約口数をアップさせる方法について
ご紹介したいと思います。

かんぽでも各種営業ツールを使って
窓口などで保険の勧誘している訳ですが、
思うように行かないのが現状です。

それと言うのも
相手が興味を示すツールが無いからです。

もちろん会社が用意しているチラシもありますが、
それは相手に対して興味を与えるものでは無くて
いったん話しを聞いてくれた人が読む内容と
言ったものが多いからです。

ゆえに、保険に関心が無い人に対しては
興味や刺激を与えるには程遠い内容でしかありません。

つまり、チラシを渡しても反応が無いのは
「今ちょうど保険を考えていた・・」と言った人しか
印象を与えることが出来ないと言うことです。

そこで今回ご紹介するのは
興味の無い人にでも読ませることが出来る
保険の窓口業務でも使える営業チラシです。

それも訪問営業にも使えるツールですから
飛び込み訪問が苦手な方でも出来るようになりますし、
2回目の訪問で契約を取ることも可能です。

さらに各保険会社の特色を出したのもありますので
どの所属先であっても心配することはありません。

▼その営業ツールのサンプルがこちらです。

       ↓ ↓ ↓

image2511.jpg

こちらは「かんぽ生命」の作成例です。

この他にも各保険会社の作成実績がありますので、
所属する先に応じてチラシを作成しております。

保険の営業現場で使えるツールやノウハウなどを
新規開拓で結果を出したい方に提供しておりますので、
保険の営業でお困りになっている方や

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにもご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


nice!(1) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で、効果的に「紹介客」をコンスタントに作る方法 [営業方法]

保険の営業をする上で大きいのは
紹介客をどれだけ得られるかと言うことですが、
実際紹介を頂くというのは難しいのが現実です。

たとえば、
「知り合いの方を紹介してください」とお願いしても
紹介した相手に迷惑をかけたくないと言う心配があるだけに
そう簡単に紹介できないからです。

そこで紹介客を増やす方法です。

まずはあなたが獲得した既存客に対して
契約を頂いた後のフォローをきちんとしているか?
と言うことです。

ここで言うフォローとは
保険の説明をするといったものでは無く、
世間話しなどで顔つなぎをしているかと言う
アフターフォローのことです。

要は普段から顔つなぎをしておくことで
あなたと言う営業マンの存在を相手に覚えて貰うことが
大事だからです。

そうしたフォローをしていれば
いつも来ている保険の営業マンと言う
意識を与えることが出来ますから
一生懸命なあなたの姿に

「誰か保険に入る人がいたら
 あの営業マンに紹介しようかな・・」

と言った想いにさせることも出来るのですから
周りの人をあなたに紹介してくれるようになるからです。

つまり、紹介客を貰いたいと思うのならば
そう思わせるだけの行動や意識を相手に与えることで
あなたのために紹介してあげようかな・・
と思わせるようにすることです。

そして既存客に対して
「あなたのために一生懸命尽くしてあげます」
と思わせることも大事です。

そうすれば
あなたの行動に感銘を受けた人からの紹介や
追加の保険加入など頂くことも可能になるからです。

ポイントは保険の話しよりも
世間話しをするだけと言った程度の
繰り返しをすること。

なにより保険の話しは
“相手から聞かれた時にだけする”と言った
スタンスで接すれば良いのです。

これなら気軽に訪問することも出来ますし、
近況の電話や訪問をすることも苦になりませんよね。

どうぞお試し下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的営業方法を知りたいと言う方や
テレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で使える効果的なチラシ、それは(  )を使った手法で見込み客も増えること [営業方法]

