So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

新規開拓で苦労している保険の営業が、このトークに替えるだけで見込み客も増える [営業方法]

あなたが今使っている保険の営業トークで
アポは取れているでしょうか?

取れていると言うのであれば問題ありませんが、
思うようにアポが取れていないと言うのであれば、
トークの見直しが必要です。

たとえば毎回同じトークで訪問している場合、
「またその話しですか、必要ありません!」
と言ったようにすぐ断わられるような場合、
それ以上の進展は見込めません。

何度訪問してもアポは取れないのですから、
違う入り方のトークが必要ですよね。

実際、入り方のトークを変えることによって
相手が受ける印象も違って来ますし、
その後の展開も変えることも出来るのですから、
今まで以上の成果を上げることも
期待できるからです。

何よりもトークの内容を工夫することで
営業能力のスキルを向上させることも出来ますから、
モチベーションを高めることも可能になるからです。

そこで、保険の営業トークを工夫するコツです、

(1)保険の売り込みと思わせないこと、
(2)面倒な話しだと思わせないこと、
(3)その話しを聞かせて欲しいと思わせること、

このような内容をトークに織り交ぜることで
冷たくインターホンを切られることも少なくなりますし、
アポイントも取れるようになります。

「またその話しか、」と言われないで
話しを聞いてもらえる保険の営業トークがあれば、
あなたも試して見たいと思いますよね。

でも、効果的なトークが思い浮かばない・・・
どうすれば話しを聞いてもらえるのか分らない・・

そんな時に使える営業トークがありますので、
こちらをご覧ください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で「会話を続けることができる」工夫 [飛び込み訪問]

保険の新規開拓で上手くいかず、
「効率の良い方法は無いだろうか?」
と悩んでいる方もいると思います。

今回はそんな悩んでいる方のために、
ひとつの方法をご紹介したいと思います。

まずは、個人宅への飛び込み訪問ですが、
他社でも毎日のように訪問していますから、
「その話なら間に合っています、」
と言われることが多いですよね。

それだけ訪問営業が多いと言うことです。

例えばあなたが初めて訪問する先であっても、
相手からすれば
「今日は訪問してくる営業マンが多くて嫌になる、」
と言う方もいるはずです。

では、どのようにすればいいのか?
と言うことに対して、

「資料を貰うだけならいいか、」と思わせる流れで
会話を続けていくようにする工夫があります。

たとえばこんな感じです。
……………………………………………………………

営業「先ほどの奥さんから
   今の保障内容で掛け金を安くする
   方法があるなら教えて欲しい、
   と言われたんですが、

   奥さんの方でも
   今の保障と同じで掛け金が安くなるなら
   喜んでもらえますか? 」

奥様「あ~、でも保険のことは
   うちの人に聞いて見ないと・・」

営業「そうですよね、
   聞いて見ないと分からないですよね、

   そこでたとえばなんですが、
   掛け金が安くなるのは
   助かるとおっしゃる方も多いので、
   そう言った方向けに資料を差し上げていたんですね、
   奥様もいかがですか? 」

奥様「そうね~ それじゃ、
   郵便受けに入れてくれますか?」←(話しが終わると思い安心する)

営業「郵便受けですね、
   ありがとうございます。
   それでは何点かお聞きしたいと思いますので
   今少しだけ宜しいですか? 」

奥様「ええ、いいですよ。」←(胸の内:資料貰うだけだからいいか・・)

営業「ありがとうございます。
   それでは比較しやすいように
   今掛けている保険について、
   ちょっと教えて貰いたいのですが・・・ 」
……………………………………………………………

と言った流れで話しを進めていけば、
今まで以上に会話をすることが出来ますし、
ドアを開けてくれる方も出てきます。

ほとんどの方は何らかの保険に入っていますから、
聴く耳を持たせるにはどうしたらいいのか?
と言った部分で皆さんも苦労していたと思います。

そこで相手が知りたくなる情報を伝えながら、
資料提供と言う分りやすい話しをすることで、
会話を続けていくようにしたのがポイントです。

「資料だけならいいか・・・」と思わせておいて
あとは相手の状況を訊きだして会話を続ける・・・

この流れで持っていくようにすれば、
その後の展開も有利に進ませることが出来ます。

どうぞ、参考にしてください。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
話しを聞いてもらえる飛び込み訪問の仕方など
効果的な「最新の営業ノウハウ」がありますので
こちらもご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。




 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業でアポが取れない時、「ここを工夫」するとアポが取れるようになる [テレアポ]

保険の新規開拓で会社関係にテレアポすると
よく言われる言葉があります。

「今ちょっと席を外しておりますので・・」
「打ち合わせで出かけておりますので・・」
「今、会議中なので・・・・」
と言った言葉です。

本当にそうでしょうか?

中には出かけているケースもあるでしょうが、
それでも何度電話しても受付の回答が
「不在ですので・・」と言われるのは
おかしな話しです。

それには理由があります。

それはあなたの電話が
「取りつがないリスト」に入っているからです。

つまり、いつ電話しても
・出かけている
・会議中だ
・席を外している

と言った回答が続く場合は
あなたの電話は「営業=迷惑電話」と見なされ、
拒絶されていると言うことです。

それを勘違いして
「ああ、忙しいのか・・」と信じてしまうと
いつまで経ってもアポイントを取ることは出来ません。

そう言ったケースが続くようならば
入り方を工夫するしかないのです。

もし、あなたも同じトークしか使っていないのであれば、
別なトークで試すことが必要です。

そうすれば「また営業の電話か・・」の
「また」の部分がはずれて取り次いで貰えるからです。

このように何度電話しても相手が出てくれないのは、
あなたの電話が取りつがないリストに入っているので
今までの入り方を変えるしかありません。

その入り方のトークを知りたい、あるいは
保険の営業方法についてお困りになっている方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。




 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓であなたの代わりに営業してくれるツールを使うと「見込み客」が増える [営業方法]

保険の飛び込み訪問をしていると
「営業はお断わりしているので、」
と冷たく断わられてしまったり、

相手が居るのにもかかわらず、
不在だと言われてしまう・・・

あるいはいつ行っても外出中で
会うことさえ出来ない・・・

このような感じで話しが進まないと
見込み客さえ作ることは出来ません。

そこで、たとえ相手と会えなくても
自分の想いを伝えられて話しを進められる
そんな営業ツールがあるとしたらいかがでしょう。

今回は保険の営業に役立つ、
そんな営業ツールをご紹介したいと思います。

皆さんも会社で用意されたチラシなどを使い
訪問先に渡して営業していると思われますが、
それだけで効果を期待すると言うのは
難しいのが現状です。

ほとんど受付や事務員に手渡した時点で
「またいつものチラシか・・」で終わってしまい、
担当者まで行き渡ることが無いからです。

そこで担当者まで目を通して貰えるように
ひと工夫した営業ツールがあります。

それが自分で作成したオリジナルレターです。

自分で作るオリジナルレターですから
通常の募集チラシとは違い、
保険商品に関するものは記載しません。

相手が興味を持ちそうな情報や
相手に対する想いなどを紙面に載せることで、
目を通してくれるように工夫したものです。

ですので、会社に許可申請を出すことも
お願いすることもありません。

相手が不在や忙しくて会えなかった時に
あなたの代わりに「オリジナルレター」が
あなたの想いをしっかり伝えてくれますから、
相手の意識を変えることも期待できるようになります。

よく本屋でPOPを見かけると思いますが、
それが手書きで書かれたPOPになると
何となく目がいくことってありますよね。

それと同じ原理です。

そこで、そのオリジナルレターを
どのようにして作れば良いのか?と言うことですが、
そんな難しく考えることはありません。

相手が興味を持ってくれそうな内容を
紙面一枚に盛り込めば良いのです。

たとえば相手の仕事に関する成功事例や
今話題になっている情報を入れると言うのも
ひとつの工夫です。

でも、その成功事例をどうやって調べればいいの?
と心配になる方もいるでしょう。

ご安心ください、
今はインターネットで簡単に調べることが
出来るからです。

「成功事例・(相手の業種)」と検索した中から
使えそうなものを抜粋すれば良いのです。

いろいろな事例を掲載することによって
相手の反応も変わって来ますから、
試して見る価値はありますよ。

どうぞ、お試し下さい。

そのオリジナルレターの作り方を知りたい、
あるいは飛び込み訪問のやり方を知りたい、
そして新規契約本数が少ないと悩んでいる方は
こちらにも「最新の営業ノウハウ」がありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で結果が出ていないと言う方へ、このようなトークに変えると「見込み客」が増える [営業方法]

あなたが使っている営業トークは
会社で用意したトークでしょうか?
それとも先輩から教えられたトークでしょうか?

