So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の30件 | -

保険の勧誘で話しを聞いてもらえない時、こうすれば聞く耳を持たせることができる [営業方法]

保険業界全般に言えることですが、
ほとんどの方はすでに何らかの保険に
加入済みです。

ましてや通販型の保険や、
掛け金の安い共済や全労災と言った
保険の外交員と関わらずに
簡単に加入出来る時代ですから、

保険の勧誘をする際に、
話しを聞いてくれる人は少ない・・
と言うのが現状です。

保険に入っている方が多いのですから、
これ以上入る余裕も無ければ
お金も無いと断わる方が多いのです。

では、保険の勧誘は無理なのか?
と言うことになりますが、

何も対策を立てずに
そのまま営業するようなことであれば、
当然、結果を得ることは出来ません。

「保険は入っているので大丈夫です、」
「これ以上入る余裕が無いので・・・」
「知り合いに保険屋さんがいるので・・・」

このように入り口部分で
断わられてしまうだけです。

保険に入っているのだから
これ以上話しを聞く必要が無いと
思っている方が多いんですね。

そこで対策です。

保険の商品を勧めようとするのでは無く、
保険の必要性を教えてあげる、あるいは
相手が気付いていないことなど、
この保険屋さんの話しを聞かないと
後で損をするかも・・・
と言った想いをさせる入り方であれば、

保険の営業マンではなく、
頼りになる保険のアドバイザーとして
あなたを見てもらえるようになりますし、

保険に関する相談事はすべて、
こちらに来させることも可能になるのです。

そうなれば
保険の見直しもスムーズに行きますし、
知り合いの方など紹介してくれることも
期待できるようになります。

このように
相手から話しを聞かせて欲しいと
言わせるノウハウを知りたいと方や
電話の伝え方や訪問に役に立つ入り方など
すぐ使えるノウハウを探している方は
こちらをご覧ください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で、反応の良い「見込み客」を見つけるコツ [飛び込み訪問]

保険の飛込み訪問で辛いのは
訪問しても留守や不在であったり、
インターホンで冷たく断わられてしまい
話しも出来ずに終わってしまうことです。

さすがに足取りも重くなりますし、
モチベーションも無くなってしまいます。

そこで気持ちを切り替えるコツです。

それはすべての訪問先に
初回から説明しようと思わないこと。

たとえば飛び込み訪問する場合、
訪問した相手すべてに話しをつけて
何とか契約に持って行きたい所ですが、
それでは全ての相手に一から十まで
労力を使うことになります。

保険の話しを聞いてもらいたいと
思う気持ちが強くなるだけですから、
良い返事を貰うことは出来ません。

なにしろ色々な営業マンが訪問してくる訳ですから、
売り込みの話しなど聞いてくれないのが
現状だからです。

実際入り口部分で断わられることが
多いのが現状ですよね。

これではやる気が失せるのは当然です。

そこでちょっと入り方を変えるだけで
気持ちが楽になる方法がありますので、
次のように試して見てはいかがでしょう。

それは訪問する際に
相手が興味を持っているかどうか、
その振り分けをすると言った感覚で訪問すること。

皆さんもご承知の通り、
初回から売り込もうとしても
ほとんどが拒絶されてしまいます。

せっかく訪問したとしても
簡単に断わられてしまうのですから、
気が滅入るのは当然です。

その拒絶を振り分けるようにするのが
今回の売り込みをしない訪問をすることです。

それに売り込みをしないで
興味あるかどうかを探すようにするだけで
モチベーションも余裕で保つことも
出来るようになりますから、
今までと違う結果を出すことも可能になります。

では、実際どうすればいいのか?
と言うことになりますよね、

そこで次のようにして見てはいかがでしょう。

それは相手に「豆知識を与える」と言った
訪問の仕方です。

「こちらの保険には
 このような(    )もあるんですが、
 ご存知でしたか? 」

と言ったように相手が知らない情報を教えてあげる事で
今までと違った反応も出てきますから、
その反応を見て「振り分け」するようにします。

反応が無ければそれ以上深追いせずに
次の訪問先へと進みます。

このくり返しをすることで
反応が無い相手に無駄な労力を使わずに
効率よく件数を廻ることが出来ますから、
結果として反応が良い相手を見つけることが
出来るようになると言う訳です。

今までのように
訪問した先全てに労力を使うのではなくて
反応が良い相手を見つけると言う感覚で
訪問して行くようにすれば良いのです。

そうすれば結果も変わって来ますよ、
どうぞお試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg





コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「アポが取れるコツ」 [営業方法]

保険の営業でよく言われるのが
「アポが取れるコツを教えてほしい、」
と言った内容です。

それだけ電話をしても簡単に断わられたり、
訪問してもインターホンで終わってしまうので
思うようにアポが取れないと困っている方が
多いからです。

ですが、テレアポや訪問される側にして見れば
毎日のように売り込みの営業が多いので、
受ける側も警戒するのは当然です。

では、今やっているテレアポや訪問で
アポイントを取ることは出来ないのか?
と言うことですが、大丈夫です。

工夫次第でアポを取るコツはありますから、
そのやり方を実践すれば良いのです。

では、どのようにして
工夫すれば良いのかと言いますと、
まずは営業を受ける側の立場になって
気持ちを考えて見ます。

自分が嫌だなと思えば相手も同じだからです。
そこで視点を変えて、
電話や訪問の攻め方を工夫します。

たとえば相手の反応が良くないと感じたなら、
「このような電話はよくかかってくるんですか?」
と言った幹事で相手が思っていそうな質問をします。

質問することによって
相手と会話を続けるキッカケにもなりますし、
相手に「そうなんですよ、」と言わせることで
自分は理解者であると印象付けることが
出来るからです。

このように相手の心理に語りかける工夫は
いくらでもあります。

最初の一言で相手を引きつけるトークや
あなた自身に使えるオリジナルトークなど、
場面に応じた営業トークがあると助かりますよね。
そこで、そんなトークを参考にして見たいと言う方は
こちらをご覧になってください。

7347687.jpg



 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で「見込み客」を見つける訪問の仕方 [飛び込み訪問]

保険の飛込み訪問で辛いのは
せっかく訪問しても留守や不在であったり、
居たとしてもインターホンで簡単に断わられてしまい
見込み客を見つけることが出来ないことです。

このままでは
さすがに足取りも重くなりますよね。

では、保険の飛び込み訪問で
見込み客を見つけるにはどのようにしたら
良いのか?

そんなお困りのあなたに、
個人宅を廻る時に気持ちを強く持てる
コツをご紹介したいと思います。

そのコツとは・・・

すべての訪問先に
初回から保険の売り込みをしないことです。

たとえば今までの訪問の仕方は
訪問した先すべてに自分が勧める保険の話しをして、
何とか見込み客を見つけようとしていたと思いますが、

それでは訪問される側にして見れば、
自分から話しを聞きたいと頼んだ訳ではないので
そんな面倒な話しには付き合っていられない・・・
と思っているのが本心なのです。

そこで初回にする訪問の仕方は、
相手が保険について興味を持って貰えるように
アドバイスしてあげる感覚で訪問します。

ご存知のように
初回から保険商品の売り込みをしても
「必要ないです」と簡単に拒絶されてしまうので、
営業する側も辛い思いをするだけです。

そこで初回にすることは、
保険商品の売り込みをするのでは無くて、
保険について興味を持たせるように工夫すること、

つまり、嫌がられるセールスをするのでは無くて、
保険について相手方に知って貰いたいことや
知っておかないと後で損をする、
または後悔すると言ったように

「保険に関わる情報を教えてあげる・・・」

と言ったアドバイスをすることによって、
頼れる保険アドバイザーと認めて貰えますし、
今までと違い相手の反応も変わってきますから、
見込み客も出来るようになるのです。

「今までは掛けている保険で良かったんですが、
 今度からはこのように変わりますので、
 これからこう言った形で考えた方がいいと思います。
 ご存知でしたか? 」

このように相手に興味を持たせるような訪問の仕方で
今までと違った反応を作り出して見ては
いかがでしょう。

どうぞ、お試し下さい。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「相手から断わられない方法」でアポイントが取れるコツとは? [テレアポ]

保険の営業は断られることが多く、
皆さんも苦労していると思われますが、

それが断わられない方法があるとしたら、
いかがでしょう?