保険の新規開拓する際に
ちょっとした工夫で効果が出てくる方法があります。

その方法と言うのが
ポスティングを使った手法です。

一般的に通常のポスティングは
郵便受けにチラシを入れて行く訳ですが、
年々反響率も下がっているのが現状です。

反響が無いままポスティングを続けても、
意味がありませんので
せっかくポスティングをするのであれば、
効果が得られる方法で試して見ては
いかがでしょう。

その方法と言うのが、
「手渡しポスティング」です。

それもチラシと言う名ではなく
違う名目で伝えます。

それが「  」と言った名称です。

チラシと言う所を「  」と言った
名前を変えるだけのことですが、
これが相手が受ける印象も変わるのですから
試して見ると面白いものです。

なんか面白そうなものが貰えるの?
と思って貰えるようにするのが目的ですから、
それで効果があるのならプラスですよね。

では、実際にどのように手渡しすればよいのか
こちらをご覧下さい。

こんな感じです。
……………………………………………………

   ピンポ~ン・・・

奥様「はい・・・」

営業「こんにちは、
  (  )生命ですが、
   お世話様です。

  (  )地区にお住まいの皆様に
   保険の内容が変わったことに対する
   新しい「  」を渡しておりましたので、
   玄関先までお願いしま~す。」

奥様「・・ちょっと待って下さいね、」

    ガチャ・・・

営業「お世話になります、
  (  )生命の(  )と言いまして、

  (  )地区にお住まいの皆様に
   保険の内容が変わったことに対する
   新しい「  」を渡しておりましたので、
   どうぞお受け取り下さい。

  (  )保険の内容が変わっていることについて
   ご存知でしたか? 」 

奥様「いえ、知らないですね・・」

営業「そうですか、   
   こちらの「  」を見て頂ければ分りますが、

………………………………………………………

と言った流れで相手に「 」を渡しながら
保険の内容について説明して行きます。

そうすることによって
自然と会話を続けることが出来ますし、
相手との距離を縮めていくことも出来ますから
そこから見込み客を見つけることも
可能になります。

今までは保険のチラシを郵便受けに入れるか、
あるいは相手と会話出来た時にようやく手渡す
と言った程度だったと思いますが、
それでは反応を得ることはできません。

やはり会話をするためのキッカケが必要です。

それが「  」を手渡すことによって
相手も聞く姿勢にさせることが出来るのですから、
飛び込み訪問で会話が出来ないと言う時は
試して見てはいかがでしょう。

もちろん、
話しも聞かずに終わることもありますが
それでも断わられる件数は大幅に減ります。

ちなに「  」の中身ですが、
チラシと言う言葉を「  」と言う言葉に
置き換えて説明するだけなので、
中身は一緒です。

ですが、
相手が受けるイメージは全然違って来ますので
言葉のニュアンスを変える効果は大きいのです。

ちょっとした工夫で反響が変わるのですから、
あなたも試して見てはいかがでしょう。

きっと効果の違いに驚きますよ。
健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。



nice!(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で結果を出したいならば、この方法を試すと結果を変えることができる [営業方法]

保険の営業をするうえで
あなたもこのような悩みを持ったことは
ありませんか?

・営業成績が伸びないので悩んでいる・・・
・新規件数が少ないので落ち込んでいる・・・
・他の人よりも営業能力が劣っている・・・

いかがですか、
もし、このような悩みを解決出来るとしたら、
あなたも試して見たいと思いませんか?

そもそも他の人と比べてしまうのは
自分に自信が無い時に見られる傾向ですから、
その自信を変えるようにすれば解決します。

たとえば営業成績が悪いと言うのは
それだけの行動しかしていないことが多ので、
もっと行動量を増やすことで解決出来ます。

新規件数が少ないと言うのも
見込み客の件数が少ないと言うのがありますので、
もっとアプローチを増やすことで解決します。

そして営業能力が劣っているかも知れないと言うのは
今まで以上に行動量を増やすことで変わりますから、
自分の営業能力を向上させることも可能なのです。

つまり
・営業成績が悪い、
・新規件数が少ない、
・営業能力が無いと言う悩みは

自分が行動している件数の中だけで
自分で勝手に決めつけているだけなのですから、
もっと可能性はあると言うことです。

やるべきことはただひとつ、
行動量を増やすことに全力をあげることです。

そうすれば今まで以上の結果を残すことも可能になりますし、
悩んでいたことも取るに足りない小さなことだと
思うようになるからです。

やればやった分の結果は必ず付いてくるのですから、
ただひたすら行動量を増やす事に力を注いで下さい。

それには明日からではなく、
今日の「今すぐ」実行してください。

それが結果を出す最善の策です。
あなたの健闘をお祈り致します。

その他新規開拓に使えるテレアポや飛び込み訪問など、
実践で使えるノウハウを知りたいと言う方は
こちらもご覧ください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。




nice!(1) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で断わられた時、この工夫なら「契約のチャンス」も増える [飛び込み訪問]

保険のテレアポや飛び込み訪問は
ほとんど断わられるパターンが多いために
モチベーションが下がることも多い訳ですが、
あなたの場合はいかがでしょう?