もちろん自分で考えたトークで営業していると
言う方もいるでしょう。

どのようなトークでもかまいませんが、
今のトークで結果が出ているのか?
と言うことです。

ご存知のように保険の営業以外にも
色々なセールスの電話や訪問者が来ますから、
相手側からすれば面倒くさいと思うだけです。

そうすると断わられる件数も増えますから、
見込み客が見つからないと言う結果になります。

それだけ拒絶されることも多い営業ですが、
もし相手の断りを回避してアポが取れるとしたら・・・
いかがでしょう。

そんなあなたのために、
保険の営業で結果につながるコツを
ご紹介したいと思います。

まずは会社に電話する例として
よくあるパターンのトークをご覧下さい。
……………………………………………………

営業「お忙しいところ恐れ入ります。
   (   )生命の(   )と申しまして、
   (      )のご案内で電話したのですが、
   社長様はいらっしゃいますでしょうか?」

事務「その件でしたら間に合っていますので、」

営業「そうですか、
   分かりました・・・失礼します。 」

……………………………………………………

このような感じで断わられることも多い訳ですが、
なぜこのトークで断られてしまうのか、
あなたはお分かりになりますか?

それは・・・
「自分から営業の電話です、」
と相手に伝えているからです。

たとえば、
「お忙しいところ恐れ入ります」と言った入り方は
一見、丁寧な印象を与えているように思われますが、

相手にして見れば、そう言った電話と言うのは
ほとんどが営業の電話だと知っていますから、
最初の段階ですぐ断られてしまうのです。

そして、もう1点は
「(    )のご案内で電話したのですが・・・」
と用件を述べている点です。

これも営業の電話だと思われるだけですから、
すぐ断わられてしまいます。

つまり、相手が発する断わり文句と言うものは、
あなたが営業の電話だと思わせてしまうために
断わっているだけのことなのです。

あなたもこのようなトークをしているとしたら、
何度電話してもキーマンに取り次いでもらえませんし、
挙句には二度と電話しないでくれと
言われかねません。

では、どのようにすれば良いのか?・・・
と言うことになりますよね。

それは、最初に電話出た方に対して
自社にメリットある話しだと思わせるようにすることです。

それも節税とか年金対策、福利厚生と言った
今まで伝えているようなメリットではありません。

そんな文句はどこの保険会社からでも聞いていますし、
「またその話しか、」になってしまうだけですから
もっとインパクトあるメリットが必要です。

そうすれば電話を切られることもありませんし、
社長につないで貰うことも期待出来るようになるからです。

このように保険の営業で成功する秘訣は、
メリットや恩恵が受けられる話しだと言うことを
相手に分かりやすく伝えることです。

そうすれば受付も自社にとって有益な話しと分かれば
社長につながないとダメかも?と思う方も増えますから、
次のステップへと進ませることも可能になるのです。

もし、あなたもアポイントが取れていないと言うならば、
今のトーク内容を工夫して見てはいかがでしょう。

きっと効果も違って来ますよ、
あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で結果が出る方法は「この部分のトーク」を見直すこと [営業方法]

保険の営業で苦労するのが、
テレアポや飛び込み訪問をしても簡単に
断わられてしまうことです。

「保険の・・・」と言った途端に、
「保険は間に合っているので、」
「これ以上入る余裕が無いから、」
「知り合いがいるので・・・」

このように簡単に断わられ、そして
話しも聞かずに終わるのが保険の営業です。

ですが、もしもちょっとした工夫で
劇的に結果が変わるとしたら・・・

あなたも結果が出る
そんな方法を試して見たいと思いませんか?

そこで今回は、
そんな営業で苦労している方に
営業で結果を出せる工夫の仕方を
ご紹介したいと思います。

そもそも結果が出ない理由として大きいのは、
最初の入り方がうまく行かないことです。

テレポや飛び込み訪問でも同じですが、
最初の出だしがつまづいてしまうために
相手から簡単に断わられてしまい、
あっさり終わってしまうことに原因があります。

話しが続かないのですから、
結果につながらないのは当然です。

では、どのようにすればいいのか?
と言うことでここから工夫の仕方です。

それは「最初のトークを見直す」こと、
これがすべての解決策になります。

最初の入り方が上手く行けば
その後も話しを続けることが出来るのですから
当然、結果も付いて来るようになりますし、
営業成績も上がってくるようになります。

ほんの少しだけ
今のトークを見直すことで劇的に変わるとしたら・・・・
あなたも試して見たいと思いますよね。

では、どのように見直せばよいのか?
何度も工夫したがダメだった・・・
そんな方もいるでしょう。

そこで、今回営業トークの見直しと
そしてノウハウの提供を専門にしている
私ども保険の営業ビジネス専門事業部が、
皆様の営業トークを効果的トークになるよう
工夫したものを提供しております。

今回の企画は営業支援プロジェクトとして
幅広い保険会社に対応しておりますので
あなたももっと営業成績を上げたい、
そしてもっと新規契約をつかみたい、

このような想いを持っている方は
こちらをご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。





コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で苦労する電話案内がこのようにするとアポが取れるようになる [テレアポ]

保険の新規開拓で電話案内スしても
思うようにアポイント取れないのが現状です。

「保険の・・」と言った途端に
断わられることが多いためですが、
それでもアポイントが取れる秘訣はあります。

秘訣と言っても特別な手を使う訳でもありませんし、
誰にでもアポが取れる秘訣です。

たとえば今までのテレアポは
「保険について話しをしたい」と言ったように
こちらからお願いの電話をしていたはずです。

ですが会ってしまえば相手は断わりづらくなりますし、
契約させられてしまうかも?と言った不安があるために
ほとんどの方は断わって来ます。

そこでアポイントが取れる秘訣です。

相手から「会いたい」と思わせるように
話しを持っていくようにします。

それには「コツ」があります。

営業マンが話しをするのは当然として、
相手にも話しをさせるようにします。

たとえば「Q&A的な会話」を心がけると
相手との会話もスムーズに行きますし、
相手側にしても気持ちよく会話をすることが
出来るようになれば雰囲気も違って来るからです。

さらにこの時の特徴は、
相手が断るつもりであっても使えると言うことです。

仮に断わられる場合であっても
気持ちよく断わって貰うようにすることが大事です。

ただ単に「保険は間に合っていますので・・・」
と断わられるよりも、

「今は必要としないけれど、
そう言う時があったら考えておきますね。 」

と言ったように
前向きな断わりをさせるのがポイントです。

そうすれば例えその人が契約をしなくても
知り合いの方を紹介してくれることもありますし、
気が変わって後で契約になることもあるからです。

このような形で話しを進めると
ガチャ切りされる件数も減って来ますから、
テレアポも楽しく出来るようになりますよ。

どうぞお試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも「最新の営業ノウハウ」がありますので、
ご覧になって下さい。


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「かんぽ生命」でも使える【実践的な営業ツール】が、あなたの契約本数をアップさせる [営業方法]

