So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

保険の新規開拓で受付や事務員に良い印象を残すと結果も変わってくる [営業方法]

保険の営業で会社関係に電話すると、
ほとんど受付や事務員と言ったように
同じ人が出るケースが多くあります。

そうした場合、
保険の案内で断わられたからと言って
そのまま自分から簡単に電話を切ってしまうと、
相手の方はあなたが電話したことを
忘れてしまいます。

そして次回電話したとしても
また同じように断わられてしまい、
担当者に電話を回してはくれません。

なぜなら、いつも電話してくる営業マン、
としか見てくれないからです。

たとえば事務員から、
「必要ありません、」
「断わるように言われておりますので、」
と言ったように断わられた時に

「わかりました、
 失礼します・・・ 」

と簡単に電話を切ってしまうと
事務員はあなたの事を覚えてくれませんから
担当者まで電話を取り次いでくれません。

その理由のひとつとして多いのは
「また保険の電話か・・・」
となってしまうからです。

たとえ事務員から冷たく断わられようが
次につながる印象を残すことが大事ですから、
それには「感謝の気持ち」を伝えるようにすると
相手の記憶に残すことができます。

こんな感じで感謝の言葉を残すと印象変わります。
……………………………………………………………

事務「そう言った話しは
   断わるように言われておりますので・・ 」

営業「そうですか、
   今のところ間に合っていると言うことですね。
   わかりました。

   ところで今すぐではないんですが、
   新しい保険の情報も入ってきますので
   その時は皆さんにもご紹介していたんですね。

   リスクを減らす意味でも
   皆さんにお役に立てる内容ですから、
   その時はまたご案内したいと思います。

   本日はお忙しい所ありがとうございました。
   失礼いたします。」

…………………………………………………………

このような感じの終わり方をすれば
たとえ断られたとしても次の電話しやすくなりますし、
お互い嫌な思いを引きずることもありません。

相手の心証を良くするのも
出来る保険の営業マンの秘訣になるのですから、
あなたも次につながる電話をして見ては
いかがでしょう。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは保険の新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「保険に入りたいと言わせる方法」 [営業方法]

保険の営業していると
「保険はもう入っているので・・・」
と断られることがあります。

ほとんどの方が保険に加入している状況ですから
保険に入ってくれる方をどのように探したら良いのか?
そこの部分で皆さんも苦労されていると思います。

そこで、今すぐ必要と思っていない相手でも
その保険に入りたいと思わせる工夫があります。

それが「付加価値」を与える工夫です。

保険に対する付加価値をひと工夫付け加えることで
相手にそれが必要だと思わせることが出来ますから、
今まで興味無かった相手でも意識を変えることが
出来るようになるからです。

相手も「これなら保険に入った方がいいかも・・」
と思えばそれをキッカケに入る方もいますし、
今までのように冷たく断られることもありません。

それが出来るのも「付加価値」を与えることが
出来るからです。

たとえば、
相手は今の保険で十分だと思っています。

そこへあなたが普通に勧誘しても
相手は今のままで十分だと思っていますから、
断わられるのは目に見えています。

ではどのようにしたら
話しを聞いてもらえるのかと言うことで、
付加価値を与えるトークの出番です。

こちらをご覧ください。
………………………………………………………

相手「ああ~保険ですか、
   今のところ入る予定は無いので
   間にあっています。」

営業「そうですか、
   今のところ間に合っていると言うことですね。
   わかりました、

   ちなみに保険の使い方を工夫することで
   急な出費にも役立てることが出来るんですが、
   ご存知ですか?」

相手「出費ですか? 」

営業「ええ、そうです。
   たとえば急な出費があった時に
   手持ち資金が無い時ってありますよね。

   でもキャッシングで工面すると言うのも
   考えものですし、そこまではと言った時に
   役立つ保険があるんです。

   今まで掛けている金額の範囲内で
   用立てることも出来て、
   返済しなくても済む方法もあるんです。

   こう言ったお話しと言うのは
   聞かれたことはありますか?」

………………………………………………………

と言ったように
保険の新たな使い道があると言うことが分かれば、
それだったら本当に万が一の時に使えると言うことで
保険に入ることを考えてくれる方も出て来ますし、
見込み客をつかまえることも出来ます。

今までの保険の営業と言えば、
保険に入りませんか、と言ったように
相手に押し売りする感じでしたので

「またその話しか」になってしまい、
お断わりされていました。

それがこんな使い方もあるんですよと言った
「付加価値」を相手に教えてあげれば良いのです。

そうすれば今まで以上に興味を持ってくれますし、
そこから新たに展開を進ませることも
可能になります。

どうぞ、お試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。






コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険のテレアポで思うように話しをすることが出来ない方へ、これならアポが取れる [テレアポ]

保険の新規開拓でテレアポする場合、
電話が苦手で話しを勧めることが出来ない
と悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。

それだけ電話しても断わられることが多いからですが、

そもそもテレアポが苦手な理由としては、
いくら電話をしても簡単に断わられるばかりで
思うようにアポイントが取れないからです。

ご存知のように、
テレアポや営業の電話が毎日のように
自宅や事務所にかかって来ますから、
受ける側もウンザリしています。

そこへあなたが
初めて電話したのにもかかわらず、

「保険の話しなら間に合ってます、」

とすぐ断わられてしまうのですから、
どうやって話しをすれば良いのかと
悩んでしまいます。

では、どうすればいいのか?
どのように話しを持っていけば
最後まで話しを聞いてくれるのか?

と言うことで、
話しを聞いて貰えるコツがあります。

まずはテレアポに対する苦手意識を変えるには
最初の入り方を変えることです。

最初の入り方がスムーズにいくことで
話しを聞いてくれる方も出てきますから、
電話に対する苦手意識も無くなります。

さらに、自分がイメージした流れで話しが進めば
仮に「やっぱり今回は遠慮します」と言われても
それはきちんと話した後での結果ですから、
それほどダメージを受けることはありません。

今までは話しすら出来ずに終わっていたのですから、
そこは大きな違いです。

あなたもテレアポに対して苦手意識があるのでしたら、
最初の入り方を変えて見て下さい。

今より違った結果を残すことも可能になりますし、
電話に対する苦手意識も無くなります。

その入り方をどうすればいいのか知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の尾営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも保険に使えるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。





コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で役立つ営業ノウハウを使えば、あなたでも結果を出すことができる [営業方法]

保険の営業でお困りになっている方へ、

新規開拓で役立つ「最新の営業ノウハウ」を使えば
あなたでも今まで以上に結果を出すことが出来ます。

たとえば、インターホンで門前払いされていた営業が
コツを知ることで会話を続けることが出来るようになり、
そしてドアを開けて話しをすることも可能になります。

さらに会社訪問でいつも受付の段階で断られていたのが、
担当者までつないで貰えるようになります。

また電話する時も最初のフロントトークを工夫することで
社長まで電話をつないで貰うことも可能になります。

そしてなんと言っても大きいのは
見込み客が今まで以上に増えるようになりますから、
安定した契約本数を上げることが出来るようになることです。

いかがですか、
見込み客が増えれば新規件数も増えるのは当然です。

その当然なことが今まで出来なかったのですから、
あなたも結果を出すことに苦労していたはずです。

しかし、これからは違って来ます。

今まで最初の段階ですぐ断わられることが多くて
あなたも長い間結果を出すことが出来なかったと思いますが、
そんな嫌な思いをしなくても済むようになるからです。

それが出来るのも、
保険の新規開拓に役立つ「営業ノウハウ」があるからです。

あなたも結果の出なかった営業から
毎月安定した結果を出せる営業して見ては如何でしょう。

その「最新の営業ノウハウ」を知りたい、
あるいは今より新規契約を増やしたいと思っている方は
こちらにも保険の営業で使えるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。




コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「話しを聞いて貰える工夫」 [営業方法]

保険の営業で辛いのは、
どこに行っても話しを聞いてもらえない
と言うことですが、

保険の必要性を知ってもらい
そして契約を貰いたいと思っていても
話しを聞いて貰えなければ先に進みません。

そこで保険の話しを聞いて貰えるコツです。

まずはあなたは保険の説明する時に
どのような形で話しをしているのか?
と言うことです。

たとえばガン保険の例で言えば、
パンフレットに書かれているような説明しても
そんなことは資料を見れば分かりますし、
長々と聞きたいとは思いません。

でも、それが身近に起こった
実際の「事例」として話しをされたら
誰でも気になります。

つまり、実際に起こった事例を話すことで
自分に起こった場合はどうなるのだろう?・・・
と自分に置き換えて考えるさせるようにすると
話しを聞いてくれる方が増えるのです。

「最近こんな事例があったんですよ、」
と言われると何となく聞いて見たい・・・
と言う衝動にさせるのがポイントです。

あとは話しの流れで
ガン保険などの説明も出来ますから、
今まで以上の結果も期待できると言う訳です。

どうぞあなたも身近な事例を出して
「こんなこともあったんですよ、」
と話して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも営業ノウハウがありますので
ご覧下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問でインターホンが苦手だと言う方へ [飛び込み訪問]

保険の新規開拓で個人宅へ訪問する際、
インターホンが苦手だと言う方は
たくさんいらっしゃいます。

何度訪問しても断わられることが多く
まともに話しを聞いてもらえないので
どうしたらいいのかと悩んでしまうからです。

そもそも「飛込み訪問の目的」は
保険の必要性や内容を理解してもらい、
そして安心して有意義な人生を過ごして貰うために
本人はもちろんのこと家族全員の幸せを願うことで
加入を進めるのが目的です。

ですが、相手側にすれば
「話しを聞いたら契約させられる?」
と言った警戒心で思われてしまうので
お断りされてしまうのです。

それゆえインターホンで断られるたびに
飛込み訪問が苦手になる方が多いのです。

そんな飛込み訪問が苦手に思っている方へ、
気軽に出来る方法があります。

それはインターホンでやり取りする中で、
考え方の切り替えをします。

たとえば訪問するのは自分ですが、
話しをするのは保険の必要性や内容について
保険の「プロのアドバイザー」がしていると
思わせるように接することです。

そうすると断わられたのは自分ではなく
「保険のプロのアドバイザー」なのですから、
話しを聞くか聞かないかは相手次第だと
思えば良いのです。

このように訪問する意識を変えるだけで
何件断わられても苦にすることはありませんし、
気が滅入ることもありません。

なにしろ断わられているのは自分では無いからです。

このように考えれば気軽に訪問出来るようになり、
そして苦痛に思うことも無くなります。

どんどん訪問して見てください。

今まで以上にドアを開けてくれる人も増えますから、
営業していて楽しくなって来ます。

どうぞ、お試しください

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

「保険の飛び込み訪問」で結果を出したい方へ、これが効果的に訪問出来るコツです [飛び込み訪問]

保険の飛び込み訪問が思うように出来ず、
苦労している保険の営業マンの方へ、

飛び込み訪問が気軽に出来る方法があります。

例えば飛び込み訪問の効果的な方法としては
訪問先を選ばずに軒並み訪問することですが、

実際、訪問しようと思っていても
家の外見で選んだり庭に人がいたりすると
そのまま素通りしてしまうと言う経験・・・
あなたもありませんか?

これが訪問恐怖症に陥っている現象です。

一旦訪問しない理由を作ってしまうと
「ここは行かなくても次があるからいいか、」
となってしまい自分で自分を納得させると言う
いびつな状態に陥ってしまいます。 

数件の飛ばしが数十件になり、そして
「なんか調子悪いから休憩するか・・・」
となってしまう悪循環。

そうすると訪問件数が伸びないどころか
訪問すること自体恐くなり時間だけが過ぎてしまう・・
この典型的なパターンに陥ってしまうのが
多くの保険営業マンが経験していることです。

つまり、いかに軒並みに回れるかが大事なことであり、
その後に起こる結果(断り)は相手次第なのですから
訪問しなければ何も始まりませんし結果も分かりません。

あなたも思っているはずです。

自分も気軽に飛び込み訪問して
どんどん見込み客を作って契約を決めたいと。

でも、実際は訪問できずに足が動かない、
どうすれば思い切ってインターホンを押せるのか?

そしてインターホン越しに
相手と気軽にしをすることが出来るのか?

どうすればいいのかわからない・・・ 

そんな飛び込み訪問で困っているあなたに、
気軽に話しを聞いてもらえる方法やトークのノウハウ
飛び込み訪問で使える保険営業のコツがありますので、
こちらをご覧ください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「話しを聞いてもらえる工夫」をすると見込み客も増える [営業方法]

保険の営業で困るのは
「保険」と言う言葉を出すだけで、
相手が引いて終わってしまうことです。

保険は誰でも分かっているだけに
今は保険に入る余裕が無いと言ったように、
簡単に終わってしまうことが多いからです。

そんな保険の営業ですが、
どのようにしたら話しを聞いてもらえるのか?
皆さんもそこの部分が知りたいですよね。

そこで保険と言う言葉を出しても
断られずに話しを聞いて貰えるコツです。

それは保険を売ろうと思わないこと。

相手が警戒するのは
保険の話しを聞いたら契約させられる・・・
と言った先が見えることです。

ましてや自分から話しを聞きたいと言うのではなく
あなたと言う営業マンから保険を勧められる訳ですから、
どうしても疑ってしまいます。

この営業マンが勧めている保険は
本当に自分にとってベストな保険なのか?
もしかすると営業マンの成績に有利な保険として
持って来たのではないか?と言ったように思われて
誰も話しを聞いてくれません。

そこで保険と言う商品を売ろうと思わずに
相手が抱えているかも知れないリスクの存在について、
似たような事例を示しながら教えてあげるようにします。

こう言った時はこれだけの保険金がもらえるので安心だが
こう言った場合は受け取ることが出来ないので注意が必要です、
と言った感じで有益な情報を教えてくれる営業マンならば
相手も信用してくれるようになります。

後は保険について気軽に話しを聞いて貰えるようになりますし、
知り合いの方を紹介してくれることも期待できます。

このように保険の営業は誰でも知っているだけに
すぐ断られることも珍しくありませんが、

反対に知っているからこそ
相手の信頼を得ることが出来れば楽なことはありません。

なんと言っても保険の営業で成功する秘訣は
いかに相手から信頼を得ることが出来るかで決まるのですから、
結果を求めるのでは無く相手のために行動して見ては
いかがでしょう。

そうすれば話しを聞いてくれる方が増えるようになります。
どうぞお試しください。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。




 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問が「どんどん出来る方法」なら見込み客も増える [飛び込み訪問]

保険の新規開拓で飛び込み訪問をする場合、
基本となるのは軒並み訪問をすることですが
実際、訪問しようと思っても

「ここはちょっと入りづらいな・・・」

と言った感じでそこを飛ばして

次の訪問先に行くこともあると思いますが、
あなたの場合はいかがでしょう?