さすがに一日中廻っても断られる件数が多いと
気持ちも落ち込んでしまいますよね。

ですが、
実は、断わられた件数だけ成績は上がる・・・
と言うことをご存知でしょうか?

確かに飛び込み訪問で
「必要ない、関係ない、けっこうです」
と言われると、

自分を否定されたように感じますから
その後の訪問がやりづらくなることもあって、
訪問件数が少なくなることもあります。

そんな断られる飛び込み訪問ですが
気持ちを切り替えて訪問できる工夫があります。

それが「訪問の確率」です。

たとえば、
訪問した先がたまたま興味を持っていた人で
話を聞いて契約になったと言うようなケースは、
100件中1件あるかないかの確率ですが、

その確率はトップセールスマンであっても
あるいは落ちこぼれの営業マンであっても、
確率は同じようにあると言うことです。

確かにトップセールスマンともなれば
5件位まで確率を上げられるかも知れませんが、
それでも営業件数を増やすことでチャンスは
誰にでもあると言うことです。

それなのに・・・
訪問した先から断わられるたびに落ち込んで
回る件数が少なくなったり、

あるいは、
見込みだと思って何度も訪問していたのに
相手はまったくその気が無いことがわかり
落胆して回る件数が落ち込んだ・・・
と言うこともよくあることです。

このように回る件数が少なくなったら、
いつまでたってもチャンスにめぐり合うことは
ありません。

そこで、訪問の確率です。

100件回って1件の新規獲得が出来るのなら、
そのチャンスにめぐり合うまで廻ればいいだけなので、
相手の断わりなど気にする必要は無いと言うことです。

いつのもように相手から冷たく断わられても
次のように考えて見てはいかがでしょう。

「そうか、ここでは断わられてしまったが、
これで獲得に一歩近づくことができたんだから、
次に訪問すればいいだけのことだ、
どんどん行こうか!」

このように断られても
新規契約に近づいたのだから、
次のチャンスに向かってどんどん行けば良いのです。

そうすれば結果も付いて来ますよ。

あなたも契約を取りたいと思うのならば、
相手の断わりは新規契約に近づく為に必要なものとして、
どんどん回って見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない・・・
テレアポや飛込み訪問で効果のある方法を知りたい、
と言う方は、こちらにもノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


nice!(1) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で悩んでいる方へ、今の営業スタイルをこのように変えると結果も出る [営業方法]

保険の営業で悩むことと言えば、

・見込み客が出来ない、
・営業トークができない、
・新規成約が少ない、
・売上げも少ない・・・

と言ったように
満足いく結果が出ないことに
対する悩みです。

ご存知のように保険の営業を続けていくには
結果を出していかないとダメですから、
期限までに何とかしなくてはいけません。

そんな悩みを持っている営業マンの方に
気持ちが楽になり、そして楽しみながら出来る
営業の考え方がありますので、
ご紹介したいと思います。

まずは「結果を出さなくてはいけない、」
と言った気持ちがプレッシャーになるのであれば、
その気持ちを別な形に置き換える工夫をします。

たとえば保険の営業で飛び込み訪問をした場合、
その訪問のやり方で結果が出ないのであれば
その訪問の仕方を違う方法に替えて見ます。

今までと違う入り方をすることによって
相手に違った印象を与えることが出来ますし、
自分も新鮮な気持ちになることが出来ますので
今までと違った結果を得ることも
可能になるからです。

この考え方はテレアポにも言えます。

もし、あなたが使っているテレアポトークで
楽にアポイントが取れていないのでしたら、
そのトークを違うトークで変えて見ては
いかがでしょう。

そうすれば相手の反応も違ってくるのが分かりますから、
営業していて「楽しい」と思えるように
なるからです。

いかがですか、
まったく反応が無いよりもあった方が
営業して楽しいと思えるようになりますから、
自分の励みにもなりますよね。

このように今までの営業にこだわらず、
色々と変えて見るのも良いと思いますので
試して見てはいかがでしょう、

きっと効果の違いに驚きますよ。

その営業トークを知りたい、
あるいは新規開拓の方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧下になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。





nice!(0) 
共通テーマ:仕事
前の30件 | -