保険の営業で使えるノウハウとして 
かんぽ生命の窓口業務でも使える、
保険の契約口数をアップさせる方法があります。

たとえばかんぽ生命でも各種営業ツールを使って
窓口などで保険の勧誘をしている訳ですが、
思うように行かないのが現状です。

それと言うのも
相手が興味を示すツールが無いからです。

もちろん、会社が用意しているチラシはありますが、
それは相手に対して興味を与えるものでは無く
いったん話しを聞いてくれた人が読む内容と
言ったものが多いからです。

ゆえに、保険に関心が無い人に対しては
興味や刺激を与えるには程遠い内容でしか
ありません。

つまり費用を掛けてチラシを渡しても反応が無いのは
「今ちょうど保険を考えていた」と言った人しか
印象を与えることが出来なかったのです。

そこで、今回ご紹介するのは
興味の無い人にでも読ませることが出来る
保険の窓口業務でも使える営業ツールです。

それも訪問営業にも使えるツールですから
飛び込み訪問が苦手な方でも出来るようになりますし、
2回目の訪問で契約を取ることも可能です。

さらに、各保険会社の特色を出したのもありますので
どこの所属先であっても心配することはありません。

▼その営業ツールのサンプルがこちらです。

       ↓ ↓ ↓

image2511.jpg

 こちらは「かんぽ生命」の作成例です。

この他にも各保険会社の作成実績がありますので、
所属する先に応じてチラシを作成しております。

保険の営業現場で使えるツールやノウハウなどを
新規開拓で結果を出したい方に提供していますので、
保険の営業でお困りになっている方や

あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg



コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問を成功させるコツは、相手から断わられた時に『こんな工夫』をすること [飛び込み訪問]

保険の飛び込み訪問で苦労するのは
不在が多かったり居留守を使われることが多く、
思うように結果を出すことができないことです。

そんな苦労する飛び込み訪問ですが、
ちょっとしたやり方や工夫を変えるだけで
次につながる訪問の仕方があります。

まずはインターホンのコツです。

インターホンで断わられた場合、
「また次も断わられるかも知れない・・・」
と思ってしまう方もいると思いますが、
そんな心配は必要ありません。

なぜなら、
今回断わられてもまた次も断わられるとは
決まっていないからです。

相手が話しを聞くか聞かないかと言うのは
その時の気分や状況によっても違いますし、

たとえ今回冷たく断わられたとしても
次につながる種をまいておくだけで
すんなり行くケースもあるからです。

種をまくと言うのはどう言うことかと言うと、
「断わられた時に良いイメージを残す。」
と言った種です。

この良いイメージと言うのは
断られた時こそ去り際をさわやかにするのが
ポイントです。

ご存知のように保険の飛び込み訪問は
断わられることが多いです。

その理由としては突然の訪問ゆえに
見知らぬ人には警戒する方が多いので
断わって来る訳ですが、
ここがポイントです。

知らない人には警戒すると言うことです。

では、相手の警戒心を和らげるには
どうしたら良いのかと言うと・・・

去り際に良いイメージを与えておくことで
相手もあなたのことを覚えてくれますから、
次に訪問した時に会ってくれることも
期待できるようになります。

つまり、自分と言う存在を知らせるためにも
相手に対して良いイメージを残すことです。

そうすれば
「ああ、この間の保険屋さんか・・・」
と言ったように思い出してくれますから、
次の訪問で話しを聞いてくれる人も
出てくると言う訳です。

保険の飛び込み訪問を成功させるコツは
断られた時こそ相手に良いイメージを残すことが
大事なのです。

営業は一度きりの結果で終わりではありません。

次のチャンスもあるのですから、
そのためにも2回、3回と再訪できる
そんな営業をすることが結果を出せる秘訣です。

どうぞお試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。




コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓に使える営業トーク、それも「アポが取れるテレアポトーク」です [テレアポ]

保険の新規開拓でテレアポする時に
アポが取りやすいテレアポトークについて
ご紹介したいと思います。

毎日一生懸命電話しても
思うようにアポイントが取れないこともありますが、
そんな時は今のトークを変えるのもひとつの方法です。

たとえばトークの組み立てを変えるだけでも
相手が受ける印象も変わりますし、
前回断られた相手でも今回話しを聞いてくれることも
期待できるからです。

では、どのようにトークを変えれば良いのか?
と言うことになりますが、

まずはトークを作る際のポイントは、
自分の目線でトークを考えるのでは無く、
相手の立場になって考えること。

あなた自身に電話がかかって来た時に、
どう言われたら話しを聞いてもいいかな?
と思えるようなトークを作ります。

あなたが勧めようとしている保険が
相手にどれだけプラスになるのか、
そしてどれだけ使い勝手が良くなるのか、
そのメリットになるイメージを考えながら作ります。

そうすると、
「これだけのメリットが手に入るんだ」
と言ったイメージが相手に伝わることによって
今まで以上にアポイントが取れるようになります。

今までは自分が売りたい保険を勧めるために、
売り手側=自分の立場で考えていました。

ですが、それでは相手にして見れば
売り込みとしか思えない電話ですから、
素直に聞いてくれなかったのです。

大事なのはその保険を手に入れることで
どれだけ自分が幸せになれるのか、
そしてどれだけ豊かな生活を送ることが出来るのか、

その幸せになっている「未来の自分の姿」を
相手にイメージさせることが出来れば
成功したのも同然です。

あなたも自分が幸せになって
喜んでいる未来が手に入るのならば、
その保険を手に入れたいと思いますよね。

このようにトーク(営業トーク)を作る時は、
相手の立場で考えることです。

そして相手が喜ぶようなイメージを
与えて見てください。

そうすれば今まで以上に
アポイントが取れるようになりますし、
電話することも楽しく出来るようになるからです。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の勧誘で話しを聞いてもらえない時、こうすれば聞く耳を持たせることができる [営業方法]

保険業界全般に言えることですが、
ほとんどの方はすでに何らかの保険に
加入済みです。

ましてや通販型の保険や、
掛け金の安い共済や全労災と言った
保険の外交員と関わらずに
簡単に加入出来る時代ですから、

保険の勧誘をする際に、
話しを聞いてくれる人は少ない・・・
と言うのが現状です。

保険に入っている方が多いのですから、
これ以上入る余裕も無ければ
お金も無いと断わる方が多いのです。

では、保険の勧誘は無理なのか?
と言うことになりますが、

何も対策を立てずに
そのまま営業するようなことであれば、
当然結果を得ることは出来ません。

「保険は入っているので大丈夫です、」
「これ以上入る余裕が無いので」
「知り合いに保険屋さんがいるので」

このように入り口部分で
断わられてしまうだけです。

保険に入っているのだから
これ以上話しを聞く必要が無いと
思っている方が多いんですね。

そこで対策です。

保険の商品を勧めようとするのでは無く、
保険の必要性を教えてあげる、あるいは
相手が気付いていないことなど、
この保険屋さんの話しを聞かないと
後で損をするかも・・・

と言った想いをさせる入り方であれば、

保険の営業マンではなく
頼りになる保険のアドバイザーとして
あなたを見てもらえるようになりますし、

保険に関する相談事はすべて
こちらに来させることも可能になるのです。

そうなれば保険の見直しもスムーズに行きますし、
知り合いの方など紹介してくれることも
期待できるようになります。

このように相手から話しを聞かせて欲しいと
言わせるノウハウや、

法人・個人問わず、
電話の伝え方や訪問に役に立つ入り方など
すぐ使えるノウハウを探している方などは、
こちらをご覧になってください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「その話しを聞かせて欲しい」と言わせるトーク話法 [営業方法]

保険の営業で苦労するのは
見込み客をどれだけ獲得できるのか?