本当は軒並みに訪問したいのに
どうしても勇気が出ずに飛ばしてしまう・・

そんな訪問恐怖症に陥りそうなあなたに
気軽に出来る飛び込み訪問の仕方があります。

まずは積極的に飛び込み訪問をしたいのであれば、
例外を作ってしまう自分の心の弱さを
克服しなくてはいけません。

心の弱さとは、
他人から冷たく断わられることによって

自分が傷つくことへの恐れや、
失敗して惨めな想いをしたくないと言った
自分の弱さです。

これが訪問する気力を失わせてしまう
大きな原因になるからです。

そこで解決策です。

そもそも訪問することが怖い?と思うのは
自分で作り出している妄想があるために
思うように行動することが出来ない事であり、

実際ひどい仕打ちに遭うことなど
ほとんど無いのですから、
何も心配いらないと言うことを知るべきです。

ここで言う妄想とは
・何しに来たと怒鳴られる
・二度と来るなと叱責を受ける、
・水をかけられると言った仕打ちを受ける
・相手から無視される
と言ったような仕打ちを受ける妄想ですが、

実際そんな仕打ちに遭うことは
ほとんどありません。

その証拠に訪問して見れば分かります。
………………………………………………

相手「いまのところ
   保険は間に合っていますので、」

自分「そうですか、
   今は間に合っていると言うことですね、
   分かりました、
   失礼します・・・」

 (断わられたけどこんなものか、)

………………………………………………

いかがですか、

このように必要ないからと断られるだけで
自分が思っている妄想に会うことはありません。

これでどんどん訪問出来るようになります。
あなたの健闘を応援いたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で結果を出す方法、それは「思い込みの心理」を利用すること [営業方法]

保険の営業する上で悩むことと言えば、
新規開拓や目標を達成出来ないと言った
数字に対するプレッシャーです。

保険の営業は結果を出して
初めて収入に反映される訳ですから、
結果を出さないことにはやって行くことが
出来ません。

ですが、結果を出したいと思っても、
断わられる件数が続く今のような現状では
どうしたら良いのかと困ってしまいますよね。
そこで保険の営業に役立つのが心理学です。

ここで言う心理学とは、
自分に対して効果的な心理状態にする事によって、
保険の仕事を思い通りに行かせることです。

つまり、自分が変われば
今まで以上の結果を残すことが出来ると
言う訳です。

その方法のひとつとして、思いこみが
自分を助けるパワーになることもあります。

方法は簡単です。
……………………………………………………
自分は出来る人間だと思い込むこと。
……………………………………………………

たとえば飛び込み訪問で断られることが多く
思うように結果が出ないと言う時は、
自分のやり方や話し方が悪いのだろうかと
落ち込むことってありますよね?

そうするとその気持ちのまま飛び込み訪問を続けても
良い結果を出すことは出来ませんし、
ますます気分が落ち込むだけです。

そこで思いこみの精神です。

自分は出来る人間だから
これくらいの断わりは何ともないと思えば、
気も楽になるから不思議なものです。

あとは
「自分は出来る!
 必ず成功する!」と想い続けると、

飛び込み訪問も楽に出来るようになりますし、
結果も付いてくるようになります。

なぜ結果が付いてくるようになるのか、
あなたはお分かりになりますか?

それは営業に前向きになっているあなたの雰囲気が、
相手に対して「自信にみなぎったオーラ」として
伝わっているからです。

なんでもそうですが、
プロフェッショナルな人ほど周りから信頼を受けやすいですし、
その人が言う言葉は信用してしまいますよね。

それだけ自信を持っているからこそ、
相手から信用されると言う訳です。

さらに飛び込み訪問しても動じることはありませんし、
この営業マンは出来る人間だなと思わせることで
商談も前向きに進ませることも出来るのですから、

何事も自分は出来る人間だと思い込むことが
大事なんですね。

あなたも思い込みのパワーで、
自分に自信をつけてどんどん結果を出して下さい。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で断わられる件数が続いた時、このように工夫すれば相手の反応も変わる [営業方法]

保険のテレアポや飛び込み訪問をしても
簡単に断わられることが多い訳ですが、
あなたの場合はいかがでしょう?

・保険と言うだけで断わられてしまう、
・会社名を出した時点で断わられてしまう、
・いつも事務員止まりで担当者まで進まない、 

いかがですか、

どれもよくあるパターンですが、
では反対にあなたが営業される側だったら、
どのように受け答えをするでしょうか?

あなた自身が営業される立場で考えると
自分がすべき対処方法が見えて来ますので、
対策も立てやすくなるからです。

たとえばこのような感じです。
………………………………………

「なんだ営業の電話か、
 面倒くさいな・・・
 いらないと言っておくか・・・」

「また(  )の話しか、
 必要ないと言っているのに・・・」

………………………………………  

あなたもこの様に感じる電話であれば、
あなた自身も相手に同じようなことを
していると言うことです。

あなたも面倒くさいと感じるように
相手も同じ様に思っているのですから、
相手が話しも聞かずに断わると言うのは
あなたも同じように営業しているからです。

ではどのようにすれば話しを聞いてくれるのか?
と言うことになりますが、

その解決策のひとつとして
面倒だと思われないように工夫することです。

たとえば相手側にして見れば
色んな電話がかかって来る事が多い訳ですから
まともに聞いていたら面倒で疲れるだけですし、
もう断わってしまえとなってしまうだけです。

ですので、
最初のフレーズが重要なのは言うまでもありません。

もし、あなたもいつもお決まりのトークしか使っていない、
あるいは他のトークが思いつかないので
そもまま同じトークだけで話しをしている・・・
と言う場合は見直しをして見てはいかがでしょう。

もちろん今のトークで成果があると言う場合は
取り立てて替える必要性はありませんが、
もっと結果が欲しいと言うのでしたら
いくつか試して見るべきです。

きっと効果の違いに驚きますよ。

その使っているトークの見直しをしたい、
もっと効果的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも営業に使えるノウハウがありますので、
ご覧になってください。


 


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「かんぽ生命」でも使える【実践的な営業ツール】が、あなたの契約本数をアップさせる [営業方法]

保険の営業で使えるノウハウとして 
かんぽ生命の窓口業務でも使える、
保険の契約口数をアップさせる方法があります。

たとえばかんぽ生命でも各種営業ツールを使って
窓口などで保険の勧誘をしている訳ですが、
思うように行かないのが現状です。

それと言うのも
相手が興味を示すツールが無いからです。

もちろん、会社が用意しているチラシはありますが、
それは相手に対して興味を与えるものでは無く
いったん話しを聞いてくれた人が読む内容と
言ったものが多いからです。

ゆえに、保険に関心が無い人に対しては
興味や刺激を与えるには程遠い内容でしか
ありません。

つまり費用を掛けてチラシを渡しても反応が無いのは
「今ちょうど保険を考えていた」と言った人しか
印象を与えることが出来なかったのです。

そこで、今回ご紹介するのは
興味の無い人にでも読ませることが出来る
保険の窓口業務でも使える営業ツールです。

それも訪問営業にも使えるツールですから
飛び込み訪問が苦手な方でも出来るようになりますし、
2回目の訪問で契約を取ることも可能です。

さらに、各保険会社の特色を出したのもありますので
どこの所属先であっても心配することはありません。

▼その営業ツールのサンプルがこちらです。

       ↓ ↓ ↓

image2511.jpg

 こちらは「かんぽ生命」の作成例です。

この他にも各保険会社の作成実績がありますので、
所属する先に応じてチラシを作成しております。

保険の営業現場で使えるツールやノウハウなどを
新規開拓で結果を出したい方に提供していますので、
保険の営業でお困りになっている方や

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で結果が欲しい時、この工夫すると初心者でも契約が取れる [営業方法]

他の保険営業マンは
毎月のように結果を出している、
あるいは売上げを達成している、

なのに自分だけは思うように
結果を出すことが出来ない・・・

このように悩んでいる方もいますが、
あなたの場合はいかがでしょう?