例えばテレアポしても断られることが多いのは
皆さんご承知の通りです。

それだけ必要の無い話しであったり、
今すぐ無くてはなならない物でもないために、
相手にして見れば迷惑だと思われているからです。

そんなテレアポですが、
相手から嫌がれずに電話出来るようになれば、
テレアポも楽しく出来るようになると思いますが、
いかがでしょう。

もちろん、
まったく断わられないと言う方法は無いですから、
「今よりも話しを聞いてくれる人を増やせる・・・」
と言った感じならば、いかがでしょう。

これなら今までより見込み客を増やすことが出来ますし、
やり方によっては楽に電話できるようになりますから、
そんなテレアポに苦労しているあなたのために
その方法をご紹介したいと思います。

まずは、
あきらかに必要ないと断わっている相手には
それ以上何を言っても聞く耳を持ちませんから、
それ以外の方を対象にします。

それは、自尊心をくすぐると言う方法です。

自尊心とは分かりやすく言えば、
誰もが持っているプライドや見栄のことです。

人は他人から認められたいと思う反面、
他の人よりも優秀な部分はあると思っていますから、
そこをくすぐってあげることによって気持ちも大きくなり、
もっと持ち上げて欲しいと思う欲求に駆られます。

そこをトークに利用するのです。

すると、自尊心をくすぐられた相手は、
あなたとの会話をもっと楽しみたいと思うようになりますから、
簡単に話をすることが出来るようになるのです。

これが、電話で断わられないコツです。

このようなコツを使うことで
今までのように断わられる件数も少なくなりますし、
テレアポで苦労することも無くなります。

いかがでしょう、
あなたも断わられないで電話をすることが出来たら、
どれだけ助かるか・・・お分かりになりますよね。

そこで、
そんなテレアポについて詳しく知りたいと言う方や
新規開拓で効果的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で断わられる時は「自分だけの営業トーク」を持つと成績もアップする [営業方法]

保険の営業で結果を残すには
それなりの営業努力も必要ですし、
継続した営業活動も必要です。


ですが、一生懸命努力しても
それが結果に反映されなければ、
保険の仕事を続けていくことは
出来ません。


保険業界にはクリアすべき
最低のラインがあるからです。


そんな厳しい保険の営業ですが、
今のやり方で結果が出ないのであれば、
方法を変えるしかありませんよね。


例えばよくあるパターンとして、


「今のところ間に合っています、」
「その話しなら必要ありません、」


と言ったように、
お決まりの断わり文句が出て、
話しを聞いて貰えないと言うのであれば
変える工夫が必要です。


そもそも、
「その話なら断わっているので、」
と言った言葉が出るのは、


同じような保険の話しが毎日来るために
断わっている方が多いと言うことです。


そうなる理由として大きいのは、
会社で教えられたトークの未熟さにある
と言うのが大きな理由です。


それも、どこの保険会社でも
同じようなトークを使っているので、
相手にして見れば「ウンザリ」となるのは
当然ですよね。


そこで解決するには、
「自分だけの営業トークを持つ、」
と言う方法しかありません。


自分だけの営業トークですから
相手側の反応も違って来ますし、
冷たく断わられる件数も少なくなれば、
営業するモチベーションも
違って来ます。


では、
その営業トークを
「どのようにして作るのか?」・・・
と言うことになりますが、


そのトークを作るヒントは、
断わって来る相手方にあります。


断わる理由は分っているのですから、
それを逆に利用するのです。


あなたの想いはこうです。


(わかっていますよ、
 保険の話しは聞きたくないと言うことを、
 ご安心下さい、
 あなたに押し付ける話しでは
 ありませんから大丈夫ですよ。)


この想いを相手に伝わるように
そんなトークに置き換えて話すようにすれば、
相手も安心して聞いてくれるようになります。


では、実際、
どのようなトークで語れば良いのか?
その方法を知りたい方や試して見たい方は、
こちらを参考にして見てはいかがでしょう。


保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で成功する「断わられないインターホントーク」の使い方 [飛び込み訪問]

保険の飛び込み訪問で困ることと言えば、


「すぐインターホンを切られてしまい、
思うように見込み客を作ることができない・・・ 」

と言ったことですが、
あなたの場合はいかがでしょう?


思い通りに見込み客は取れているでしょうか?


せっかく訪問したとしても、
インターホンで簡単に断られてしまうと
モチベーションも下がってしまいますよね。


そこで、
断わられないで話しをすることが出来る
インターホントークのコツをご紹介したいと思います。


まずは、自分が訪問されたと思ってください。
…………………………………………………
くつろいでいる時にインターホンが鳴ったので、
モニターを見ると何やら営業マンらしき人がいます。


(営業の人か?
面倒だから断わるか・・・)


そう決めたあなたは相手に言いました。


「忙しいので今度にしてくれますか、」


このひと言を言ってインターホンを切ります。


…………………………………………………


いかがでしょう、


あなたも営業の訪問と決めつけた時点で
話しを聞くのも面倒だな・・・と言うことで
インターホンを切ることも多いですよね。


このように相手に対して営業だと思われると
すぐ断わられてしまいます。


訪問営業の多くは
今すぐ必要としないものを勧められ、
そして必要の無いお金を払わされる事になるので、
そんな訪問など相手にしていられないと言うことで
多くの方が断わって来るのです。


そこで、断わられないためのインターホントークです。


営業の訪問だと思われると断わられるのですから、
そうでないと思わせるように話しを組み立てることで
相手も興味を持って話しを聞いてくれるようにします。


その工夫がこちらです。
……………………………………………………
自分が勧める保健の売り込みと思わせないこと、
知らないと損をするかも?と思わせること、
それが自分に無いと困る・・と思わせること、
……………………………………………………


このような組み合わせで話しをすると、
相手も話しを聞いてくれるようになります。


なにしろ、売り込みの訪問ではなく、
それが自分に無いと困ると言うことになれば
話しを聞いてくれるようになるからです。


でも、実際どのように工夫すればよいのか、
思うようなインターホントークが浮かんで来ない・・・
と言う方もいらっしゃるでしょう。


そこで、効果的なインターホントークとして
自分の仕事に使えるトークを探している方は、
こちらを参考にして見てはいかがでしょう。


今までと違った反応を得ることが出来ますよ。


どうぞ、お試しください。


その他、
保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。


保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。










nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で結果を出す方法、それは自分自身に「最新の営業方法」を採り入れること [営業方法]

保険の営業で苦労しているあなたに、

見込み客を見つける方法や紹介客を得る方法、
そしてインターホンの攻略に役立つ方法以外にも
新規開拓に効果的な営業方法がありますので
その内容をご紹介したいと思います。

まずは新規開拓で思うように結果が出ないのは
今のやり方がうまくいっていないために
断わられる件数が多くて先に進まない・・・
と言うことがあることです。

自分は一生懸命営業しているのに
思うような結果を出すことができない・・・

このように自分だけ結果が出ないのは
自分に合った営業方法を行なっていない、
あるいは相手の興味を引き付けるトークが
出来ていないと言うことが原因ですから、
そこを工夫していかなくてはいけません。

でも、自分に合った営業方法とはどんな方法なのか、
どうすれば結果を出せるようになるのか?