そして継続的に契約を上げることが出来るのか?
と言った部分にある訳ですが
そう簡単に行かないのが現実です。

電話しても話しを聞いてもらえませんし、
訪問してもインターホンで断わられることが多く
思うように行かないのが現実だからです。

では、どのようにしたら良いのか、
あなたはお分かりになりますか?

なぜ話しを聞いてもらえないのか?
そこの理由を知ることで解決策も見えて来ますから、
今回は新規開拓で苦労している保険の営業マンに
営業で使えるノウハウをご紹介したいと思います。

まずは、相手が話しを聞いてくれない理由の多くは
あなたが保険の売り込みをしているからです。

もちろん保険を売らないことには仕事になりませんから、
契約してくれる相手を見つけるために
保険の話しをしますよね。

その行為が相手にして見れば
売り込まれていると思われてしまうのです。

なぜなら保険はすでに加入済みの方も多く、
これ以上保険に入る必要も予定も無いと言うのが
現実だからです。

そこへ保険の話しをすれば
誰でも売り込まれると思うのは当然です。

つまり、保険=売り込まれていると言う流れでは
誰も話しを聞いてくれないと言うことです。

では、どのようにしたら
「話しを聞いてくれるのか?」と言うことで
ここからが保険の営業に使えるノウハウです。

話しを聞いたら売り込まれる?
と思っている訳ですから相手は受身です。

受身のままでは相手のガードも堅く、
それ以上の進展は望めません。

そこで、これからはこのようにします。

相手が受身と思っている意識を変えてあげます。
受身ではなく「自発的」にさせるようにするのです。

たとえば「その保険の話しを聞かせて欲しい、」
と相手に言わせるように出来ればいい訳です。

今までは「保険の話しを聞いて欲しい」と
相手に対してお願いの話しをしていたので、
「そんな話しは間に合っている」と
断わられてしまうのです。

つまり、売り込みの話しになってしまうと
誰でも拒絶してしまうことが多いのですから
相手に対して受身にさせるのではなく、

相手自身から「その話しを聞かせてほしい」と
言わせるようにすれば良いのです。

相手から話しを聞かせて欲しい言われれば
こんな楽なことはありませんよね。

でも、ここで疑問が出てきます。

どうやって相手から
「その話しを聞かせて欲しい」と
言わせることができるのかと言うことです。

ご安心下さい。

そんな難しいことでもなく、
あなたでも出来る「トーク話法」があるからです。

その「トーク話法」と言うのは
その話を聞かせて欲しいと相手に言わせる「仕組み」を
仕掛けるだけです。

そうすれば相手から自発的に「話しを聞かせて欲しい」と
言わせることも出来るようになりますから、
今まで以上に結果を出すことも可能になります。

その詳しい「トーク話法」とはどのような内容なのか、
保険の新規開拓に役立つノウハウを探している方は
こちらをご覧ください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。

7347687.jpg


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で、相手に興味を持たせて「見込み客を作るコツ」 [営業方法]

保険の営業で苦労するのは
安定した見込み客を開拓することですが、
思うように見つからないのが現状です。

自宅や事務所には色んな営業の電話や
飛込み訪問などが毎日のようにあるため、

営業される側にして見れば
「また保険の話しか、
 面倒な話しに付き合っていられない、」
と思っている方がほとんどです。

このようにセールスさせられる側は
「そう言った話しは勘弁してほしい・・・」
と思っているものです。

そこでこれからの考え方ですが、
営業される側にすれば面倒な話しは聞きたくない、
と思っている訳ですから、

そのまま保険の話しを持っていっても、
お断わりされるのは目に見えています。

「また保険の話しか」で終わってしまうからです。

そこでこのような工夫をします。

「相手が知らない情報を教えてあげる」
と言ったスタンスで攻めること。

たとえば、
…………………………………………………

営業「こんにちは、
   (   )生命の(   )と言います。

   皆さんが掛けている保険について
   お知らせしたいことがありまして
   順番にお電話させていただきました。

   実は皆さんが掛けている保険の(   )ですが、
   (         )があると言うことを
   奥さんはご存知でしたか? 」

…………………………………………………

と言ったように相手が保険の情報を
知りたくなるような話しをしてあげることで、
会話を続けるキッカケにします。

何よりも(    )の部分を工夫すれば、
いくらでも応用することは出来ます。

(    )が何なのかを知りたいと思わせ、
そして相手の興味を引き出すことが出来れば
今まで以上に結果を出すことも可能です。

どうぞ相手の興味を引き出すトークで
見込み客を開拓してください。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
テレアポや飛込み訪問で効果的方法を知りたい方は
こちらに最新の保険営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。






コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で、マンション住人をターゲットに営業する方法 [飛び込み訪問]

 


保険の勧誘で飛び込み訪問する先として
多くの件数を回ることが出来るのは
集合住宅と言ったマンションがあります。

ですが、多くのマンションでは
オートロック機能が標準装備になっていますから、
インターホンの段階で終わってしまうのが現状です。

それゆえ一度マンションをターゲットにしても
効率の悪さから敬遠してしまう方が多いのです。

実際、インターホン押しても返答が無いケースも多く
中には部屋に居ても居留守を使っている方もいますから、
効率が悪いと言うことで止める方も多いのでしょう。

たとえば100世帯のマンションとした場合、
半分以上の世帯が応答無いと言うケースもありますし、
その中には居るにもかかわらず居留守を使っている
ケースも多く見られます。

では、なぜ居留守を使うのか?
答えは簡単です、

訪問して来た人がどこの誰だかわからないうえに
いかにも営業マンが来たと思われてしまうからです。

それも個人宅と違ってマンションの場合は
在宅かどうか外から見えることはありませんから、
応答しなければそれで済む話です。

そこでマンション訪問を成功させるコツです。

居留守を使っている住人と話しをすることが出来れば、
それだけ商談に結びつく可能性が増えます。

皆さんもご承知のように、
訪問した相手と話しが出来る件数が多ければ多いほど
成約になる確率が上がる訳ですから、いかに相手と
面談出来るかがポイントになります。

では、居留守を使っている住人と
話しをするにはどうしたら良いのかと言うことですが、
ご安心ください。

マンション訪問で使える攻略方法があります。

それは住人相手に対して自分が誰なのか、
それをモニターを通して知らせてあげれば良いのです。

そんなのモニター見れば分かるんじゃないの?
と思う人もいるでしょうが、そうではありません。

モニター画面に映る姿と言うのは
意外とわからない程度にしか見えないからです。


つまり、訪問者が誰なのか分からないと
マンション住人は誰も応答してくれません。

そこで、モニターを通して
自分が誰なのかを教えてあげることが出来れば
それだけで応答率を上げることも可能になるのですから、
ひと目で知らせてあげる工夫が大事なのです。

ポイントはモニターに映る姿をよく見せてあげることですが、
顔だけ近づけても「誰この人?」と思われるだけですから
見せ方に工夫が必要です。

その見せ方のコツやインターホントークについては
こちらにも詳しい内容を掲載しておりますので、
参考にしてください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です




コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で成功する「インターホントーク」の使い方 [飛び込み訪問]

保険の飛び込み訪問で困ることと言えば、

「すぐインターホンを切られてしまい、
思うように見込み客を作ることができない・・」

と言ったことですが、
あなたの場合はいかがでしょう?

思い通りに見込み客は取れているでしょうか?