一生懸命保険の営業しているのに
なぜか結果が付いてこない・・・
どうすればいいのか困っている・・

そんな悩みで自信を無くしている方に
問題を解決する方法です。

その方法と言うのは、
「考え方を切り替える」と言った工夫です。

ご存知のように
結果を出すには努力が必要です。

ですが、努力したからと言って
必ず報われるとも限りません。

そうすると考えてしまいます。

何が足りなくて結果が出ないのか、
やはり自分には能力が無いのか?・・・

このようにいくら努力しても報われない時ほど
どうしたらいいのかと悩んでしまいます。

反面、結果が出る時と言うのは
タイミングが重なって出ることもありますし、
後々になってから実を結ぶこともあります。

ここで「考え方の切り替え」です。

自分はこれだけのことをして来たから、
と言った「線を引く」のでは無く、
結果が出るまで追い続けると言った
考え方を持つことです。

ご存知のように保険の営業すると
ほとんど断わられます。

でも中には話しを聞いてくれる人も居ますし、
感じの良い方もいらっしゃいます。

そう言った方が営業先に隠れているのですから、
そのような人に当たるためにも当たるまで
件数をこなすことが必要です。

それが10件目で当たるのか?
それとも50件目で当たるのか、
あるいは101件目で当たるのかは分かりません。

それが分かるのは実際に当たった時にこそ
初めて分かることであって、
途中で諦めていては分かりません。

つまり、諦めずに実行していれば
「必ず報われる時が来る」のですから、
悩む前に行動を続けるんだと言う
考えを持つようにすることです。

そうすれば今まで以上に契約も増えますし、
結果を出すことも可能になるからです。

どうぞ考え方を切り替えて下さい、
あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で、反応の良い「見込み客」を見つけるコツ [飛び込み訪問]

保険の飛込み訪問で辛いのは
訪問しても留守や不在であったり、
インターホンで冷たく断わられてしまい
話しも出来ずに終わってしまうことです。

さすがに足取りも重くなりますし、
モチベーションも無くなってしまいます。

そこで気持ちを切り替えるコツです。

それはすべての訪問先に
初回から説明しようと思わないこと。

たとえば飛び込み訪問をする場合、
訪問した相手すべてに話しをつけて
何とか契約に持って行きたい所ですが、
それでは全ての相手に一から十まで
労力を使うことになります。

保険の話しを聞いてもらいたいと
思う気持ちが強くなるだけですから、
良い返事を貰うことは出来ません。

なにしろ色々な営業マンが訪問してくる訳ですから、
売り込みの話しなど聞いてくれないのが
現状だからです。

実際入り口部分で断わられることが
多いのが現状ですよね。

これではやる気が失せるのは当然です。

そこでちょっと入り方を変えるだけで
気持ちが楽になる方法がありますので、
次のように試して見てはいかがでしょう。

それは訪問する際に
相手が興味を持っているかどうか、
その振り分けをすると言う感覚で訪問すること。

皆さんもご承知の通り、
初回から売り込もうとしても
ほとんどが拒絶されてしまいます。

せっかく訪問したとしても
簡単に断わられてしまうのですから、
気が滅入るのは当然です。

その拒絶を振り分けるようにするのが
今回の売り込みをしない訪問をすることです。

それに売り込みをしないで
興味あるかどうかを探すようにすると、
モチベーションも余裕で保つことも
出来るようになりますから、
今までと違う結果を出すことも可能になるのです。

では、実際どうすればいいのか?
と言うことになりますよね、

そこで次のようにして見てください。

それは相手に「豆知識を与える」と言う
訪問の仕方です。

「こちらの保険には
 このような(    )もあるんですが、
 ご存知でしたか? 」

と言ったように相手が知らない情報を教えてあげる事で
今までと違った反応も出てきますから、
その反応を見て「振り分け」をするようにします。

反応が無ければそれ以上深追いせずに、
次の訪問先へと進みます。

このくり返しをすることで
反応が無い相手に無駄な労力を使わずに
効率よく件数を廻ることが出来ますから、
結果として反応が良い相手を見つけることが
出来るようになると言う訳です。

今までのように
訪問した先全てに労力を使うのではなく、
反応が良い相手を見つけると言う感覚で
訪問して行くようにすれば良いのです。

そうすれば結果も変わって来ますよ、
どうぞお試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。





コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛込み訪問で成功する秘訣、それは「興味を引き付けるトーク」を使うこと [飛び込み訪問]

保険の飛込み訪問で辛いのは
ドアを開けて貰えず話しができないこと。

1日中飛込み訪問しても
一件すら話できないこともあります。

では、なぜドアを開けて貰えず
話しを聞いてもらえないのか?

その理由は簡単です、

ドアを開けて貰えないトークしか
使っていないからです。

もしドアを開けて貰えるトークがあるとしたら、
あなたも使って見たいと思いませんか?

そんなトークがあるなら教えて欲しい、
とおっしゃるあなたにコツがあります。

まずは今まで飛込み訪問がうまく行かないのは
最初のインターホンで断わられることが多く、
保険の話しが出来ないこと。

個人宅に訪問する場合、
ネックとなるのはインターホンの存在です。

インターホンで簡単に断られてしまうために
見込み客もできないのは当然です。

そこで
個人宅のインターホンで上手く行く方法です。

それは相手の立場になって考えること。

自分が相手の立場だったら
どう言われると聞く耳を持つだろうかと
考えて見ます。

こう言われたら話しを聞いてもいいかな?
と言った感じで自分なりに工夫して見ます。

今までは会社から教えられたトークを元に
訪問していたと思いますが、

それでは他の人と同じような話し方になり、
「また保険の話しか」となってしまいます。

そこで相手の興味を引きつけるには
相手の立場に立ったトークが必要です。

その相手の立場に立ったトークと言うのは、
相手に興味をもたらすイメージトークのことです。

あなたも自分だけのイメージトークがあれば
使って見たいと思いますよね。

そのトークを作るにはどうしたらよいのか?

 


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で受付や事務員に良い印象を残すと結果も変わってくる [営業方法]

保険の営業で会社に電話すると
ほとんど受付や事務員と言ったように
同じ人が出るケースがあります。

そうした場合、
保険の案内で断わられたからと言って
自分から簡単に電話を切ってしまうと、
相手はあなたが電話して来たたことを
忘れてしまいます。

そうなると、次回電話をしても
また同じように断わられてしまい、
担当者に電話を回してくれません。

なぜなら、いつも電話してくる営業マン・・
としか見てくれないからです。

たとえばあなたも事務員から
「必要ありません、」
「断わるように言われておりますので、」
と言って断わられた時、

「わかりました、
 失礼します・・・」

と簡単に電話切ってしまうと
事務員はあなたの事を覚えてくれませんから、
担当者まで電話を取り次いでくれません。

その理由として多いのが、
「また保険の電話か・・・」
となってしまうからです。

そこで、たとえ事務員から冷たく断わられようが
次につながる印象を残すことが大事ですから、
それには「感謝の気持ち」に伝えるようにすると
相手の記憶に残すことができます。

このように感謝の言葉を残すと印象が変わります。
……………………………………………………………

事務「そう言った話しは
   断わるように言われておりますので・・」

営業「そうですか、
   今のところ間に合っていると言うことですね。
   わかりました。

   ところで、今すぐではないんですが、
   新しい保険の情報も入ってきますので
   その時は皆さんにご紹介していたんですね。

   リスクを減らす意味でも
   お役に立てる内容ですから、
   その時はまたご案内したいと思います。

   本日はお忙しい所ありがとうございました。
   失礼いたします。」

…………………………………………………………

このような終わり方をすれば
たとえ断られたとしても次の電話しやすくなりますし、
お互い嫌な思いを引きずることはありません。

相手の心証を良くするのも
出来る保険の営業マンの秘訣になるのですから、
あなたも次につながる電話をして見て下さい。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約本数が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。





コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓に使える営業方法 を実践すると結果も出てくる [営業方法]

保険の営業で苦労している方のために、

見込み客を見つける方法や紹介客を得る方法、
そしてインターホンの攻略に役立つ方法と言った
新規開拓に「効果的な営業手法」があります。

まずは新規開拓で思うように結果が出ないのは
今のやり方がうまくいっていないために
断わられる件数が多くて先に進まない
と言うのがあることです。

自分は一生懸命営業しているのに
思うような結果を出すことができない・・・

このように自分だけ結果が出ないのは
自分に合った営業方法を行なっていない、

あるいは相手の興味を引き付けるトークが
出来ていないと言うことが原因ですから、
そこを工夫しなくてはいけません。

そこで自分に合った営業方法とはどんな方法なのか、
どうすれば結果を出せるようになるのか?