そんな悩んでいるあなたへ営業方法として
今までのやり方に固執しない方法があります。

たとえば今までの行動を思い返してください。

ほとんど断わられることが多くて
次のステップに進む案件が少なかったはずです。

これでは契約になる件数も少ないのは当然です。

効果的な方法を知らずに営業をしても
結果が出ないのは明白ですよね。

実際、あなたが行なっているやり方で
満足な結果が出ていないと言うのであれば、
それはまだ効果的な営業をしていないと言う
結果のあらわれです。

そこで、効果的に出来る営業手法です。 

・インターホンを攻略する方法、
・受付や事務員を攻略する方法、
・テレアポで上手に会話できる方法
・飛込み訪問で話しをすることが出来る方法、
・ダイレクトメールで反響を得られる方法、
・ファックスだけで見込み客を集める方法、
・紹介だけで新規客を増やせる方法、
・保険のアンケートが簡単に取れる方法、

この他にも効果的な営業手法がありますので
今月中に結果を出さないと後が無いと言う方は

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「かんぽ生命」でも使える【実践的な営業ツール】が、あなたの契約本数をアップさせる [営業方法]

保険の営業で使えるノウハウのひとつとして、 

かんぽの窓口業務でも使える
保険の契約口数をアップさせる方法について
ご紹介したいと思います。

かんぽ生命でも各種営業ツールを使って
窓口などで保険の勧誘をしている訳ですが、
思うように行かないのが現状です。

それと言うのも
相手が興味を示すツールが無いからです。

もちろん、
会社が用意しているチラシなどもありますが、
それは相手に対して興味を与えるものでは無く、
いったん話しを聞いてくれた人が読む内容と
言ったものが多いからです。

ゆえに、保険に関心が無い人に対しては
興味や刺激を与えるには程遠い内容でしか
ありません。

つまりチラシを渡しても反応が無いのは
「今ちょうど保険を考えていた」と言った人しか
印象を与えることが出来いと言う訳です。

そこで今回ご紹介するのは、
興味の無い人にでも読ませることが出来る
保険の窓口業務でも使える営業チラシです。

それも訪問営業にも使えるツールですから
飛び込み訪問が苦手な方でも出来るようになりますし、
2回目の訪問で契約を取ることも可能です。

さらに各保険会社の特色を出したのもありますので、
どこの所属先であっても心配することはありません。

▼その営業ツールのサンプルがこちらです。

       ↓ ↓ ↓

image2511.jpg

 こちらは「かんぽ生命」の作成例です。

この他にも各保険会社の作成実績がありますので、
所属する先に応じてチラシを作成しております。

保険の営業現場で使えるツールやノウハウなどを
新規開拓で結果を出したい方に提供していますので、
保険の営業でお困りになっている方や

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で、受付や事務員の段階で終わってしまう時はこうすれば解決する [営業方法]

保険の営業をしている方から、

「受付の段階で断られてしまい
 目的とする相手までたどり着けない、
 どうすればいいのか教えて欲しい・・」

と言った相談を頂くことがあります。

何度電話しても受付で話しが終わってしまう、
事務員の段階で断られるので困っている・・・

このような経験は皆さんもあると思いますが、
どうすればよいのかと悩んでしまいますよね。

ご安心下さい。

そんな問題を変えることが出来る工夫が
あるからです。

まずは一番の悩みでもある、
『どうすれば目指す相手につないで貰えるのか?』
と言った点についてご紹介したいと思います。

たとえば会社に電話や訪問するパターンですが、
最初に出る人と言えば「事務員」が多いですよね。

ここがポイントです。

ほとんどの場合は事務員が取り次ぎますから、
ここを攻略しなと先に進まないからです。

そこで攻略方法です。

たとえば、
いつ電話しても同じ事務員が出ると言う場合は
攻略のチャンスです。

その事務員と仲良くなればいいのです。

・・と言っても
口説いたり友達になれと言う訳ではありません。

簡単な世間話し程度でも出来るようになれば
それだけで大きく前進するからです。

なぜかと言いますと、
人は初めての方には警戒心も働きますが、

ある程度気心が通じることになれば安心感から
相手との距離も近くなると言う感覚になりますので、
以前ほど冷たくされると言うことが無くなるからです。

つまり、
ある程度事務員と話しが出来るようになれば
あとは目指す相手に通してくれたり、
「今は忙しいが昼過ぎなら大丈夫ですよ、」
と言った助言を貰うことも期待できます。

今までは目指す相手だけ考えて来たと思いますが、
これからは受付や事務員のことも考えることで
新たな展開に繋げることも可能になりますから、
最初の段階でキッカケを作って見ては如何でしょう。

そうすれば結果も違って来ますよ。

どうぞ、お試しください。
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、

保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で使えるフォロー電話の仕方とは? [営業方法]

保険の新規開拓の一環で電話していると、
「資料を送っておいて」と言われることも
よくあります。


半分は断り文句で口に出したかも知れませんが、
それでも見込み客になるかも知れないと言う事で
資料を送る方も多いと思います。


そこで、資料を送った後の
フォロー電話の仕方をご紹介したいと思います。


一般的なフォロー電話で失敗する例と、
成功するフォロー電話の違いをご覧ください。


▼まずは一般的なフォローで失敗するパターン。 
……………………………………………………………


営業「こんにちは、
  (   )生命の(   )と申しますが、
   先日お送りした資料はご覧頂いたでしょうか?」


相手「あ~すいません。
   ちょっと忙しくてまだ見てませんので、
   後で見ておきます。」


営業「そうですか、わかりました。
  (   )様にとても良い保険ですから、
   ぜひご検討下さい。
   宜しくお願いします。」



上記失敗例に対して、
成功するフォロー電話をご覧下さい。 
……………………………………………………………


営業「こんにちは、
  (   )生命の(   )と申します、


   先日お送りした資料なんですが、
   (   )様もお忙しいでしょうから
   まだじっくり検討して いないと思いますが、


   実は(   )様にとって
   とても大切な部分がありますので、
   2、3説明させて頂いていたんですね、

   もちろん、判断するのは(  )様ですから、
   明日の夕方頃、事務所に戻る時間にでも
   お伺いしたいと思いますが、
   何時ころお戻りになりますか? 」


相手「そうですね、
   夕方6時頃なら居ると思いますが。」


営業「夕方6時頃ですね、
   ありがとうございます。
   それでは明日の夕方6時頃お伺いしますので、
   宜しくお願いします。」


…………………………………………………………


いかがですか、


このように
「資料を送りましたがご覧になりましたか?」
と普通に話してしまうと、


「いいえ、忙しくてまだ見ていないので・・」
と簡単に逃げられてしまいます。


そこで、見ていないことを前提にして、
「まだじっくり検討していないと思いますが・・」
と言ったフレーズで進めて行くと
相手の反応も変わって来ます。


さらに、
「実は(   )様にとって
 大切な部分があるので・・・」
と続けていくことによって、


自分にとって重要な話しなのかも知れない?
と思わせることが出来ますから、
簡単に断わられないようにすることも
できるようになります。


いかがですか、

このような感じなら相手も負担と思いませんし、
話しだけならいいよと言わせることも
出来るようになります。


せっかく資料を送った訳ですから、
次に繋がるフォローをすることが出来れば、
見込み客も増えて契約まで持って行くことも
可能になりますよね。


どうぞお試しください、
あなたの健闘をお祈り致します。


その他、

保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で相手から契約を貰うコツは、相手の本心に「期待させる話し」をすること [営業方法]

あなたも保険の新規開拓をする時に、
どのようにすれば契約をもらえるのか
と悩んだことはありませんか?