せっかく訪問したとしても
インターホンで簡単に断られてしまうと
モチベーションも下がってしまいます。

そこで断わられないで話しをすることが出来る
インターホントークのコツがあります。

まずは自分が訪問されたと思ってください。
…………………………………………………
くつろいでいる時にインターホンが鳴ったので
モニターを見ると何やら営業マンらしき人がいます。

(営業の人か?
面倒だから断わるか・・・)

そう決めたあなたは相手に言いました。

「忙しいので今度にしてくれますか、」
このひと言を言ってインターホンを切ります。
…………………………………………………

いかがでしょう、

あなたも営業の訪問と決めつけた時点で
話しを聞くのも面倒だなと言うことで
インターホンを切ることが多いですよね。

このように相手に対して営業だと思われると
すぐ断わられてしまいます。

訪問営業の多くは今すぐ必要としないものが多く、
そして必要の無いお金を払わされることになるので
そんな営業など相手にしないと決めつけて
多くの方が断わって来るのです。

そこで、断わられないインターホントークです。

営業の訪問だと思われると断わられるのですから、
そうでないと思わせるように「話しを組み立てる」と
相手も興味を持って話しを聞いてくれるようになります。

その工夫がこちらです。
……………………………………………………
1)自分が勧める保健の売り込みと思わせないこと、
2)知らないと損をするかも?と思わせること、
3)それが自分に無いと困ると思わせること、
……………………………………………………

このような組み合わせで話しをすると
相手も話しを聞いてくれるようになります。

なにしろ売り込みの訪問ではなく、
それが自分に無いと困ると言うことになれば
話しを聞いてくれるようになるからです。

でも、実際どのように工夫すればよいのか、
思うようなインターホントークが浮かんで来ない・・
と言う方もいらっしゃるでしょう。

そんな効果的なインターホントークとして
自分の仕事にも使えるトークを探している方は、
こちらを参考にしてください。

今までと違った反応を得ることが出来ますよ。
どうぞお試しください。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない
保険の新規契約本数が少ないと悩んでいる方は
こちらにも「最新の営業ノウハウ」がありますので
ご覧になってください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。





コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険のテレアポで思うように話しをすることが出来ない方へ、これならアポが取れる [テレアポ]

保険の新規開拓でテレアポをする場合
テレアポが苦手で話しを進めることが出来ない、
と悩んでいる方もたくさんいらっしゃいます。

それだけ断わられることに対して
抵抗を感じる訳ですが、

そもそもテレアポが苦手な理由としては
いくら電話をしても断わられるばかりで
思うようにアポイントが取れないと言う
点があることです。

ご存知のように、
テレアポや営業の電話が毎日のように
自宅や事務所にかかって来ますから、
受ける側もウンザリしています。

そこへあなたが
初めて電話したのにもかかわらず、

「その話しなら間に合ってます、」

とすぐ断わられてしまうのですから、
どうやって話しをすれば良いのかと
悩んでしまいますよね。

では、どうすればいいのか?
どのように話しを持っていけば
最後まで話しを聞いてくれるのか?

と言うことで、
ちょっとしたコツがあります。

まずはテレアポに対する苦手意識を変えるには
最初の入り方を変えることが大事です。

最初の入り方がスムーズにいくことで
話しを聞いてくれる方も出てきますから、
電話に対する苦手意識も無くなります。

さらに、自分がイメージした流れで話しが進めば
仮に「やっぱり今回は遠慮します」と言われても
それはきちんと話した後での結果ですから、
それほどダメージを受けることはありません。

今までは話しすら出来ずに終わっていたのですから、
そこは大きな違いです。

あなたもテレアポに対して苦手意識があるのでしたら、
最初の入り方を変えて見てはいかがでしょう。


今より違った結果を残すことも可能になりますよ、
どうぞお試し下さい。

その入り方をどうすればいいのか知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の尾営業方法」を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で使える「工夫」が、今まで以上に結果を出せるキッカケになる [営業方法]

保険の営業で困ることは
「保険の・・・」と言っただけで
すぐ断られてしまうことです。

これでは話しを進めることができず、
契約をもらうことは出来ません。

では、どのようにしたら
話しを聞いてもらいプランを提供できるのか?

新規契約までの効果的な営業方法として
テレアポや飛び込み訪問、紹介営業以外にも
最新の営業方法を採り入れることによって
新規件数を増やす方法があります。

あなたでも出来る方法です。

もちろん、従来の営業スタイルに手を加えるだけで
相手と簡単に話しができるコツもありますから、
あなたも試して見てはいかがでしょう。

たとえば個人宅へ訪問する時に、
・インターホンで断わられずに会話できる方法
・法人へ職域訪問する際に話しを聞いて貰える工夫
・見込み客から契約まで持っていける方法など
ちょっとした工夫で今まで以上に結果を出せると言った
あなたでも出来る方法です。

今月こそは結果を出したい、あるいは
安定した契約数を獲得して収入を増やしたい、
そんな保険の営業で結果を出して成功したい方は
こちらをご覧ください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。




コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で「気軽に何度でも訪問出来る工夫」なら結果も付いてくる [飛び込み訪問]

保険の飛び込み訪問をすると
インターホンで断られることが多いために
ボタンを押すのも気が引けると言う方もいますが、
あなたの場合はいかがでしょう?

そんなあなたでも
何度でも気楽に訪問出来る方法があります。

まずはカメラ付インターホンに対して
カメラに満面の笑顔が見えるようにしながら
少し大きめの声でさわやかに用件を切り出します。

すると相手の返答は決まって、
「すでに保険は入っているので・・・」
「これ以上入る余裕が無いから・・」
「今忙しいので今度・・・」

と言ったように
断られることが多いですよね。

ここからがポイントです。

保険の営業する場合は
自分と言う人間を知って貰うことを目的に
訪問することが最初にすることです。

つまり、初回は断わられたとしても
次につながる訪問が出来るように種をまきます。

そうすることによって
何度でも訪問することが出来るようになるからです。

そのためには「話し口調や受け答えは」笑顔で、
そして「丁寧にさわやか」にすることが基本です。

こんな感じです。
……………………………………………………………

相手「今のところ保険は間に合ってますから・・」

営業「そうですか、
   今のところ間に合っていると言うことですね。

   分かりました。
   それでは次の機会がありましたら、
   その時は宜しくお願い致します。

   (  )生命の(  )と言います、
   お話し聞いて下さいまして
   ありがとうございました。


   失礼いたします。 」

……………………………………………………………

と言いながら
その場を後にして次の訪問先へと向かいます。
この繰り返しが出来ればもう大丈夫です。

なぜならたとえ今回断わられたとしても
日を改めて何度でも訪問することが出来るからです。

それに今は必要無いと断わられても
相手の気持ちが変わることもあるのですから、
タイミングが合えばOKと言うこともよくあります。

そう言ったケースにさせるためにも
何度でも訪問することが大事なのです。

たとえ相手から冷たく断わられても
嫌な顔をせずにどんどん訪問して行きましょう。

そうすれば結果も付いて来ますし
保険の仕事をしていて楽しいと思えるようになりますよ。

あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で結果が欲しい時、この考え方で可能にすることが出来る [営業方法]

他の保険営業マンは
毎月のように結果を出している
あるいは売上げを達成している。

なのに自分だけは思うように
結果を出すことが出来ない・・・

このように悩んでいる方もいますが、
あなたの場合はいかがでしょう?

一生懸命保険の営業しているのに
なぜか結果が付いてこない・・・
どうすればいいのか困っている・・・

こんな悩みで自信を無くしている方に
解決する方法です。

ご存知のように
結果を出すには努力が必要です。

しかし、努力したからと言って
必ず報われるとも限りません。

そうすると考えてしまいます。
何が足りなくて結果が出ないのか、
やはり自分には能力が無いからか?