保険の営業で結果を出せる方法として、
今までのやり方に固執しない方法があります。

たとえば今までの行動を思い返してください。

ほとんど断わられることが多くて、
次のステップに進む案件が少なかったはずです。

これでは契約になる件数も少ないのは当然です。
あなたも効果的な方法を知らずに営業しては
思うような結果が出ないのは当たり前なのです。

実際、あなたが今の営業スタイルで
満足な結果が出ていないと言うのであれば、
それはまだ効果的な営業をしていないと言う
結果のあらわれです。

そこで、効果的に出来る営業手法です。 

・インターホンを攻略する方法
・受付や事務員を攻略する方法
・テレアポで上手に会話できる方法
・飛込み訪問で話しをすることが出来る方法
・ダイレクトメールで反響を得られる方法
・ファックスだけで見込み客を集める方法
・紹介だけで新規客を増やせる方法
・保険のアンケートが簡単に取れる方法

この他にも効果的な営業手法がありますので
今月中に結果を出さないと後が無いと言う方は、
こちらをご覧ください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。




コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「その話しを聞かせて欲しい」と言わせるトーク話法 [営業方法]

保険の営業で苦労するのは
見込み客をどれだけ獲得できるのか?

そして継続的に契約を上げることが出来るのか?
と言った部分にある訳ですが
そう簡単に行かないのが現実です。

電話しても話しを聞いてもらえませんし、
訪問してもインターホンで断わられることが多く
思うように行かないのが現実だからです。

では、どのようにしたら良いのか、
あなたはお分かりになりますか?

なぜ話しを聞いてもらえないのか?
そこの理由を知ることで解決策も見えて来ますから、
今回は新規開拓で苦労している保険の営業マンに
営業で使えるノウハウをご紹介したいと思います。

まずは、相手が話しを聞いてくれない理由の多くは
あなたが保険の売り込みをしているからです。

もちろん保険を売らないことには仕事になりませんから、
契約してくれる相手を見つけるために
保険の話しをしますよね。

その行為が相手にして見れば
売り込まれていると思われてしまうのです。

なぜなら保険はすでに加入済みの方も多く、
これ以上保険に入る必要も予定も無いと言うのが
現実だからです。

そこへ保険の話しをすれば
誰でも売り込まれると思うのは当然です。

つまり、保険=売り込まれていると言う流れでは
誰も話しを聞いてくれないと言うことです。

では、どのようにしたら
「話しを聞いてくれるのか?」と言うことで
ここからが保険の営業に使えるノウハウです。

話しを聞いたら売り込まれる?
と思っている訳ですから相手は受身です。

受身のままでは相手のガードも堅く、
それ以上の進展は望めません。

そこで、これからはこのようにします。

相手が受身と思っている意識を変えてあげます。
受身ではなく「自発的」にさせるようにするのです。

たとえば「その保険の話しを聞かせて欲しい、」
と相手に言わせるように出来ればいい訳です。

今までは「保険の話しを聞いて欲しい」と
相手に対してお願いの話しをしていたので、
「そんな話しは間に合っている」と
断わられてしまうのです。

つまり、売り込みの話しになってしまうと
誰でも拒絶してしまうことが多いのですから
相手に対して受身にさせるのではなく、

相手自身から「その話しを聞かせてほしい」と
言わせるようにすれば良いのです。

相手から話しを聞かせて欲しい言われれば
こんな楽なことはありませんよね。

でも、ここで疑問が出てきます。

どうやって相手から
「その話しを聞かせて欲しい」と
言わせることができるのかと言うことです。

ご安心下さい。

そんな難しいことでもなく、
あなたでも出来る「トーク話法」があるからです。

その「トーク話法」と言うのは
その話を聞かせて欲しいと相手に言わせる「仕組み」を
仕掛けるだけです。

そうすれば相手から自発的に「話しを聞かせて欲しい」と
言わせることも出来るようになりますから、
今まで以上に結果を出すことも可能になります。

その詳しい「トーク話法」とはどのような内容なのか、
保険の新規開拓に役立つノウハウを探している方は
こちらをご覧ください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛込み訪問が苦手だと言う方へ、この方法なら気軽に訪問できるようになる [飛び込み訪問]

保険の飛込み訪問が苦手だと言う方は
たくさんいらっしゃいます。

その理由としては
何度訪問しても断わられることが多く、
まともに話しを聞いてもらえないと言う
理由があるからです。

そもそも飛込み訪問の目的は
相手に保険の必要性を理解してもらい、
そして詳しい保険の内容については
ドアを開けて貰らって話しをしましょう・・・

と言った次の機会を取り付けることですが、
その話しをしたくてもすぐ断られてしまうために
飛込み訪問が苦手だと感じる方が多いのです。

そこで飛込み訪問が苦手に思っているあなたに、
気軽に出来る方法をご紹介したいと思います。

その方法と言うのが
飛込み訪問する自分を「演事者=役者」に見立てて
訪問すること。

飛込み訪問しても断わられると言うことについては
避けて通ることは出来ません。

それゆえ断わられるたびに嫌な思いを引きずることが多く、
訪問する気力も無くなってしまう訳ですが、
考え方の発想です。

飛込み訪問するのは自分ですが、
話しをするのは自分では無く「演事者=役者」
がしていると思って訪問することです。

そうすると断わられるのは自分ではありませんから、
訪問した演事者=役者に対してなので
自分は関係無いことだと思うことが
出来るからです。

このように思えば
断わられても気にすることはありませんし、
苦痛に思うこともありません。

なにしろ断わられているのは
自分では無いからです。

そもそも訪問した相手が
あなたがどこの誰なのか?と言うことを
知っていて断わっている訳ではありません。

いつも訪問してくる営業マンの一人、
としか見ていないからです。

ですのであなたが自分の中で
演事者=役者だと思って訪問することは
何の問題無いと言うことです。

このように考えれば
気軽に飛込み訪問出来るようになりますし、
苦痛に思うことも無くなります。

もちろん相手の反応が良くアポイントが取れた時は
それは自分の手柄にしてかまいません。

成功すれば自分の成果ですし、
やっぱり断わられたような時は
演事者=役者に対してだと思えば良いのです。

このように考えれば
気軽に訪問出来るようになりますよね。

どうぞお試しください。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。



 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で、相手から迷惑と思われずに「話しを聞いて貰える方法」 [営業方法]

皆さんも新規開拓の一環として
テレアポや訪問営業をしていると思いますが、
相手の反応はいかがでしょう?