そしてどのように説明したら良いのかと
頭を悩ませたりしたことはありませんか?

どちらも共通して言えるのは、
相手に対して自分が伝えたいことを
思うように話せなかったと言うことです。

今まで営業をして来ても、
保険の良さやメリットが伝えきらずに
相手から良い返事をもらうことが
出来ませんでした。

なぜならそのような話しは聞きなれているだけに
相手の気持ちを高めることは出来なかったからです。

では、どのように話しをすれば
良いのでしょう・・・

そこで営業に悩んでいる方に
ひとつの考え方をご紹介したいと思います。

まずは、自分が扱っている保険について
良さやメリットを相手に伝えたとしても
心を動かすことは出来ません。

なぜなら、他の営業マンからも
同じような話しを聞かされているので
右から左に受け流されていたからです。

では、どのようにすれば良いのか?
と言うことで、

それは相手に期待させると言う心理状態に
させれば良いのです。

その保険があることで
自分にどれだけプラスになって
今後の生活や未来に期待できるのか、
と言ったことを教えてあげれば良いのです。

確かにメリットや保障の説明も大事ですが、
それ以上に相手の興味を引き出すには
得られる喜びや幸福感を夢見させるだけの
期待感を持たせることが大事なのです。

ゆえに、これから相手に説明する時は
他の営業マンが教えていないであろう
これだけのものが将来に亘って得られる
と言った期待できるものを教えてあげれば
相手の興味度も上がって来ることです。

そうなればあなたの話しに興味を持ってくれた相手は
「それでお願いします、」と言わせることも
可能になります。

実際、相手に興味を持ってもらわないと
先に進ませることができないのですから、
あなたも試して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。



コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業でテレアポや飛び込み訪問、紹介営業以外で「新規開拓する方法」 [営業方法]

保険の募集をする際のガイドラインとして
会社によっては電話での営業を制約したり、

あるいは全面禁止するところもあって
新規開拓で苦労している営業マンも
多いと思います。

電話での営業が出来ないと言うことは
他の方法で営業するしか無い訳ですが、
そう簡単にいかないのも現実です。

なぜなら、職域訪問などは出入り規制もあり、
さらにDMなどは書面の事前審査が必要であったり、
自分で工夫するには限界があるからです。

そう言った中で営業する訳ですから、
どれも似たような営業スタイルになってしまい、
他と営業マンと差別化をどうすればよいのかと
悩んでしまう方も多いと思います。

そこで、電話での営業に代わる、
あるいはそれ以上の効果的な方法で
簡単に見込み客を作ることが出来るとしたら、
あなたも試して見たいと思いませんか?

そんな「効果的な営業方法」を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛込み訪問について
最新の実践的な営業方法を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。






コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で苦労している方へ、これが気軽に訪問出来る方法だ! [飛び込み訪問]

保険の飛び込み訪問が思うように出来ず、
苦労している営業マンの方へ、

飛び込み訪問が気軽に出来る方法を
ご紹介したいと思います。

よく言われるのが
訪問先を選ばないで軒並み訪問することだ、
と言うことですが、

実際に訪問しようと思っても
家の庭から人の姿が見えたりしてしまうと
身体が勝手に素通りしてしまうと言う経験
あなたもありませんか?

これが訪問恐怖症に陥っている現象です。

自分では数件だと思っているでしょうが、
その数件が数十件になり、そして
「なんかダメだな、ちょっと休憩しよう」
となってしまうからです。

一旦出来ない理由を作ってしまうと
「ここは行かなくても次があるからいいか、」
となってしまい自分で自分を納得させると言う
悪循環に陥ってしまいます。

そうすると訪問件数が伸びないどころか
訪問すること自体臆病になり時間だけを潰す、
と言った典型的なパターンに陥ってしまうのが
多くの保険営業マンが陥る現象です。

つまり、いかに軒並みに回れるかが重要であり
その後の応酬話法などはその後の展開なのですから、
そこをいくら練習したとしても訪問できなければ
何の意味もありません。

あなたも思っているはずです。

どうすれば気軽に飛び込み訪問が出来るのか、
どうすればインターホン越しに相手と気軽に
話しをすることが出来るのか・・・

いかがですか、

そんな飛び込み訪問で困っているあなたに
気軽に話しを聞いて貰える方法がありますので、
もっとインターホンで使える工夫を知りたい方は
こちらをご覧になってください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規解約本数を増やす「会話のテクニック」とは? [営業方法]

保険のアポが取れた相手なのに
契約に至らないで終わってしまう方も
多いと思います。

そこで、もっと相手の状況を見ながら
効果的に商談できる方法がありますので、
そのコツをご紹介したいと思います。

まずは、あなたが説明している時に
相手が本当に話を聞いているのかどうか?
それを簡単に確認する方法です。

それは・・・
相手の返事の長さを観察することです。

たとえば自分の話しに興味が無いとか
何となく関心が低いような時の返事は
ほとんどが短いと言う傾向があります。

このような返事です。
………………………………………………

営業「・・・についてなんですが、
   こちらはこのようになっておりまして、
   これだけのメリットがあるんですね。」

相手「そうですか、」

営業「ええ、それにこちらには
   これだけの保障も付いていますから
   皆さんに喜ばれているんですね。」

相手「そうなんですか・・・」

営業「はい、
   それでこちらを見て頂ければ分かるんですが、
   これだけの金額の差が出て来ますので
   万が一の時は安心ですよね。」

相手「そうですね・・・ 」

……………………………………………………

いかがですか、

このように契約が少ない営業マンの傾向は、
相手から相づちを貰っているものと勘違いして
そのまま説明してしまうことです。

実際、相手方の意識と言うと、
実はただ聴いているだけ・・・
と言うことが多いのです。


これでは契約にならないのも当然ですよね。

では、相手が興味を持っている場合の
返事はどうなのか?と言うことですが、
先ほどの会話例を参考にご覧下さい。

このように変わります。
………………………………………………………

営業「・・・についてなんですが、
   こちらはこのようになっておりまして、
   これだけのメリットがあるんですね。」

相手「へえ~そうねの、なるほどね。」

営業「ええ、それにこちらには
   これだけの保障も付いていますから
   皆さんに喜ばれているんですね。」

相手「そうなんですか~、
   それは喜びますよね。」

営業「はい、
   それでこちらを見て頂ければ分かるのですが、
   これだけの金額の差が出て来ますので
   万が一の時は安心ですよね。」

相手「なるほど、そうなるといいですよね。」

……………………………………………………

このように返答もこれだけ返ってくると
話している側も気分が乗って来ますよね。

ですから、
気のない返事を相づちと勘違いしてしまうと、
せっかく相手のために話しをしていても
伝わらないまま終わってしまうと言う結果に
なってしまうのです。

そこで、このような勘違いを無くす方法です。

たとえば
「話題を変える」と言う工夫があります。

相手の返事が短くて反応が無いと感じたならば、
さっと話題を変えて相手の興味を引き出すと言う
工夫をして見ます。

それを何度か繰り返すことで
相手の気持ちが乗って来ることもありますし、
本来の話題に戻して商談を進めるようにすれば
成功する確率も増えるようになるからです。

このようにちょっとした返事の長さで
相手の反応が興味有るかどうか分りますので、
試して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。





コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「電話や訪問するのが怖くて出来ない」と言った時に解決できる考え方 [営業方法]