このように
いくら努力しても報われない時ほど
どうしたらいいものかと悩んでしまいます。

反面、結果が出る時と言うのは
タイミングが重なって出ることもありますし、
後々になってから実を結ぶこともあります。

ここで考え方の切り替えです。

自分はこれだけのことをして来たから
と言った「線を引く」のでは無く、
結果が出るまで追い続けると言った
考え方を持つことです。

ご存知のように保険の営業をすると
ほとんど断わられます。

でも中には話しを聞いてくれる人も居ますし、
感じの良い方もいらっしゃいます。

そう言った方が営業先に隠れているのですから、
そのような人に当たるためにも当たるまで
件数をこなすことが必要ですよね。

それが10件目で当たるのか?
それとも50件目で当たるのか、
あるいは101件目で当たるのかは分かりません。

それが分かるのは実際に当たった時にこそ
初めて分かることであって、
途中で諦めていては分かりません。

つまり、諦めずに実行していれば
「必ず報われる時が来る」のですから、
悩む前に行動を続けるんだと言う
考えを持つようにすることです。

そうすれば今まで以上に契約も増えますし、
結果を出すことも可能になるからです。

どうぞ、考えを切り替えて行きましょう。
あなたの健闘をお祈りいたします。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。




 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業でアポイントが取れるトークの組み立てをすると相手の反応も変わる [テレアポ]

保険のテレアポしている方から
「断わられることが多くてアポが取れない、
どうしたらいいのか教えてほしい・・・」

と言ったように相談されることも多いのですが、
あなたの場合はいかがでしょう?

今までのテレアポと言えば、
………………………………………………
「 ~についてメリットある内容です。
 一度話しを聞いてくれませんか、」
………………………………………………
と相手にお願いするテレアポでしたが、
その流れではアポは取れないのが現状です。

その理由としては、
相手に一方的に話しを押し付けている為に
最初から聞く姿勢にしていないからです。

このような感じです。
…………………………………………
また営業の電話か、
どう言って断わろうか・・・
…………………………………………

このように相手の中ではすでに
断わりモードになっていますから、
何を話してもアポは取れません。

そこで、相手から
「その話しを聞かせてほしい、」
と言わせるトークがあれば、
楽にアポイントが取れるようになります。

そのトークの組み立てはこうです。
………………………………………………………………
1)この保険に興味はあるのか?
2)それにはこれだけの条件が必要だが、
  あなたはそれをクリア出来るのか?
3)こちらも選ぶ基準あるがあなたも選ばれたいか?
………………………………………………………………

この組み立てで話しをすると
相手から「その話しを聞かせて欲しい」と
言わせることも可能になります。

今まではこちらからお願いして来ましたが、
これからは違います。

相手から「その話しを詳しく聞かせて欲しい」と
言わせることが出来るようになるからです。

いかがですか、

あなたも思うようにアポイントが取れず
毎日苦労していると言うのでしたら、
このようなトークの組み立てをして見ては
いかがでしょう。

今まで以上にコンスタントに
アポが取れるようになりますよ。

その効果的なテレアポトークを知りたい、
あるいは新しい手法や飛び込み訪問について
実践的な最新の営業方法を知りたいと言う方は、
こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。






コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で「見込み客」を見つけるコツ [飛び込み訪問]

保険の飛込み訪問で辛いのは
訪問しても留守や不在であったり、
インターホンで冷たく断わられてしまい
話しも出来ずに終わってしまうことです。

これでは足取りも重くなりますし、
モチベーションも無くなってしまいます。

そこで気持ちを切り替えるコツです。

それはすべての訪問先に
初回から説明しようと思わないこと。

たとえば飛び込み訪問をする場合、
訪問した相手すべてに話しをつけて
何とか契約に持って行きたいところですが、
それでは全ての相手に一から十まで
労力を使うことになります。

保険の話しを聞いてもらいたいと
思う気持ちが強くなるだけですから、
良い返事を貰うことは出来ません。

なにしろ色々な営業マンが訪問してくる訳ですから、
売り込みの話しなど聞いてくれないのが現状です。

実際、インターホンで断わられることが
多いと言うありさまですよね。

これではやる気が失せるのは当然です。

そこでちょっと入り方を変えるだけで
気持ちが楽になる方法がありますので、
次のように試して見てはいかがでしょう。

訪問する際に相手が興味を持っているかどうか、
その振り分けをすると言う感覚で
訪問することです。

皆さんもご承知の通り、
初回から売り込もうとしても
ほとんどが拒絶されてしまいます。

せっかく訪問したとしても
簡単に断わられてしまうのですから、
気が滅入るのは当然です。

その拒絶を振り分けるようにするのが
売り込みをしない訪問することです。

それに売り込みをしないで
興味あるかどうかを探すようにすると、
モチベーションも余裕で保つことも
出来るようになりますから、
今までと違う結果を出すことも
可能になるのです。

では、実際にどうすれば良いのか?
次のようにして見てはいかがでしょう。

それは相手に豆知識を与える訪問です。

「こちらの保険には
 このような(    )もあるんですが、
 ご存知でしたか? 」

と言ったように、
相手が知らない情報を教えてあげることで
今までと違った反応も出てきますから、
その反応を見て振り分けするようにします。

反応が無ければそれ以上深追いせずに
次の訪問先へと進みます。

このくり返しをすることで
反応が無い相手に無駄な労力を使わずに
効率よく件数を廻ることが出来ますから、
結果として反応が良い相手を見つけることが
出来るようになると言う訳です。

結果も変わって来ますから試し下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 

コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で相手から興味を持たせて「会話することが出来る」方法 [営業方法]

保険の新規開拓で電話をする場合、
見込み客を見つけることが目的ですから
1日に何百件と電話してもアポが取れない・・・
と言うこともよくあることです。

それが毎日続いてしまうと
誰でも落ち込んでしまいますよね。

そこでストレス無くアポを取る秘訣です。

まずは考え方ですが、
今までは何とかしてアポを取ろうとして
必死に電話して来ました。

ですがほとんど断わられる件数が多く、
まともにアポが取れません。

そうすると、
次に電話する先も断わられるんじゃないか?
と思うようになり電話することが
苦痛になって来ます。

いかがでしょう、
あなたもそう言う状態ではありませんか?

何度電話しても断わられるかもしれない・・・
話しを聞いてくれる人はいないんじゃないか・・・・
自分の話し方が悪いからダメなのか?・・・

このように自問自答しても答えは見つかりませんから、
どうすればよいのかと困ってしまいます。

そこで電話する時の工夫です。

今までは電話した全てにアポを取ろうとしていた為に
断わりに遭う度に気持ちも落胆していましたが、
これからは違います。

アポを取ると言う意識を持たないで、
電話をすればいいからです。

言い方を変えると、
「アポを取らずにアポが入る」と言った感覚です。

たとえば法人相手に電話したとします。

相手は社長です。

社長と言えば決裁者ですから
当然いろんな営業電話もかかって来ますし、
いちいち話しを聞いている余裕もないですから、

当然断わられることも予測されます。

今までの保険の営業で電話する場合、
新商品が出たのでその案内で電話をしたとか、
保険金の掛け金が安く出来ますと言ったように
保険に関わる話しが中心でした。

ですが、
そう言った話しこそ相手(社長)は嫌がります。

嫌がる訳ですから、
話しを聞かずに断わるのは当然です。

なぜなら保険の電話と言えば、
「また売り込みの話しか・・・」
となってしまうからです。

そこで電話する時の工夫です。

今までと違って社長に電話する時は
保険の売り込みをしません。

売り込みをしないで、
社長の興味を引きつける工夫をします。

つまり売り込みの電話では無くて、
社長にとって利益につながる話しであれば
興味を持って聞いて貰えると言うことです。

もちろん、保険に関連性のある内容で
社長に興味をもたせるだけのネタが必要ですが、
そのネタに関する情報は自分で工夫することで
いくらでも作ることは出来ます。

わかりやすく言えば、
言葉の組み立てを工夫することで
興味を持たせることは出来ると言うことです。

いかがですか、
あなたも自分の考え方を工夫することで
今まで苦労していたアポが楽に取れるとしたら、
実践して見たいと思いますよね。

そこで詳しい内容をご覧になりたい方や
保険に関する効果的な営業方法を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な営業方法を知りたいと言う方は、

こちらにも参考になるノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。



 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「効率良く契約が取れるこの方法」なら、あなたの営業成績もアップする [営業方法]

保険の新規開拓で
結果が出ないと悩んでいる方へ、

もっと効率良く契約取れる方法があったら
あなたも試して見たいと思いませんか?