多くの場合はほとんど話しを聞かずに
断わって来るパターンが多いために、
苦労されているのが現状ですよね。

ですが相手にして見れば、
一方的に電話や訪問をされて
一方的に話しを聞かされる訳ですから、
迷惑だと思っている方が多いのです。

では、どの様にしたら迷惑と思われず
話しを聞いてもらえるのか、
そこが知りたい部分ですよね。

それには相手が興味を示す話しをしてあげれば
良いのです。

相手が興味を示す話しとは、
・自分に関係する話し、
・仕事に役立つ話し、
・奥様なら子供に関する話し、

この他にも相手が興味を示すような
役立つ話しをしてあげることで、
「何か面白いことが聞けそうだ・・・」と
興味を持って貰えれば展開も変わってきます。

でも相手が知りたい話しとは
いったいどんな話しなの?・・・

と思っているあなたのために
ひとつの方法を教えましょう。

それは・・・
相手に訊けばいいのです。

こんな感じです。
………………………………………………………

営業「わたしも色々な所を廻っておりますので、
   (   )さんにお役に立てる情報を
   教えることが出来るかも知れません。

   もし宜しければ、
   こんど来た時にネタを持って来ますので、
   こんな情報が知りたいと言うのは
   ありませんか? 」

………………………………………………………
と言ったように、
相手に「知りたいことはないですか?」
と訊いて行けば良いのです。

訊き方や内容については
自分なりにアレンジすれば良いと思いますので、
試して見てはいかがでしょう。

そうすれば今までと違った反応を得ることが出来ますよ。
あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、効果的営業方法を知りたい、あるいは
テレアポトークや飛び込み訪問についてお困りの方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧下になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で生年月日を簡単に訊ける方法、それがこの「アンケート」です [営業方法]

保保険の営業で苦労されている方の為に、
今回もアンケート用紙を使った方法を
ご紹介したいと思います。

まずは保険のアンケートは
相手の氏名と生年月日を知ることで
最適な保険のプランを作成し、

それを提示しながら保険の説明や
「万が一の時に安心ですよ・・・」
と言った説明をする訳ですが、

相手方はアンケートに応じてしまうと
保険を勧められことが分かっていますから、
応じてくれないのが現状です。

そこで今までの入り方で話しをしても
素直に書いてくれる方は少ないので、
違う入り方で攻めて行くようにします。

たとえば個人宅へ訪問した際に
アンケートの記入をお願いするのであれば、
相手から記入したくなるような流れにします。

実際どのような入り方をすれば良いのか、
ここでひとつの工夫をご紹介します。

まずは個人宅への訪問で苦労するのは
インターホンの存在です。

なぜならインターホンで簡単に断わられてしまい、
次の会話に進むことができないために
ここで苦労してしまうからです。

そこでインターホンを攻略するには
今のように入っても断られるだけですから、
最初の入り方が大事です。

その最初の入り方で大事なことと言うのは、
アンケートよりも相手に興味を持って貰うこと。

ここがポイントです。

その興味を持って貰う工夫として、
…………………………………………………
「(  )ついて知らせたいことがあります。」
…………………………………………………
と言った部分を伝えるようにします。

そうすると
インターホン越しに聞いた相手はこう思います。

………………………………………………………
相手「保険の(      )?
   なにか大切な(  )のことかも知れない・・

  (    )の話しだと言うし、
   ちょっと聞いて見ようかな・・・」
………………………………………………………

こんな感じで相手に思わせるようにすれば、
ドアを開けてくれる人も増えるようになります。

このように保険の営業で訪問する際のコツは、
「保険の売り込みでは無くお役に立てる話です、」
と言った部分を相手に伝えるようにするだけで
ドアを開けて貰えるようになることです。

もちろんそれでも「忙しい」とか、
「今はいいです、」と断わられるような場合は
それ以上深追いせず次の訪問先へ向かうようにします。

そして、思わく通りドアを開けてもらったら
いよいよアンケートにつなげて行くトークです。

ここから話しを繋げながら
アンケートまで持って行く訳ですが、
そのまま「アンケートお願いします、」と言っても
素直に書いてくれる人はいません。

ここもポイントになりますが、
アンケートは相手に書いて貰うのでは無く、
「ここに書けばいいのですか?」
と相手に言わせるようにすることです。

相手に訊きだしをしながら書いてあげれば
相手も面倒なことだとは思いませんし、

少しでも書くことへの抵抗を少なくした方が
相手もすんなり応じることが出来ます。)

そこで今回使用するアンケート内容ですが、
相手が興味を持ってくれるような内容にし、
もっと保険について詳しく知りたいと思えるような
そんな内容にすることが大事です。

そうすれば保険の専門家として
相手から信頼して貰えるようになるからです。

この人なら何でも知っている、そして
相談すれば何でも教えてくれるだろうと言った
期待感を持ってくれれば成功です。

▼これが今回作成したアンケートの見本です。

image22.jpg

いかがですか、

単にアンケートをお願いするやり方よりも、
今回の流れで話しを持って行ったほうが
協力してくれる方も増えるようになります。

それだけ抵抗なく書いてくれるようにしたのが、
今回のアンケートを使った営業方法だからです。

参考にして頂ければ光栄です。

そのアンケートの内容を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。






コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で事務員に断わられても「次につながる電話のコツ」 [テレアポ]

保険の営業で会社関係に電話をすると、
ほとんどが受付や事務員と言ったように
同じ人が出るケースがよくあります。

そうした場合保険の案内で電話した際に
断わられたからと言って簡単に電話を切ってしまうと、
相手の方はあなたが電話したことを忘れてしまいますから、
いつまで経っても担当者に電話を回してはくれません。

他の営業マンと一緒に見られてしまうからです。

たとえば事務員から、
「その話しでしたら必要ありません、」
「断わるように言われておりますので、」
と言ったように拒絶された場合、

「わかりました、失礼します。」
と簡単に電話を切ってしまうと、

相手の事務員はあなたのことを覚えてくれませんから、
何度電話をしても取り次いではくれません。

なぜなら、
「また保険の営業電話か・・」となってしまうからです。

そこでたとえ事務員から冷たく断わられようが
次につながる電話(印象)を残すことが大事ですから、
それには「感謝の気持ち」を伝えるようにすると
相手の記憶に残すことができます。

たとえばこんな感じでトークを締めます。
…………………………………………………………………

事務「そう言った話しは
   断わるように言われておりますので・・」

営業「そうですか、
   今のところ間に合っていると言うことですね。
   わかりました。

   ところで、今すぐではないんですが、
   御社にお役に立てる情報も入ってきますので、
   その時はご紹介するようにしていたんですね。

   リスクを減らす意味でも
   お役に立てると思いますので、
   その時はまたご案内したいと思います。

   本日はお忙しい所、ありがとうございました。
   失礼いたします。」

…………………………………………………………………

このような終わり方をすれば次も電話しやすくなりますし、
お互い嫌な思いを引きずることはありません。

相手の心証を良くするのも出来る営業マンの秘訣です。
次につながる電話をして見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは保険の新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。






コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で、相手に興味を持たせて「見込み客を作るコツ」 [営業方法]