保険の営業で
電話や訪問することが恐くて出来ない・・・
と言った時に解決する考え方です。

そもそも電話する時に怖いと思うのは、
・トークが詰まってしまう・・・
・とっさの切り返しがスムーズにいかない、
・頭の中が真っ白になってしまう・・・

と言ったように
相手との会話に自信が無い時に
見られる傾向です。

相手の状況が見えないこともあり、
ますます緊張してしまうのでしょう。

そこで、緊張で頭の中が真っ白になっても、
気軽に電話できるようになる考え方です。

まずは電話でも飛び込み訪問もそうですが、
気持ちを常に強く持つことが出来れば
何事も恐れることなく出来るようになります。

たとえば今までと違う考え方を持つことで
解決する方法もあります。

その考え方と言うのが、
成功しなくてはいけないと言う願望を
持つのではなく、

「失敗しても次があるのだから
ダメなら次に進めばいいだけのこと、」

と言ったように結果にこだわらないで
どんどん突き進んで行くことです。

このくらいの気軽さで営業して行くと
気軽に訪問や電話できるようになりますから、
あれだけ怖いと思っていた自分自身が
こうも変わるのかと驚くはずです。

もう一度思い返してください。

電話する相手すべてに対して、
何とか話しを聞いて貰おうとしていた
自分がいたはずです。

それが、
緊張させていた原因だったのです。

でも、これからは違います。

これから電話する時は
「ダメならいいんですよ。
他にも電話する相手がいるのですから、
断わっていただいてもけっこうです。」

このくらの気軽さでいけば
何も怖いものはありません。

今までのように電話するのが怖いと思ったら、
どんどん考えを切り替えてください。

そうすればどんな相手でも恐れることなく
前に進むことが出来るようになりますし、
結果も付いて来るようになりますから
営業するのが楽しくなって来ますよ。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で成功する秘訣は、「小さな目標」と「成功の積み重ね」をすること [営業方法]

保険の新規開拓をするために
いざ行動に移そうと思っても体が動かない・・・

あなたもこのような経験ありませんか?

やらなければいけないと分かっていても
思うように体が動かない・・・

その理由としては、
・冷たく断わられたらどうしよう、
・何を言われるか不安・・・
・嫌な仕打ちに遭いたく無い、
・失敗する自分に絶えられない、
と言ったような気持ちがあるからです。

失敗したくないから行動しない、
行動しないから失敗することは無い、
だから自分は傷つかないので安心する・・・

これが頭で分かっていても
行動に移せない原因のひとつです。

なにしろ傷つかないんですから、
安心ですよね。

しかし、
これでは結果を出す事は出来ませんので、
仕事にも影響が出ます。

そこで、また考えてしまいます。

「何とかしないと・・・」

でも、そんな簡単に解決する事はありませんから、
根本的な意識を変えないことには
同じことの繰り返しです。

そこで、心理面の強化です。

テレアポでも飛び込み訪問でも
思うように動けないと言うのならば、
心理面を変えるのが効果的だからです。

では、どのようにするかと言いますと、
小さな目標」と「成功の積み重ね」をする、
と言った方法をすることです。

皆さんも目標を持って行動すると思いますが、
その目標の設定を工夫するのです。

たとえば、今までの目標は
設定した所まで到達することが前提ですが、
一旦、つまづいてしまうと目標が遠く感じられ
やる気が失せると言うのがありました。

これが目標達成を辛くしている要因です。

そこで、小さな目標と
成功の積み重ねをすると言う考え方です。

小さな目標ですから、
ホンの目先の目標でもかまいません。

その目標を確実にこなして行くことで
「やれば出来るんだ、」と言う自信を
自分に与えることが出来るからです。

つまり、小さな目標をクリアすることによって
自分に対して自信が付いてくると同時に、
その自信を積み重なることによって
最終的な目標を達成させる
原動力になるからです。

何事も「自信に勝る良薬」はありません。

その自信になるものを
「小さな目標」と「成功の積み重ね」で
植え付けさせて行けば良いのです。

この考えならば
どんなことでも克服できます。

他の人に出来て
あなたに出来ないことは無いのですから、
どんどんチャレンジして行きましょう。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で断わられても、ここを工夫するとチャンスはまだ続く [営業方法]

保険の営業は1回で決まることが少ないだけに
いかに多くの見込み客を開拓するかで
成績も変わってきます。

でも、一生懸命説明をすればするほど
相手から断られるパターンになるだけに、
見込み客を見つけるのが難しい・・・
と言うのも事実です。

しかし、断られた後にもチャンスがある
と言うことをご存知でしょうか?

もちろん、
断られた時点でのチャンスではありません。

チャンスなのは、
次に訪問しやすいように工夫した時です。

たとえば「今のところ予定無いですから」
と言われた場合、

この時点では断られた訳ですから、
その場を後にするだけです。

そこで、
次の訪問がしやすいようにする工夫です。

同じ断られるのでも、
次につながる断られ方をします。

▼こんな感じです。
……………………………………………………

相手「今のところ予定無いですから、 」

営業「そうですか、
   今のところ予定は無いと言うことですね、
   分かりました。             ← 相手の断りを
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                一旦、受け止めます。
   ちなみに、
   後で必要になるとしたら、
   私に相談して頂けることは可能ですか? 」

相手「そうね~
   まあ、そう言った時あればね、」

営業「そうですか、ありがとうございます。
   それではまた近くを通りましたら、 ← ここで、次回訪問しても
   顔を出して見たいと思います。     いいですよね・・・と
                      それとなく伝えます。
   ありがとうございました。
   失礼いたします。 」 

……………………………………………………

いかがですか、
このような流れで会話を終えると
次の訪問もしやすくなりますよね。

それに相手も断った気まずさもありませんし、
自分に対して断られたと言う意識を
小さくすることが出来ますから、
ストレスを軽減させる効果もあるのです。

これなら個人宅や会社で断られたとしても
次につながる訪問が出来ますから、
チャンスは続くことになります。

営業の基本は、
保険を売る前に自分と言う人間性を知らせ、
そして相手から信頼を得るのが大事ですから、
それには何度でも訪問できる工夫をすることが
大事なのです。

どうぞお試し下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で受付や事務員の段階で終わってしまい、次に進まない時の工夫はこうすればいい [営業方法]

保険の営業している方から、
「受付の段階で断られるので
 目的とする相手までつながらない、
 どうしたらいいですか?」

と言った相談を頂くことがよくあります。

何度電話をしても受付で話しが終わってしまう、
事務員の段階で断られてしまうので困っている・・・

このような経験は皆さんもあると思いますが、
どうすればよいのかと悩んでしまいますよね。

ご安心下さい。

そんな悩んでいる展開を変えることが出来る
工夫があるからです。

まずは、一番の悩みである
『どうすれば目指す相手につないで貰えるのか?』
と言った点についてご紹介したいと思います。

たとえば会社に電話や訪問するパターンですが、
最初に出る人と言えば「事務員」が多いですよね。

ここがポイントです。

ほとんどの場合は事務員が取り次ぎますから
ここを攻略しないことには先に進まないからです。

そこで、攻略方法のひとつです。

たとえば、
いつ電話しても同じ事務員が出ると言う場合は
チャンスです。

その事務員と仲良くなればいいのです。

仲良くなると言っても
口説いたり友達になれと言う訳ではありません。

簡単な世間話し程度でも出来るようになれば
それだけで大きく前進するからです。

なぜかと言いますと、
人は初めての方には警戒心も働きますが、
ある程度気心が通じることになれば安心感から
相手との距離も近くなると言う感覚になりますので、
以前ほど冷たくされると言うことが無くなるからです。

ある程度事務員と話しが出来るようになれば
後は目指す相手に通してくれたり、
「今は忙しいが昼過ぎなら大丈夫ですよ、」
と言った助言を貰うことも期待できます。

今までは目指す相手だけを考えて来たと思いますが、
これからは受付や事務員のことも考えて電話する事で
新たな展開に繋げることも可能になりますので、
仲良くなるキッカケを探って見てはいかがでしょう。