今回は営業で悩んでいる方の為に、
参考になる方法をご紹介したいと思います。

そもそも保険の仕事は事務職と違って
自分の意思で行動出来るメリットがありますから、
それを利用しない手はありません。

時間から時間まで仕事する事もありませんし、
自分が動きやすい行動計画を立てながら
結果を出して行けば良いのです。

その結果が給与に反映されるのですから
数字が良ければ加算額も大きくなりますし、

反対に悪ければ会社からのプレッシャーもあり、
覚悟しなければいけません。

これが保険営業職の宿命です。

これは新人に限らずベテランであっても
常に結果を出さないといけませんから、
プレッシャーもあります。

そこであなたも結果の出る
効率が良い営業をして見ては如何でしょう。

それが出来るのも営業職だからです。

ですが、その効率の良い営業をするには
やはり効果的なノウハウが必要です。

・効率良く訪問しドアを開けても貰える方法
・テレアポでアポイントが取りやすい方法
・新規開拓が楽に出来る営業方法

このような営業手法を活用することによって
今よりも契約本数があがるとしたら・・・
あなたも試して見たいと思いますよね。

安心してください、

結果が出ないと悩んでいる方でも
効果的営業方法を知ることが出来れば
あなたでも結果を出すことが出来ます。

そんな効果的営業方法を知りたい方は、
相手から話しを聞きたいと言わせる方法から
アポが取りやすい手法、そして見込み客が増える
保険の営業に使えるノウハウがありますので
こちらをご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で結果が出る営業トーク、このように見直すと相手の反応も変わる [営業方法]

保険の営業で苦労するのは
新規開拓でテレアポや飛び込み訪問しても
簡単に断わられてしまうことです。

「保険の・・」と言った途端に、
「保険は間に合っているので」
「これ以上入る余裕無いから、」
「知り合いがいるので・・・」

と言ったように簡単に断わられ、
話しも聞かずに終わるのが保険の営業でした。

ですが、もしもちょっとした工夫で
結果が変わるとしたら・・・

あなたも結果が出る方法を
試して見たいと思いませんか?

今回はそんな保険の営業で苦労している方に
結果を出せる方法をご紹介したいと思います。

そもそも結果が出ない理由として大きいのは、
最初の入り方がうまく行かないことです。

テレポや飛び込み訪問でも同じですが、
最初の出だしがつまづいてしまうために
相手から簡単に断わられてしまい、
終わってしまうことに原因があります。

話しが続かないのですから、
結果につながらないのは当然です。

ではどのようにすればいいのか?
ここからが工夫の仕方です。

それは「最初のトークを見直す」こと、
これがすべての解決策になります。

最初の入り方が上手く行けば
その後も話しを続けることが出来るのですから
当然、結果も付いて来るようになりますし、
営業成績も上がってくるようになります。

今のトークを見直すことで変わるとしたら、
あなたも試して見たいと思いますよね。

でも、どのように見直せばよいのか?
何度も工夫したがダメだったとおっしゃる方もいるでしょう。

そこでどのように工夫すれば良いのか?
こちらの内容をご覧下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で「こうすれば保険を売ることができる」その方法とは? [営業方法]

保険の営業する時は
自分が勧める保険が決まることを
期待して話をする訳ですが、

実は契約が決まることはその時の結果であり、
必死に保険の説明や説得をしたとしても
そう簡単に決まることはありません。

なぜなら、
相手が必要とするタイミングでは
無いからです。

なのでそう簡単に決まることがないのは
当然と言えば当然です。

実際あなたもたくさん営業している中で
すぐ決まった件数は少ないはずです。

もちろん、これはどなたでも同じ状況であり、
あなただけが決まらないと言う事ではありませんから
ご安心ください。

では、どのようにすれば
自分が勧めたい保険を売ることができるのか?
そこの部分が知りたいですよね、

それには相手に対して
「自分と言う存在」を知って貰うことが大事です。

相手に対していつでも思い出してもらえるように
自分と言う存在を知ってもらうことが先決であり、
保険を勧める前にやるべきことなのです。

これは法人でも個人相手でも同じです。

では、相手に知って貰うにはどうすれば良いのか?
と言うことになりますが、

それには最低でも「3回アプローチ」することが
基本となります。

もちろん、最初から契約が決まることを期待しても
そう簡単にいくことはありませんから、
タイミングを見計らうことが大事です。

ここで言うタイミングとは、
相手が商品やサービスに対して
「気になり始めた時」のことを言います。

その時に「すぐ思い出して貰える営業マン」に
なっていれば良いのです。

つまり、相手のニーズが出始めた時に
どれだけ近くにいられる存在になっているのか、
これができればあなたも売れる営業マンになれます。

そうすればあなたの元に連絡が来ることも
契約を決めることも出来るようになるからです。

どうぞ、あなたも
「すぐ思い出して貰える営業マン」の1人になって下さい。
今まで以上に保険の契約も決まりますよ、

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも保険の営業ノウハウがありますので
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。




コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の飛び込み訪問で「見込み客」を見つけるコツ [飛び込み訪問]

保険の飛込み訪問で辛いのは
訪問しても留守や不在であったり、
インターホンで冷たく断わられてしまい
話しも出来ずに終わってしまうことです。

これでは足取りも重くなりますし、
モチベーションも無くなってしまいます。

そこで気持ちを切り替えるコツです。

それはすべての訪問先に
初回から説明しようと思わないこと。

たとえば飛び込み訪問する場合、
訪問した相手すべてに話しをつけて
何とか契約に持って行きたいところですが、
それでは全ての相手に一から十まで
労力を使うことになります。

保険の話しを聞いてもらいたいと
思う気持ちが強くなるだけですから、
良い返事を貰うことは出来ません。

実際、インターホンで断わられることが
多いと言うのが現状ですよね。

これではやる気が失せるのは当然です。

そこでちょっと入り方を変えるだけで
気持ちが楽になる方法があります。

それは訪問する際に
相手が興味を持っているかどうか、
その振り分けをすると言った感覚で
訪問することです。

なぜなら初回から売保険を売り込もうとしても
ほとんど拒絶されてしまいます。

せっかく訪問したとしても
簡単に断わられてしまうのですから、
気が滅入るのは当然です。

その拒絶を振り分けるようにするのが
売り込みしない訪問をすることです。

それに売り込みをしないで
興味あるかどうかを探すようにすると、
モチベーションも余裕で保つことも
出来るようになりますから、
今までと違う結果を出すことも可能になります。

では、実際どうすれば良いのか?
次のようにして見てください。

相手に豆知識を与える訪問です。
…………………………………………………
「こちらの保険には
 このような(    )もあるんですが、
 ご存知でしたか? 」
…………………………………………………
と言ったように、
相手が知らない情報を教えてあげることで
今までと違った反応も出てきますから、
その反応を見て振り分けするようにします。

反応が悪ければそれ以上深追いせずに
次の訪問先へと進みます。

このくり返しすることで
反応が無い相手に無駄な労力を使わずに
効率よく件数を廻ることが出来ますから、
結果として反応が良い相手を見つけることが
出来るようになると言う訳です。

結果も変わって来ますから、
あなたも試して見て下さい。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 

コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で使える「ちょっとした工夫」が、今まで以上に結果を出せるキッカケになる [営業方法]

保険の営業で困ることは
「保険の・・・」と言っただけで
すぐ断られてしまうことです。

これでは話しを進めることができず、
契約をもらうことは出来ません。

では、どのようにしたら
話しを聞いてもらいプランを提供できるのか?