保険の営業で苦労するのは
安定した見込み客を開拓することですが、
思うように見つからないのが現状です。

自宅や事務所には色んな営業の電話や
飛込み訪問などが毎日のようにあるため、

営業される側にして見れば
「また保険の話しか、
 面倒な話しに付き合っていられない、」
と思っている方がほとんどです。

このようにセールスさせられる側は
「そう言った話しは勘弁してほしい・・・」
と思っているものです。

そこでこれからの考え方ですが、
営業される側にすれば面倒な話しは聞きたくない、
と思っている訳ですから、

そのまま保険の話しを持っていっても、
お断わりされるのは目に見えています。

「また保険の話しか」で終わってしまうからです。

そこでこのような工夫をします。

「相手が知らない情報を教えてあげる」
と言ったスタンスで攻めること。

たとえば、
…………………………………………………

営業「こんにちは、
   (   )生命の(   )と言います。

   皆さんが掛けている保険について
   お知らせしたいことがありまして
   順番にお電話させていただきました。

   実は皆さんが掛けている保険の(   )ですが、
   (         )があると言うことを
   奥さんはご存知でしたか? 」

…………………………………………………

と言ったように相手が保険の情報を
知りたくなるような話しをしてあげることで、
会話を続けるキッカケにします。

何よりも(    )の部分を工夫すれば、
いくらでも応用することは出来ます。

(    )が何なのかを知りたいと思わせ、
そして相手の興味を引き出すことが出来れば
今まで以上に結果を出すことも可能です。

どうぞ相手の興味を引き出すトークで
見込み客を開拓してください。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
テレアポや飛込み訪問で効果的方法を知りたい方は
こちらに最新の保険営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。






コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓に使えるこの営業方法 を実践すると結果も出てくる [営業方法]

保険の営業で苦労している方のために、

見込み客を見つける方法や紹介客を得る方法、
そしてインターホンの攻略に役立つ方法と言った
新規開拓に「効果的な営業手法」があります。

まずは新規開拓で思うように結果が出ないのは
今のやり方がうまくいっていないために
断わられる件数が多くて先に進まない
と言うのがあることです。

自分は一生懸命営業しているのに
思うような結果を出すことができない・・・

このように自分だけ結果が出ないのは
自分に合った営業方法を行なっていない、

あるいは相手の興味を引き付けるトークが
出来ていないと言うことが原因ですから、
そこを工夫しなくてはいけません。

そこで自分に合った営業方法とはどんな方法なのか、
どうすれば結果を出せるようになるのか?

保険の営業で結果を出せる方法として、
今までのやり方に固執しない方法があります。

たとえば今までの行動を思い返してください。

ほとんど断わられることが多くて、
次のステップに進む案件が少なかったはずです。

これでは契約になる件数も少ないのは当然です。
あなたも効果的な方法を知らずに営業しては
思うような結果が出ないのは当たり前なのです。

実際、あなたが今の営業スタイルで
満足な結果が出ていないと言うのであれば、
それはまだ効果的な営業をしていないと言う
結果のあらわれです。

そこで、効果的に出来る営業手法です。 

・インターホンを攻略する方法
・受付や事務員を攻略する方法
・テレアポで上手に会話できる方法
・飛込み訪問で話しをすることが出来る方法
・ダイレクトメールで反響を得られる方法
・ファックスだけで見込み客を集める方法
・紹介だけで新規客を増やせる方法
・保険のアンケートが簡単に取れる方法

この他にも効果的な営業手法がありますので
今月中に結果を出さないと後が無いと言う方は、
こちらをご覧ください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。




コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で成功するコツ、それは話し上手よりも「質問上手」になること [営業方法]

保険の営業をする上で大事なのは
いかに相手と会話を続けることが出来るのか?
と言ったところにかかって来る訳ですが、

それには質問を通して会話を続ける工夫が
必要になって来ます。

それも相手に気持ちよく答えさせることが大事です。

あまり直球的な質問をしても答えづらいですし、
はぐらかされてしまっては会話も止まってしまい、
その後に影響してきますから注意が必要です。

たとえばどこの保険会社に入っているのか、
知りたいと思って相手に質問したとします。

………………………………………………………

営業「今、どちらの保険(会社)にお入りなんですか?」

相手「そうね~、
   ずいぶん前なのでどこだったかな・・」

………………………………………………………

このように何となく答えづらい流れにしてしまうと、
そこで会話が途切れてしまいます。

このような時は囲い込むような質問を投げかけると
相手も自然と答えてくれるようになります。

こんな感じです。
……………………………………………………………

営業「保険に入ったのはずいぶん前のことでしょうから、
   あまり記憶されていないと思いますが、
   担当の方はその後も“まめ”に来ていましたか?」

担当「そうね~、そう言えば
   契約の時は何度も来ていたのに、
   それ以来こっに来てないですね・・・
   (   )生命てそんな感じなのかな? 」

営業「そうですね、人にもよりますし
   退職される方も多いので色々あると思いますが、
   私はこの仕事に就いてもう(  )年になりますから、
   心配入りませんよ。

   そうしますと以前と今では
   状況も変わって来ていると思いますので、
   なにか最近気になるようなことはないですか?」

……………………………………………………………

と言った感じで
間接的な言葉でやんわり質問することで
相手も答えやすいですし思わず本音も聞くことが
出来るようになります。

このように質問ひとつとっても
相手から答えやすいように持って行くことが
大事だと言うことです。

どうぞ参考にして見てください、
お役に立てれば光栄です。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
契約が取れる最新の「保険ノウハウ」を知りたい方は
こちらをご覧下になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。






コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で「見込み客」を見つける訪問の仕方 [飛び込み訪問]

保険の飛込み訪問で辛いのは
せっかく訪問しても留守や不在であったり、
居たとしてもインターホンで簡単に断わられてしまい
見込み客を見つけることが出来ないことです。

このままでは足取りも重くなります。

では、保険の飛び込み訪問で
見込み客を見つけるにはどのようにしたら
良いのか?

そんなお困りのあなたに
個人宅を廻る時に気持ちを強く持てるコツがあります。

そのコツと言うのがすべての訪問先に
初回から保険の売り込みをしないこと。

たとえば今までの訪問の仕方は
訪問した先すべてに自分が勧める保険の話しをして
何とか見込み客を見つけようとしていましたが、

それでは訪問される側にして見れば
自分から話しを聞きたいと頼んだ訳ではないので
そんな面倒な話しには付き合っていられない・・
と思っているのが本心です。

そこで初回にする訪問の仕方は、
相手が保険について興味を持って貰えるように
アドバイスしてあげる感覚で訪問します。

ご存知のように初回から保険商品の売り込みをしても
「必要ないです」と簡単に拒絶されてしまうので、
営業する側も辛いだけです。

そこで保険商品の売り込みをするのでは無くて、
保険について興味を持たせるように工夫すること、

つまり、嫌がられるセールスをするのでは無くて
保険について相手方に知って貰いたいことや
知っておかないと損して後悔すると言ったように

「保険に関わる情報を教えてあげます、」

と言ったアドバイスをすることによって
頼れる保険アドバイザーと認めて貰えますし、
今までと違い相手の反応も変わってきますから
見込み客も出来るようになります。

「今の掛けている保険で良かったんですが、
 今度からはこのように変わりますので、
 これからこう言った形で考えた方がいいと思います。
 ご存知でしたか?」

このように相手に興味を持たせるような訪問の仕方で
今までと違った反応を作り出して見ては
いかがでしょう。

どうぞ、お試し下さい、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。





コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規契約を今月中に取りたい方へ、相手の気持ちをつかむ営業ツールなら「契約本数」がアップする [営業方法]

保険の営業で苦労している皆さんへ、
あなたもこのような悩みはありませんか?

・契約を取りたいのに見込み客が少ない・・・
・話しの途中で簡単に断わられてしまう・・・
・インターホンで断わられることが多いので何とかしたい・・・
・受付や事務員で止まってしまい社長までつながらない・・・
・話しベタでもアポ取りに使える方法はないだろうか・・・
・飛び込み訪問で相手の興味を引き立てるツールがあれば・・・
・今以上に効果のある営業ツールを使って見たい・・・

そんな悩みを解決できる営業ツールがあるとしたら、
あなたも使って見たいと思いませんか?