そうすれば結果も違って来ますよ。

どうぞお試しください。
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「最初の1件目から結果を出せる方法」あります [営業方法]

保険営業の難しさは
安定した顧客件数にするまでが
大変だと言うことです。

顧客件数= 手数料の確保=収入になる訳ですから、
安定した収入を得られるかどうかは
その人の営業努力にあると言っても
過言ではありません。

しかし、営業努力と言っても
結果を出せずに断念せざるを得ない方も
いると言うのが現実です。

それだけ保険の営業を続けるのが
難しいと言うことです。

最初は知り合いや紹介してもらえる件数で
何とか数字を出すことが出来るかも知れませんが、
その件数は限りもありますし、
増加も見込めません。

そこで自分の力で新規客を作るにしても
保険の営業は初対面で断られることが多く、
見込み客を見つけるのもままならない
と言うのが現実です。

もちろん、
会社では保険知識を丁寧に教えてくれるでしょうが、
肝心の新規獲得のノウハウを教えてくれるかと言えば
せいぜい誰もが使っているトークや
一般的な受け答えだけで、

「あとは外に出れば全部が見込み客になりますから
1件1件営業すれば見つかりますよ。」
と言った程度のことしか教えてくれません。

そんなことで契約がとれるならば、
誰も苦労しません。

あなたも営業して来た中で
現実の厳しさに直面しているはずです。

そこで、
新規客が少なくて困っている方に質問です。
…………………………………………………
Q)あなたは今の営業スタイルのまま
これからも冷たい断りを受け続けますか?
それとも効果的な営業ノウハウを手に入れて
充実した生活をして見たいと思いますか?
…………………………………………………

いかがでしょう、
決断するのはあなたです。

その決断したあなたを助けるのは、
営業した時に冷たい断りをものともせず
最初の1件目から結果を出すことが出来る
営業ノウハウの存在です。

保険の営業で成功する秘訣は
最初の入り方で決まると言っても
過言ではないからです。

さらに、相手の興味を引きつける効果的トークや
その話しを聞かせてほしいと言わせるトークがあったら
あなたも使って見たいと思いますよね。

保険の営業に使える効果的トークです。
その内容はこちらをご覧ください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業であなたも「売れる保険営業マン」になれる方法 [営業方法]

売れる保険の営業マンと
売れない営業マンの違いはどこにあるのか、
あなたはお分かりになりますか?

漠然とした質問ですが、
そんな難しい答えではありません。

『 売れる保険の営業マン 』は
相手から「話しを聞かせてほしい」と
言わせることが出来る営業マンであって、

『 売れない保険の営業マン 』は
相手に対して「話しを聞いてください」と
お願い営業していることです。

いかがですか、
あなたも思い当たる節はありませんか?

今まで売れなかったのは
「話しを聞いて下さい・・」と
お願い営業をしていたからです。

相手から「その話しを聞かせてほしい」
と言わせることが出来れば、
そんな苦労をしなくても済みます。

では、相手から
「その話しを聞かせてほしい」と
言わせるにはどうしたらいいのか?

と言うことで
ひとつのコツです。

まずは自分が相手の立場になって
自分だったらどのように言われると、
「話しを聞いてもいいかな・・」と
思うようになるかを考えて見ればいいのです。

そうすると色々と考えが出てきますから、
その中からいくつか実践して見てください。

いろいろと実践して効果の検証をしながら
より良い効果のある方法を見つけることができれば、
今まで以上の結果を残すことも可能になります。

あなたも相手から
「その話しを聞かせてほしい・・」と
言わせるようにして見てはいかがでしょう。

効果の違いに驚きますよ、
あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規解約本数を増やすことができる「商談の席で使える会話の工夫」 [営業方法]

せっかく保険のアポが取れた相手なのに
契約に至らないで終わってしまう方も
多いと思います。

そこで、もっと相手の状況を見ながら
効果的に商談できる方法がありますので、
そのコツをご紹介したいと思います。

まずはあなたが説明している時に、
相手が本当に話を聞いているのかどうか?
それを簡単に確認する方法です。

それは、
相手の返事の長さを観察することです。

たとえば自分の話しに興味が無いとか
何となく関心が低いような時の返事は
ほとんどが短いと言う傾向があるからです。

このような返事です。
………………………………………………

営業「・・・についてなんですが、
   こちらはこのようになっておりまして、
   これだけのメリットがあるんですね。」

相手「そうですか、」

営業「ええ、それにこちらには
   これだけの保障も付いていますから
   皆さんに喜ばれているんですね。」

相手「そうなんですか・・・」

営業「はい、
   それでこちらを見て頂ければ分かるんですが、
   これだけの金額の差が出て来ますので
   万が一の時は安心ですよね。」

相手「そうですね・・・ 」

……………………………………………………

いかがですか、
このように契約が少ない営業マンの場合は、
相手から相づちを貰っているものと勘違いして
そのまま説明してしまう傾向ですが、

相手方の実際の意識と言うと、
実は「ただ聴いているだけ・・・ 」
と言ったことが多いのです。

これでは契約にならないのも当然ですよね。

では、相手が興味を持っている場合の
返事はどうなのか?と言うことですが、
先ほどの会話例を参考にご覧下さい。

このように変わります。
………………………………………………………

営業「・・・についてなんですが、
   こちらはこのようになっておりまして、
   これだけのメリットがあるんですね。」

相手「へえ~そうねの、なるほどね。」

営業「ええ、それにこちらには
   これだけの保障も付いていますから
   皆さんに喜ばれているんですね。」

相手「そうなんですか~、
   それは喜びますよね。」

営業「はい、
   それでこちらを見て頂ければ分かるのですが、
   これだけの金額の差が出て来ますので
   万が一の時は安心ですよね。」

相手「なるほど、そうなるといいですよね。」

……………………………………………………

いかがですか、

このように相手の返答もこれだけ返ってくると
話している側も気分が乗って来ますよね。

これを相づちと勘違いしてしまうと
せっかく相手のために話しをしていても
伝わらないまま終わってしまうと言う結果に
なってしまうのです。

そこで勘違いを無くす方法として
「話題を変える」と言う工夫があります。

相手の返事が短くて反応が無いと感じたならば、
さっと話題を変えて相手の興味を引き出すと言う
工夫をます。

それを何度か繰り返すことで
相手の気持ちが乗って来ることもありますし、
本来の話題に戻して商談を進めるようにすれば
成功する確率も増えるようになるからです。

このようにちょっとした返事の長さで
相手の反応が興味有るかどうか分りますので、
試して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の契約を決める時に「相手からすんなり返事をもらえる」コツ [営業方法]

保険の商品説明も終わり
あとは相手から返事をもらうだけ・・・
と言った時によく言われるのが、

「わかりました。
それでは検討して見ますので、
後で電話します、」

と言った言葉で
返事を先延ばしされることです。

ですが、後で検討しますと言われても
ほとんど良い返事をもらえないのが現状です。

自分に置き換えて見れば分かりますが、
決断をする時は慎重に考えたいと思うのは当然ですし、
ここで決めて後悔したくない考えもありますから
返事をためらう方もいます。

そんなクロージングの場面で
相手からすんなり契約頂けるトークを
ご紹介したいと思います。

「なるほど、そうだよね。」
と言わせるトークです。

どうぞご覧下さい。
    ↓↓↓
………………………………………………………………

営業「 ・・・と言うことで、
   こちらの保険は満足いく保障がついていますので、
   契約されている方も増えているんですね。
   もし、分からない点があればご説明いたしますが、
   いかがですか? 」