新規契約までの効果的な営業方法として
テレアポや飛び込み訪問、紹介営業以外にも
最新の営業方法を採り入れることによって
新規件数を増やす方法があります。

あなたでも出来る方法です。

もちろん、従来の営業スタイルに手を加えるだけで
相手と簡単に話しができるコツもありますから、
あなたも試して見てはいかがでしょう。

たとえば個人宅へ訪問する時に、
・インターホンで断わられずに会話できる方法
・法人へ職域訪問する際に話しを聞いて貰える工夫
・見込み客から契約まで持っていける方法など
ちょっとした工夫で今まで以上に結果を出せると言った
あなたでも出来る方法です。

今月こそは結果を出したい、あるいは
安定した契約数を獲得して収入を増やしたい、
そんな保険の営業で結果を出して成功したい方は
こちらをご覧ください。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。




コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業ですぐ断わられてしまう時に「会話を続けられる」トーク [営業方法]

保険の営業で苦労するのは、
電話や訪問をする際に入る言葉選びです。

保険の営業ですから
保険について説明することになる訳ですが、
ほとんどの方は「保険の話しは聞きたくない、」
と思っているのが現状です。

そこで最初に入る営業トークの工夫です。

最初の入り方がスムーズに行けば
その後の会話も続けることも出来るのですから、
次のような入り方をして見てはいかがでしょう。

▼保険の入り方としてご覧下さい。
……………………………………………………

営業「こんにちは、
   (    )生命の(  )と言いますが、
   お世話になります。

   実は、
   (   )で知らない方が多い(  )保険について
   お知らせするために電話(訪問)致しました、
   (   )について内容が変わっているのを
   ご存じですか?」

……………………………………………………
と言った感じで相手に質問して
一旦、返答を待ちます。

そして相手が話しかけて来たら
あなたも話しをします。

この繰り返しをすることで
あなたが主導権を持つことが出来ますの
続けて会話をすることも可能になります。

もちろんこれだけでアポが取れる訳ではありませんが、
それでも続けて会話をすることが出来ますから
アポが取れる可能性も高くなります。

今までのようにすぐ断わられることが多く
どうすればいいのか困っていると言うのであれば、
ひとつの工夫として試して見てはいかがでしょう。

あなたの健闘をお祈り致します。

その他、保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の営業で成功する「警戒されない飛込み訪問」の仕方 [飛び込み訪問]

保険の飛び込み訪問で警戒されるのは、
「売り込まれるかも知れない」と言うことがあるために
どうしてもガードが堅くなってしまうことです。

そこで警戒されないようにするにはどうしたら良いのか?

と言うことで最初のアプローチは
「売り込みしない」と言う意識で訪問すること。

つまり、
「保険を売り込まれるかも知れない・・」
と思っている相手に対して、

「そんな心配いりませんよ、
 役立つ情報を届けているだけなので
 ご安心下さい。」

と言ったスタンスで接することによって、
(ああ、保険の売り込みではないんだな、
それだったら話しくらい聞いてもいいか。)

と思ってくれる方も出て来ますから、
そこから会話を続けることも出来るように
なることです。

何よりも良い話しを聞かせてくれる保険の専門家として
あなたのことを見てくれるようになりますから、
その後も良好な関係を築く事もできるようになります。

でも、保険を売り込まないで何を話したら良いのか?
と心配する方もいると思います。

そこで保険の飛び込み訪問で上手くいくコツは
売り込みになるような印象を与えるのではなくて、
通常知るところまではいってない保険の知識や
保険を活用した「生活に役立つ情報」と言ったように

お役立ち情報を教えているんですよと言った
「情報提供しているだけです」的なスタンスで
接するようにすることです。

そうすれば保険の売り込みと思われずに
話しを聞いてくれる方も増えるようになるからです。

あなたも保険の専門アドバイザーとして
知っている情報を教えて見てください。

そうするとあなたの話しを聞きたいと思う人が
今まで以上に増えますよ。

どうぞお試し下さい。

その他保険の新規開拓で見込み客が出来ない、
あるいは新規契約が少ないと悩んでいる方は
こちらにも最新の営業ノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。


 


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

保険の新規開拓で生年月日を簡単に訊ける方法、それがこの「アンケート」の取り方です [営業方法]

保保険の営業で苦労されている方の為に、
今回もアンケート用紙を使った方法を
ご紹介したいと思います。

まずは保険のアンケートは
相手の氏名と生年月日を知ることで
最適な保険のプランを作成し、

それを提示しながら保険の説明や
「万が一の時に安心ですよ・・・」
と言った説明をする訳ですが、

相手方はアンケートに応じてしまうと
保険を勧められことが分かっていますから、
応じてくれないのが現状です。

そこで今までの入り方で話しをしても
素直に書いてくれる方は少ないので、
違う入り方で攻めて行くようにします。

たとえば個人宅へ訪問した際に
アンケートの記入をお願いするのであれば、
相手から記入したくなるような流れにします。

実際どのような入り方をすれば良いのか、
ここでひとつの工夫をご紹介します。

まずは個人宅への訪問で苦労するのは
インターホンの存在です。

なぜならインターホンで簡単に断わられてしまい、
次の会話に進むことができないために
ここで苦労してしまうからです。

そこでインターホンを攻略するには
今のように入っても断られるだけですから、
最初の入り方が大事です。

その最初の入り方で大事なことと言うのは、
アンケートよりも相手に興味を持って貰うこと。

ここがポイントです。

その興味を持って貰う工夫として、
…………………………………………………
「(  )ついて知らせたいことがあります。」
…………………………………………………
と言った部分を伝えるようにします。

そうすると
インターホン越しに聞いた相手はこう思います。

………………………………………………………
相手「保険の(      )?
   なにか大切な(  )のことかも知れない・・

  (    )の話しだと言うし、
   ちょっと聞いて見ようかな・・・」
………………………………………………………

こんな感じで相手に思わせるようにすれば、
ドアを開けてくれる人も増えるようになります。

このように保険の営業で訪問する際のコツは、
「保険の売り込みでは無くお役に立てる話です、」
と言った部分を相手に伝えるようにするだけで
ドアを開けて貰えるようになることです。

もちろんそれでも「忙しい」とか、
「今はいいです、」と断わられるような場合は
それ以上深追いせず次の訪問先へ向かうようにします。

そして、思わく通りドアを開けてもらったら
いよいよアンケートにつなげて行くトークです。

ここから話しを繋げながら
アンケートまで持って行く訳ですが、
そのまま「アンケートお願いします、」と言っても
素直に書いてくれる人はいません。

ここもポイントになりますが、
アンケートは相手に書いて貰うのでは無く、
「ここに書けばいいのですか?」
と相手に言わせるようにすることです。

相手に訊きだしをしながら書いてあげれば
相手も面倒なことだとは思いませんし、

少しでも書くことへの抵抗を少なくした方が
相手もすんなり応じることが出来ます。)

そこで今回使用するアンケート内容ですが、
相手が興味を持ってくれるような内容にし、
もっと保険について詳しく知りたいと思えるような
そんな内容にすることが大事です。

そうすれば保険の専門家として
相手から信頼して貰えるようになるからです。

この人なら何でも知っている、そして
相談すれば何でも教えてくれるだろうと言った
期待感を持ってくれれば成功です。

▼これが今回作成したアンケートの見本です。

image22.jpg

いかがですか、

単にアンケートをお願いするやり方よりも、
今回の流れで話しを持って行ったほうが
協力してくれる方も増えるようになります。

それだけ抵抗なく書いてくれるようにしたのが、
今回のアンケートを使った営業方法だからです。

参考にして頂ければ光栄です。

そのアンケートの内容を知りたい、
あるいはテレアポトークや飛び込み訪問について
実践的な「最新の営業方法」を知りたいと言う方は
こちらにも参考になるノウハウがありますので、
ご覧になって下さい。

保険営業で悩んでいる方へ、成功する営業法方です。






コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の30件 | -