今回も保険の営業で結果が出ず悩んでいる方に、
保険の営業に使えるツールをご紹介したいと思います。

それもあなた専用の営業ツールとして使うことが出来ますので、
今までの悩みを解決できる内容です。

その営業ツールの内容がこちらです。

(1)保険の新規開拓に使える手紙DM
(2)読んで貰える手紙案内ツール

IMG_0001331111.jpg


IMG1.jpg


このような営業ツールを使うことによって、
今まで話し途中で断られていたあなたの営業スタイルが
劇的に変わるようになります。

それだけ今回の営業ツールが相手から興味を持ってもらい、
そしてあなたの話しを聞いてくれるようになるからです。

もしあなたも保険の営業で結果を出したいのならば、
このようなツールを活用して見てはいかがでしょう。

詳しい内容はこちらをご覧下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。




コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問を成功させるコツは「相手から断わられた時の工夫」で決まる [飛び込み訪問]

ご存知のように保険の飛び込み訪問は
不在が多かったり居留守を使われることも多く、
思うように結果を残すことができません。

そんな保険の飛び込み訪問ですが、
ちょっとしたやり方や工夫を変えるだけで
次につながる訪問の仕方があります。

たとえばインターホンで簡単に断わられた場合、
「また断わられるかも・・」と消極的になり、
再訪するのは気が引けると言う方もいますが
そんなことはありません。

諦めるのはまだ早いです。

なぜなら、
今回断わられても次回も断わられるとは
決まっている訳ではないからです。

話しを聞くか聞かないかと言うのは
その時の気分や状況によっても違いますし、

たとえ断わられたとしても
ちょっとした種をまいておくだけで
すんなり行くケースもあるからです。

ちょっとした種をまくと言うのは
断わられた時に良いイメージを残すことです。

その良いイメージと言うのは
断られた時こそ「去り際をさわやかにする」
と言った工夫です。

たとえば保険の飛び込み訪問をしても
簡単に断わられることが多いですよね。

その理由として多いのは
あなたがどこの誰で何の用件で来たのか、
突然の訪問者ゆえに相手も警戒してしまうために
ほとんどの方が断わって来るからです。

その相手の警戒心を和らげるためには
去り際に良いイメージを与えておくことで
相手もあなたのことを覚えてくれますから、
次に訪問した時は会ってくれることも
期待できると言う訳です。

一度良いイメージを残すことで
あなたの印象を良く見せる事が出来るのですから、
次の訪問では話しを聞いてくれる人も出て来ます。

ですので、保険の飛び込み訪問を成功させるコツは、
断られた時こそ相手に良いイメージを残すことが
大事なのです。

営業は一度きりの結果で終わりではありません。

次のチャンスもあるのですから、
そのためにも2回、3回と再訪出来る仕組みを
普段からすることです。

そうすれば結果も付いて来ますよ。
どうぞお試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。




コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で使える「効果的な訪問の仕方」 [営業方法]

保険の新規開拓をする際に、
ちょっとした工夫で効果が出てくる方法があります。

その方法と言うのが
ポスティングを使った手法です。

一般的に通常のポスティングは
郵便受けにチラシを入れて行く訳ですが、
年々反響率も下がっているのが現状です。

反響の無いポスティングを続けても意味ありませんので
せっかくポスティングをするのであれば、
効果が得られる方法で訪問することが大事です。

その訪問の仕方が、
手渡しトークポスティング」です。

それもチラシと言う名目ではなく、
違う言葉で伝えます。

それが「   」と言った名称です。

チラシと言う名前を違う名前に変えるだけで
相手が受ける印象も変わるのですから、
試す価値はあります。

たとえば「なんか面白そうなものが貰えるの?」
と思ってドアを開けてくれるようにするのが目的です。

では実際にどのように手渡しすればよいのか、
こちらをご覧下さい。

こんな感じです。
……………………………………………………

   ピンポ~ン・・・

奥様「はい・・・ 」

営業「こんにちは、
  (   )生命ですが、
   お世話様です。

  (   )地区にお住まいの皆様に
   保険の内容が変わったことに対する
   新しい「  」を渡しておりましたので、
   玄関先までお願いしま~す。」

奥様「・・ちょっと待って下さいね、」

    ガチャ・・・

営業「お世話になります、
  (   )生命の(   )と言いまして、

  (   )地区にお住まいの皆様に
   保険の内容が変わったことに対する
   新しい「  」を渡しておりましたので、
   どうぞお受け取り下さい。

   こちらの保険内容が変わっていることについて
   ご存知でしたか? 」 

奥様「いえ、知らないですね・・」

営業「そうですか、   
   こちらの「  」を見て頂ければ分りますが、

………………………………………………………

と言った流れで相手に「  」を渡しながら、
保険の内容について説明して行きます。

そうすることによって
自然と会話を続けることが出来ますし、
相手との距離を縮めていくことも出来ますから、
そこから見込み客を見つけることも
可能になります。

今までは保険のチラシを郵便受けに入れるか、
あるいは相手と会話出来た時にようやく手渡す・・・
と言った程度だったと思いますが、
それでは結果を得ることはできません。

やはり会話をするためのキッカケが必要です。

それが「   」を手渡すことによって
相手も聞く姿勢にさせることが出来るのですから、
飛び込み訪問で会話が出来ないと言う時は
試して見てはいかがでしょう。

もちろん話しも聞かずに終わることもありますが、
それでも断わられる件数は大幅に減ります。

ちなに「   」の中身ですが、
チラシと言う言葉を「   」と言う言葉に
置き換えて説明するだけなので中身は一緒です。

ですが相手が受けるイメージは全然違って来ますので
言葉のニュアンスを変える効果は大きいのです。

ちょっとした工夫で反響が変わるのですから、
あなたも試して見てはいかがでしょう。

きっと効果の違いに驚きますよ、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「かんぽ生命」でも使える【実践的な営業ツール】が、あなたの契約本数をアップさせる [営業方法]

保険の営業で使えるノウハウとして 
かんぽ生命の窓口業務でも使える、
保険の契約口数をアップさせる方法があります。

たとえばかんぽ生命でも各種営業ツールを使って
窓口などで保険の勧誘をしている訳ですが、
思うように行かないのが現状です。

それと言うのも・・・
相手が興味を示すツールが無いからです。

もちろん、
会社が用意しているチラシなどはありますが、
それは相手に対して興味を与えるものでは無く
いったん話しを聞いてくれた人が読む内容と
言ったものが多いからです。

ゆえに、保険に関心が無い人に対しては
興味や刺激を与えるには程遠い内容でしか
ありません。

つまり費用を掛けてチラシを渡しても反応が無いのは
「今ちょうど保険を考えていた」と言った人しか
印象を与えることが出来なかったのです。

そこで今回ご紹介するのは、
興味の無い人にでも読ませることが出来る
保険の窓口業務でも使える営業ツールです。

それも訪問営業にも使えるツールですから
飛び込み訪問が苦手な方でも出来るようになりますし、
2回目の訪問で契約を取ることも可能です。

さらに各保険会社の特色を出したのもありますので、
どこの所属先であっても心配することはありません。

▼その営業ツールのサンプルがこちらです。

       ↓ ↓ ↓

image2511.jpg

 こちらは「かんぽ生命」の作成例です。

この他にも各保険会社の作成実績がありますので、
所属する先に応じてチラシを作成しております。

保険の営業現場で使えるツールやノウハウなどを
新規開拓で結果を出したい方に提供していますので、
保険の営業でお困りになっている方や

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の30件 | -