相手「そうね~
   それじゃ少し考えて見ますので、
   後で電話してもいいですか・・」

営業「そうですね、
   慎重に検討することも必要ですから、
   わたしも(  )様の考えに賛成です。

   でも、いずれ必要になるとお考えでしたら、
   今お決めになることをお勧めいたします。

   なぜなら、

   いつかは必要だと思っているうちに
   時間だけが過ぎてしまい、
   あの時にやっておけば良かったと
   後悔することってよくありますよね。

   今と言う時間は
   取り戻すことは出来ませんし、
   いずれ必要になると考えているのでしたら、
   今、お決めすることをお勧めいたします。

   そうすれば
   後悔することはありませんから。」

………………………………………………………………

いかがですか、
人は決断する時はどうしても慎重になります。

それゆえに、
「今決める」と言う最後の決断をするには
どうしても失敗したくないと言う思いが働きますので、
最後の決心が出来ないと言う方も多くいらっしゃいます。

ですので、
決断を相手にゆだねても簡単には決まりません。

決断は相手にしてもらうのでは無くて、
こちらで気持ちを押してあげれば良いのです。

そうすれば「後で検討します」と言う言葉を聞かずに
契約まで一気に進ませることも出来るようになりますから、
最後の決断は相手にさせるのではなく、
あなたがしてあげるべきです。

それが、
契約を貰う決め手になるからです。

どうぞお試しください。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
テレアポや飛込み訪問で効果のある方法を知りたい
と言う方は、こちらにもノウハウがありますので、
ご覧下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で断わられても、ここを工夫するとチャンスが続くノウハウ [営業方法]

保険の営業は1回で決まることが少ないだけに
いかに多くの見込み客を開拓するかで
成績も変わってきます。

でも、一生懸命説明すればするほど
相手から断られるパターンがふえるだけに
見込み客を見つけるのが難しい・・・
と言うのが現実です。

しかし、断られた後にもチャンスがあると
言うことをあなたはご存知でしょうか?

もちろん、
断られた時点でのチャンスではありません。

チャンスなのは
次に訪問しやすいように工夫した時です。

たとえば
「今のところ予定無いですから、」
と言われた場合、

この時点では断られた訳ですから、
その場を後にするだけですよね。

ここが次の訪問がしやすいようにする工夫です。

同じ断られるのでも
次につながる断られ方をするのです。

▼こんな感じです。
……………………………………………………

相手「今のところ予定無いですから、」

営業「そうですか、
   今のところ予定は無いと言うことですね、
   分かりました。
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   それではもし後で必要になるとしたら、
   私に相談して頂けることは可能ですか?」

相手「まあ、そう言う時あればね、」

営業「ありがとうございます。
   それではまた近くを通りましたら、 
   顔を出して見たいと思います。

   ありがとうございました、
   失礼いたします・・」 

……………………………………………………

いかがですか、
このような流れで会話を終えると
次の訪問もしやすくなります。

それに相手も断った気まずさもありませんし、
自分に対して断られたと言う意識を
小さくすることも出来ますから、
ストレスを軽減させる効果もあるのです。

これなら個人宅や会社で断られたとしても
次につながる訪問が出来ますから、
チャンスは続くことになります。

営業の基本は、
保険を売る前に自分と言う人間性を知らせ
そして相手から信頼を得ることが大事ですから、
それには何度でも訪問できる工夫をすることが
大事なのです。

どうぞ、お試し下さい。
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で使える「フォロー電話」の仕方 [営業方法]

保険の新規開拓の一環でテレアポしていると
「資料を送っておいて」と言われることも
よくあります。

半分は断り文句で口に出したかも知れませんが、
それでも見込み客になるかも知れないと言う期待で
資料を送る方も多いと思います。

そんな方へ資料を送った後の
フォローの電話の仕方をご紹介します。

一般的なフォロー電話で失敗する例と、
成功するフォロー電話の違いをご覧ください。

▼一般的なフォロー電話で失敗するパターン 
……………………………………………………………

営業「こんにちは、
  (   )生命の(   )と申しますが、
   先日お送りした資料はご覧頂いたでしょうか?」

相手「あ~すいません。
   ちょっと忙しくてまだ見てないので
   後で見ておきます。」

営業「そうですか、わかりました。
  (   )様にとって、とても良い保険ですから、
   ぜひご検討下さい。
   宜しくお願い致します。」

△上記失敗例に対して、
成功するフォロー電話の仕方です。 
……………………………………………………………

営業「こんにちは、
  (   )生命の(   )と申します、

   先日お送りした資料なんですが、
   (   )様もお忙しいでしょうから、
   まだじっくり見ていないと思いますが、

   実は、(   )様にとって
   とても大切な部分がありますので、
   そこの説明だけさせて頂いていたんですね、

   もちろん、判断するのは(  )様ですから、
   明日の夕方頃、事務所に居る時間帯に
   お伺いしたいと思いますが、
   すぐ終わりますので
         お時間5分だけ頂戴したいと思います。」

相手「そうですね、
   5分だけならいいですよ。」

営業「ありがとうございます。
   それでは、明日の夕方16時頃お伺いしますので、
   宜しくお願いします。」

…………………………………………………………

いかがですか、

このように
「資料を送りましたがご覧になりましたか?」
と話してしまうと、

「忙しくてまだ見ていませんので、」
と簡単に逃げられてしまいます。

なので見ていないことを前提にして、
「まだじっくり見ていないと思いますが」
と言ったフレーズで進めて行くと
相手の反応も変わって来ます。

さらに「実は(   )様にとって
大切な部分があるので」と続けていくと、

自分にとって大事な話しなのかも知れない?
と思わせることが出来ますから、
簡単に断わられないようにすることも
できるようになります。

いかがですか、
このような感じなら相手側も負担と思いませんし、
話しだけならいいよと言わせることも出来るように
なります。

せっかく資料を送る訳ですから、
次に繋がるフォローをすることが出来れば、
見込み客も増えて契約まで持って行くことも
可能になります。

どうぞ、お試しください。
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で大事なことは「その話しを聞かせて欲しい」と相手に言わせること [営業方法]

保険の営業する際に、
話しを聞いて欲しいと思っていても
相手側にすれば、

「話しを聞いたら契約させられてしまう・・・」
と警戒するのが一般的です。


ですので、
「そう言った話しは聞きたく無い」
と断わってくる方が多いのです。


そこで、保険の営業をする上で大事なのは
保険を売り込んではいけないこと。

つまり売り込んだ時点で
「その話しなら間に合ってますから」
と断られてしまうからです。

実際、断わられる件数が多いですよね、

では、どのようにしたら良いのかと言いますと、
「その話しを聞かせて欲しい・・・」と
相手から言わせるようにすれば良いのです。

それには相手が入っている保険について
確認作業します。

なぜならほとんどの方は、
自分がどれだけの保険に入っているのか
知らない?と言う方が多いからです。

確認作業していると必ず聞かれます、。
「私が今入っている保険は
本当に必要な保険になっていますか?」

それだけ確信持って保険に入っている人は
少ないと言うことです。

そこで、今入っている保険が自分にとって
どれだけメリットやデメリットがあるかと言うことを
相手に教えてあげるようにして下さい。


そうすれば
「その話しをもっと聞かせて欲しい」と
言わせることも可能になりますから、
その後の展開を替えることも可能になります。

これならば売り込みでは無く
教えてあげると言うスタンスですから、
あなたを見る目も変わってくるようになります。

どうぞ参考にして見てください、
あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で相手から歓迎される訪問の仕方とその工夫 [営業方法]

保険の営業で会社や個人宅を訪問する際に
相手から歓迎される訪問の仕方があるとしたら・・・
あなたも使って見たいと思いませんか?

たとえば訪問される側にして見れば
営業マンの話しがすぐ終わるのか心配だと言う方や
長居されるのはイヤだと思う方が多くいらっしゃることです。

せっかく訪問する訳ですから、
相手から歓迎されるような訪問をすることが出来れば
あなたの印象も良くなりますよね。

では、どのようにすればいいのかと言いますと
相手に帰る時間をそれとなく伝えてあげればいいのです。

相手側も帰る時間が分かれば、
「この営業マンは(  )時には帰るんだな」
と安心させることが出来ますから、
話しを聞いてくれるメリットにつながるんですね。

たとえば、相手方に訪問した時に
……………………………………………………………
今日はこちらの地区をご挨拶で廻っておりまして、
10分程度しかお話しできませんが、今宜しいですか?
……………………………………………………………
今日は(   )時から移動しなくてはいけませんので、
それまでお時間宜しいですか?」
……………………………………………………………
と言った感じで滞在時間を知らせてあげます。

それ以外にも「5分だけお時間宜しいですか?」
と伝えるケースもありますが、
それでは「5分だけと言っても結局は長いんでしょ」
と見透かされるケースもありますから、

それならば、
「この時間までしかお話しできませんので」と言った方が
相手に信ぴょう性のある印象を与えることが出来ますから、
それならばと話しを聞いてくれる方も出て来ます。

それに今回たとえ成果が無かったとしても、
次回訪問した時も「長居しない保険屋さん」と言う
イメージが出来ていますから、
相手も安心して話しを聞いてくれるようになります。

いかがですか、

相手から歓迎される訪問ならば、
見込み客を増やすことも可能になりますよね。

どうぞお試し下さい。

その他、 保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で話しをしてもすぐ断わられてしまうと言うへ、この工夫なら相手も喜んで話しを聞いてくれる [営業方法]

保険営業の悩みと言えば、
訪問や電話をしてもすぐ断わられてしまい
思うような結果を出すことが出来ないことです。

あなたもそうではありませんか?

相手の状態によって違いもあるでしょうが、
ほとんどの方は保険の話しなど聞きたくない?
と思っている方が多いのですから、
提案をする営業マンも大変です。

断られることが分かっていて、
平気だと言う人はいないからです。

それに保険の営業をする以上は
目標とした結果を出したいと思うのは当然ですし、
相手から喜んで貰いたいと思って営業する訳ですから、
断わりが続いてしまうと気が滅入ってしまうのは
誰でもありますよね。

そんな気が滅入っているあなたに、
相手から断られないで話しをすることが出来る
そんなトークの工夫をご紹介したいと思います。

まずは、自分が営業された側だと思って下さい。
………………………………………………………
職場なり自宅に電話がかかって来たとします。
電話を取ると保険のセールスのようです。

(ああ保険の電話か、面倒だから断るか・・・)
そう決めたあなたは相手に言いました。

「今忙しいので今度にしてくれますか?」

このひと言を言って電話を切りました。
………………………………………………………

いかがですか、
あなたもこんな感じで電話を切ることが多いですよね。

つまり、保険の売り込み電話だと思われてしまうから、
すぐ断わられてしまうのです。


そこで断わられないための工夫です。

保険の売り込み電話だと思われてしまうから
簡単に断わられるのであって、

反対にそうでないと思わせることが出来れば・・・
また違った展開にすることが出来ますよね。

たとえばこんな工夫をして見てはいかがでしょう。
………………………………………………………
(1)保険の売り込みと思わせないこと、
(2)これを知らないと損するかも?と思わせること
(3)それが自分に無いと困る?と思わせること
………………………………………………………


このような組み合わせをすると、
ほとんどの方が話しを聞いてくれるようになります。

なにしろ売り込みの電話では無く
自分が損をするかも・・・あるいは、
それが無いと自分が困る?と言うことなら
話しを聞いてくれるようになるからです。

このような工夫をすることによって
相手からその話しを聞かせてほしいと
言わせることができるようになるとしたら・・・
あなたも試して見たいと思いますよね。

でも実際にどうすればいいのか?
トークに使える妙案が浮かんで来ない・・・
と言う方もいらっしゃると思います。

そこで保険の営業で苦労しているあなたに、
効果的なテレアポトークや結果を残せるような
そんな「最新の営業ノウハウ」を知りたい時は
こちらを参考にして下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。




コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新しい営業方法を知りたい方に、これなら「見込み客」も増える [営業方法]

保険の営業方法を知りたいと言う方に
参考になるノウハウをご紹介したいと思います。

そもそも保険の営業で苦労する点は
・個人宅の訪問でドアを開けてもらえない、
・話しを聞いてもらえない・・・
・そして冷たく断られてしまう・・・

と言ったように
思うように話しを聞いてもらえないために
見込みも増えず契約も決まらないと言う点です。

最初の難関がインターホンの攻略だと言うのは
言うまででもありません。

ほとんどがインターホンで断られるか、あるいは
居留守を使われてしまうかのどちらかですから、
話しを進めることが出来ずに終わってしまうことも
珍しくはありませんよね。

では、どのようにしたら話しを聞いて貰えるのか?
と言うことで、参考になるちょっとしたコツを
ご紹介したいと思います。

まずは、ネックとなるインターホンの攻略です。

いまやインターホンを鳴らすのは宅配か
あるいは訪問販売かと言うのが現状ですから、
出る側も面倒な相手にかまっていられないと言うことで
話しも聞かずに断る方が多いのです。

ここにヒントがあります。
「宅配ならば出る」と言うことです。

と言うことは・・・
宅配らしき感じならば出てくれると言うことに
なりますよね。

ですが以前と違って
訪問販売は誰が何の目的で訪問したのかと言う
「特定商取引法」を遵守しないといけませんから、
相手に訪問理由をキチンと説明しなくてはいけません。

でも、そのまま訪問理由を相手に伝えては
門前払いになるのは目に見えていますから、
ここが皆さんが苦労している部分です。

そこで攻略方法です。

つまり、こちらが何の目的で訪問したのかを
キチンと伝えることが出来れば問題無いのですから、
そこは法令に従ってキチンと説明しながらも
相手にドアを開けてもらう工夫をします。

それが「面倒な話しでは無い」と言うことを
相手に伝わるように工夫することです。

それにはあっさり感を出しながら
何の話しなのかな?と軽く思わせるようにして、
相手にドアを開けさせるように出来れば
今まで以上の結果を残すことも可能になります。

いかがですか、
チョットしたコツで次に進ませることになれば、
試して見る価値はありますよね。

ひとつの工夫として
試して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

そのインターホンのやり方を知りたい、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「話しを聞いて貰える工夫」 [営業方法]

保険の営業で辛いのは、
どこに行っても話しを聞いてもらえない
と言うことですが、

保険の必要性を知ってもらい
そして契約を貰いたいと思っていても
話しを聞いて貰えなければ先に進みません。

そこで保険の話しを聞いて貰うコツと
契約をいただくコツです。

まずはあなたは保険の説明をする時に
どのような形で話しをしているのか?
と言うことです。

たとえばガン保険の例で言えば、
パンフレットに書かれているような説明しても
そんなことは資料を見れば分かりますし、
長々と聞きたいとは思いません。

でも、それが身近に起こった
実際の「事例」を目の当たりにされたら
誰でも気になりますよね?

つまり実際に起こった事例を話すことで
自分に起こった場合はどうなるのだろう?
と自分に置き換えて考えるさせるようにすると
話しを聞いてくれる方が増えます。

「最近こんな事例があったんですよ、」
と言われると何となく聞いて見たいと
衝動にさせるのがポイントです。

あとは話しの流れで
ガン保険などの説明も出来ますから、
今まで以上の結果も期待できると言う訳です。

どうぞあなたも身近な事例を出して
「こんなこともあったんですよ、」
と話して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。






コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の30件 | -